08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

明治意匠の魅力 

海外で骨董を収集する私の趣味は、国内のコレクターの趣味とは
若干異なるようです。

本来なら、染付の蕎麦猪口とか集めて、日本人の美意識である
「粋」とやらを見出したり楽しむべきなんでしょうけど、海外市場には
あんまり蕎麦猪口とかないしなぁ・・・・

それに、正直なところ蕎麦猪口って
あんまり魅力を感じないんですよねぇ・・・・( ̄^ ̄)ゞ
トキメキがないんだなぁ、これが・・・

それよりも、どちらかというと輸出物に心惹かれます。
海外市場で戦った日本製品の持つドラマ性に魅かれるのかもしれません。
ま、あくまで趣味の問題なんでしょうけどね(´・Д・)」

さて、今日は明治香蘭社のデミタスカップを紹介します。

demitasse.jpg

これぞ明治意匠!
キラキラしているのに上品なのはさすが明治香蘭社!
うぅ~む!これはトキメク!

万国博覧会に出品していた頃のものでしょう。
香蘭社の歴史の中でも、最盛期のものだと言って良いと思います。

demitasse2.jpg

松竹梅のモチーフです。
窓絵には、松・竹・梅の花が入ります。


こちらは竹。
demitasse3.jpg

窓絵の間には、これまた明治意匠のお約束、鳳凰と桐。

皇室御用達らしい意匠ですね。
鳳凰と桐は天皇にちなんだのでしょうか。

demitasse 4

カップとソーサー。
裏面は染付で蘭のマークが入っています。

demitasse 5

カップの内側にも絵付けがしてあり、かなり手が込んでいますね。
明治はやっぱりすごい時代だったのだと、改めて思わされます。

demitasse 6

ソーサー。
まったく手抜きがありません。

demitasse 7

近影。
写真を撮るのが下手なので、このカップの絵付けのすごさが
わかっていただけるかどうか・・・・

demitasse 10

デミタスですが、他のコレクションと比べてこれは若干小さめに作られています。
平戸に発注された卵殻手ではないので、有田で造られたものなのでしょう。

demitasse 11

明治のデミタスを並べてみました。

右から、深川製磁(明治後期)、香蘭社(明治中期)、香蘭社(明治中期)。

demitasse 8

個人的には深川製磁の製品が好きな私ですが、明治香蘭社の製品には
どうにもあらがい難い魅力があります。

深川製磁のものはモダンで洗練されていますが、香蘭社のものは
豪華絢爛で勢いがあるように思えます。

こういう美しいものを見ると、本当に昨今の流行りには不満を感じます。
北欧系などの「こんなデザイン、子供でも描けるわ~」と思うようなものが
若い女性や奥様達の間で流行っていますね。

こういうものをかわいいとかモダンだとか愛でるのは個人の勝手ですが、
これが主流となり、昨今主流であるがゆえに、こういうものが「良いもの」なのだと
認識されるようになると、「オイオイ」と思ってしまいます。

流行りというものは、それはそれで結構ですが
良質の文化というのは時間が経っても色あせないものです。
メディアというのは、そういう良質の物やそれを作り出す人材を
守る義務があると思うのですがねぇ・・・・

過度な商業主義も考えものです。
日本の文化がアメリカ文化のような中流レベルに停滞するのは
いかがなものでしょう・・?( ̄^ ̄)ゞ

それにしても、ポストモダンだと理論ではツッパっても、
根っこは案外権威主義的な私であります(汗)
馬脚をあらわした私・・・・
ハハッ    ヽ( ´_`)丿

demitasse 9

でも、まぁ良いものは良い!150年経っても良い!
これは一つの真理なのであります!


(おまけ)

メキシコ国境の街にある和菓子屋さんへ月一くらいで
車を走らせる私。

これで$13  

sweets.jpg

ご主人は、敦賀の人だそうです。
アメリカに来たくて、なにか一つ技術を身につけねば、と
和菓子を勉強したそう。

LAにも和菓子屋さんはありますが、ここのは本当に
おいしくて日本人むけです。

アメリカ人にも人気のお店ですが、ご主人は
そんなことはどこ吹く風。

「なんで、こんなもん人気あるの?こんなん日本だったらどこにもあるよねぇ?
珍しくもなんともないけど・・・あの人(アメリカ人)たちには珍しいから
こんなとこまで買いに来てくれはるんかなぁ・・?」と言っておりました。

その昔、長崎市でのお茶会で出される和菓子は
平和公園近辺にある和菓子店というのがお約束でした。
白あんは甘すぎず上品、しかもお値段もお手ごろ価格でした。

ここのお菓子は、見た目は一流和菓子店のものには
及びませんが、味は長崎のあのお店に近いと思います。

まぁ、アメリカにも宗家源吉兆庵だの、神戸風月堂とか
あるんですけどねぇ・・・
有名店のって高いばっかりで、味はそうでもないよね・・

皿は明治の有田。

arita 1

こちら、皿は大聖寺。

敦賀のお菓子なので、大聖寺の皿がよく似合っています。

daishouji hogestu

ごちそうさまでした。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Related Entries

Category: オールド香蘭社

tb 0 : cm 1   

Comments

No title

すみません、先ほどこちらのページにコメントしたつもりだったのですが、間違えてしまいました、失礼いたしました。
私のブログは最近よいものに出会えなくて飼い犬とか東條内閣(歴史好きなので)のことが多いですが、横にコレクションを項目別に纏めてありますのでよろしければご覧下さい。
デミカップ、私も大好きですが国内向けはあっさりした絵柄が多いです。

漣 #Qi8cNrCA | URL | 2016/11/01 02:11 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/93-025ca413
Use trackback on this entry.