06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Made In China! 染付芙蓉手向日葵文皿(清朝・中国製) 

熊本および大分地震で被災された皆様、お見舞い申し上げます。

アメリカで毎日地震のニュースを読んでいますが、
熊本と大分は若い頃からいつも訪れていた場所なので
本当に胸が痛みます。

長崎も洪水や火砕流などの自然災害被災の歴史がありますので
犠牲になった方々や家や財産を失った人達のことを思うと
他人事とは思えません。

私も、アメリカにいても出来ること、寄付やチャリティオークションへの出品などを
まずは始めてみようと思います。




さて今日アップするのは、中国・唐物の染付芙蓉手向日葵文皿です。
清王朝四代目の皇帝・康熙帝の時代のものです。

aster 1

日本のネットでも類似品を探しましたが、あまり日本ではなじみがなさそうですね。

実はこれは、Kraak Porcelain と呼ばれるもので、古くは明時代の中国からヨーロッパむけに
輸出された中国製の磁器製品のことです。
もとは、地中海を横断しヨーロッパとアラビアとの貿易をした船の呼称ですが、
後に中国やアジア製輸出磁器のことを指して、Kraak と呼ばれるようになりました。

aster 2

日本でも東インド会社からの注文で多く造られた染付の芙蓉手皿は
もとは中国製がオリジナルです。

前にも書きましたが、明が滅び満州族が清王朝を興すと
すぐに鎖国政策をすすめました。
このため、ヨーロッパで人気のあった中国製の磁器が手に入らなくなった
ヨーロッパ人は日本の有田に似た様な商品を注文します。
これが1690年ごろ流行った芙蓉手の皿なわけですね。

aster 3

芙蓉手と呼ばれるくらいなので、中国では芙蓉の花をモチーフにしたのでしょうけど
実はこれ、イギリスではAster Pattern と呼ばれます。
アスターとは蝦夷菊のこと。別名オランダ菊とも呼ばれます。

中国では芙蓉は美しい女性の形容詞ですが
オランダ人やイギリス人にはむしろこの芙蓉手の皿が
可憐な野の花に見えるのが興味深いですね。

aster 4

さてこの芙蓉手のデザインですが、実はもともとは
ペルシャのデザインから来ているのだそうで、
ペルシャ→中国→日本となります。
シルクロードの終着地点はやっぱり日本というわけです。

aster 5

1662-1722年の間に造られたこのお皿、
日本の物もそうですが、中国製のKraak もこの時代のものは
虫食いがお約束のようにあります。 

aster 6

この芙蓉手の皿、デザインが素敵ですね。
三つの向日葵が一つの皿に隠れています。

aster 7

縁。

aster 8

Kraak は明王朝時代から輸出品としてあったわけですが
清時代のものとの違いの一つは、呉須にあります。

実は明時代の呉須はペルシャからのものを好んで使っていたそうで
拡大してみると、染付の藍の部分に小さな斑点がいくつも見られます。
清の時代にも、明の磁器をまねていろいろな復刻版が出回りました。
しかし、どうしても呉須だけが手に入らず、明風の染付にするために
わざわざ斑点を書き入れて真似してみたそうです。
おもしろいですね。

aster 9

裏。

aster 10

さて、イギリスの名門美術館、ヴィクトリア & アルバート美術館の
学芸員によって書かれたこの本には、このお皿に関してかなり詳しい記述があります。

aster 11

この本によると、東インド会社の注文で造られたこれとほぼ同系のお皿は
広東を経由してオランダに運ばれる途中難破したそうです。
難破船に積まれた皿の数は、なんと17000以上!

当時のヨーロッパ人がいかに中国の磁器に夢中だったかがわかりますね。

aster 12

17000以上あったそうなので、V&A美術館にあるものが
家にあっても、まぁいいか・・?

aster 13

今では、メイドインチャイナというと、なんだかありがたくない名前ですが
それはあくまでここ100年ほどの話。

中国共産党は嫌いですが、こういう歴史を鑑みると
中国の文化というものには、尊敬の念を抱かざるを得ません。

aster 14

おそらく同じ時代に造られたものでしょうけど
こうやって日本製と中国製と並べてみると
どちらも素晴らしいな、と思います。

日本の文化を知れば知るほど、
中国大陸の文明や文化って、やはりすごいな、と思います。

今日の中国人を見ただけで中国や中国文化を馬鹿にする日本人が多いのは
大変残念なことです。

そのような人は、実は日本文化の素晴らしさを知らない人なのかもしれないな、と思えます。

きっと本当の自分の姿というものは、他人と言う鏡を通してしか
よく見えないと思うからです。


でも、中国人よ、桜の枝は折るんじゃねーぞ!!(○´・Д・`)ノ


(おまけ)

な・な・なんと、カリフォルニアに日本人が作る和菓子のお店があります。
しかも安い!

これで$20ですよ~!
アメリカ人に招かれるパーティに持っていくと喜ばれます。

甘さを抑えていて、なかなか良いですよ。
オーナーは、日系人でなく日本人なので
日本の味がちゃんと守られています。

wagashi.jpg

ありがたや・・・・

ブログ村に参加しています。
ポチッとヨロピク

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/89-cf4f9733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。