07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

二番手の男 (幕末有田・染付青磁 唐子雪玉文皿) 

司馬遼太郎の「歳月」を読みました。
暇つぶしにBook Offで見つけて読んだのですが
いや~、久しぶりにおもしろい本に出会えました。

「歳月」は、司法卿江藤新平についての物語です。
江藤新平というと、佐賀の乱のイメージしかなかったんですが(汗)、
なんと近代日本の司法制度を作った人だったんですね~。

物語を要約すると、下級武士に生まれた佐賀藩士
江藤新平が、ずば抜けた頭脳で頭角をあらわし、
肥前・鍋島藩を討幕運動に引き込みます。
明治政府においては司法卿にまで上り詰めますが
最後は征韓論に破れ、大久保利通の謀略にかかり
佐賀の乱に担がれて刑死するという話でした。
地味な話だけど、これが本当におもしろかった~!

司馬遼太郎の作品は随分読みましたが、大人になってからは
なんか相性悪かったんですよねぇ。
「竜馬がゆく」なんて、何回読んでも最終巻までたどり着かない不思議。

思うに、主人公がいわゆる男も女もほれるヒーローだと、
なんかツマンナイ、と思う性質なんですねぇ。

坂本龍馬とか高杉晋作みたいな、政治的で行動力があって
女にもモテル、っていうかっこいい男には
あんまりときめかないんだなぁ・・・・・
おなかいっぱいって感じ?

一番手よりも二番手が良い・・・・

「歳月」という話は、つまるところ、大久保利通と江藤両者が
新国家を創造するための権力を争う物語だと思うんですが
権力を追い求める過程で必然的に遭遇する倫理感や正義感との衝突を、
果たして権力を得るがため無視するか、しないかというのが
この二人の人物像の分かれ道であるように思えます。
最終的に、冷血漢か正義漢かの違いですね。

そう考えると、二番手の男というのは
政治的感覚は乏しいと思うのですが
不器用ながらもなにかしら好感が持てるわけです。
男というものは正義感がなくてはなりません (・Д・)ノ

次回、里帰りした時は今まで素通りしてた佐賀市街にも
江藤新平の墓参りに行かねばなりませんなぁ・・・・。

まぁそんなわけで、とにかく私の脳内では今佐賀ブーム!
毎日佐賀城の資料館所蔵品を見たり、佐賀の近代史を
読んだり・・・・

こうなりゃ、佐賀・有田の幕末輸出皿でも見せてやらぁ!というわけで、
こちらを紹介することにしましょう。

佐賀・幕末つながり・・・ということで・・・
苦しい・・・・? 。(゚´Д`゚)゚。

kara 1

1820年~1860年のもので間違いないと思います。

絵付けが素晴らしいですね。
有田離れしています(笑)

モチーフは、いわゆる「雪遊びする唐子」

kara 2

それにしてもまぁ、この絵付けどんなもんでしょう?

タイムマシンがあったら、1840年ごろの肥前へいって
この皿が一体どこで絵付けされたのか確かめたいくらいです。

・・・というのも、先に書いたとおり、この絵付けは有田離れしていると
思いませんか?

唐子の雪遊びというのは、江戸後期の有田の絵付けや
平戸にもありますが、こんなに上手のものはこれ以外に
見たことがありません。

まるで絵師が紙に描いた様な出来栄えです。

kara 3

逃げる子供たちの表情、良いですね。
kara 4

それぞれの子供達の表情を見てみましょう。
一人ひとり丁寧に描かれています。

kara 5

kara 6

kara 7

kara 8

さて、この大皿(本当に大きい!)絵付けだけみてもあまり見慣れない
感じですね。

実は、1820年ごろから1860年ごろにかけて、有田には珍しく
絵付けが際立って上手く、唐物風の絵付けで、しかも青磁をかけたり
呉須の色が妙に深く青い作品があります。

この手のものは柴田コレクションにも含まれますが
イギリスやオランダに輸出されたものにもよく見られます。

輸出用上手なのだとずっと思っていました。

kara 9

裏を見てみましょう。

kara 10

銘は角福ですが、柿右衛門ではありません。

フクのつくりの田の部分が十字でなく×になっているのが特徴的です。

実は、この裏銘について過去かなりしつこく調べたことがありました。
2-3年前のことですが、この銘の皿がいくつかネットで出てきたことがありました。

どれも「贋作か?」とも思えるような大変出来の良いものでした。
随分調べたのですが、結局幕末頃のものではないかと推測だけして
はっきりしたことは分からずじまい。

でも、あきらめきれずにかなりしつこく調べたことを覚えています。

最近、この銘が柴田コレクションの某皿の銘と同じものであることに
気づきました。九陶の近現代肥前陶磁銘款集にのっていなかったのは
近代以前のものだったからでしょう。

kara 11

あれから数年後、この皿を見た瞬間、例の亀山焼の皿が頭に浮かびました。
一も二もなく購入したのですが、手にとって見ると
あの皿との共通点があることに気づきました。

まずは呉須の発色、際立って上手い絵付け。
裏をみると、これまた有田・亀山テュリーンを思い起こさせる文様。

kara 12

あくまで推測の域ですが、1820年ー1860年ごろ(亀山の時代とも合いますね)に
有田、平戸、亀山、秋浦、塩田等の窯から輸出される器に
絵付けをする専門の集団がいたのではないかと思います。
この集団は、二手(三手?)に分かれます。
ひとつは平戸焼の輸出用卵殻手や秋浦焼などに色をつけた色絵集団。
また、これと別個かもしれませんが、蔵春亭や信甫、初期深川の輸出品に
サムライやゲイシャなどの絵付けをした集団もあります。

もうひとつは、亀山や有田などに染付で清や明時代の唐物風の絵付けを
ほどこした染付集団。松茂堂竹芭製は、この染付・色絵付集団が
長崎の輸出用亀山につけた名前だと思われます。

前者の絵付けは高質ではありませんが、後者の絵付けは
江戸後期や幕末の通常の有田の器とは一線を画する高いスキルです。
(余談ながら、この唐子とほぼ同じような絵付けの平戸の花器を
つい最近見ました。つまり、この染付絵付集団は有田、亀山だけでなく
平戸にもかかわっていたということになります。)

やきものを見て、推測できるのは残念ながらここまで。
ここからは、1820-1860年の肥前・平戸・長崎の歴史を
紐解かなくてはなりません。

一つだけ共通点を見出すとすれば、それは肥前と平戸藩が
当時長崎警護にあたっていた、という事実です。
幕末の風雲をむかえる長崎で一体なにが起こっていたのか
各窯の造る磁器のダイナミックスだけ見ても
非常に興味深いですね。
私の推測では、この絵付集団は長崎にいたと思うのですが
これもあくまで想像の範囲です。

kara 13

骨董の類というのは、いろんな楽しみ方があると思うのですが
私の場合、皿一枚を顕微鏡に置いて、その背後にある歴史の中の
社会や文化、あるいは政治などをのぞき、あれこれ思いをめぐらすのが
骨董の醍醐味のようです。

幕末の頃、肥前磁器の鍋島に次ぐ二番手達が
あれこれ戦略を練りながら、オランダとイギリスの
市場でしのぎを削ったのが目に浮かびます。

やっぱり私は、一流の一番手よりも二番手に心惹かれます 


ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


Related Entries

Category: 古伊万里

tb 0 : cm 0   

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/96-e3431d8f
Use trackback on this entry.