08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

これも平戸焼 (白磁・双頭蟠龍細工物燭台) 

平戸焼ファンの私ですが、いろんな骨董関係のブログを読んでいると
平戸焼ってあんまりよく知られていないように思います。

よく、骨董屋に「平戸ですよ」と言われて買った、というものの中には、
「えええ???」と思うものがあります。

裏の銘が明らかに有田であったり、見た目どうしても志田とか波佐見系なのに
平戸という触れ込みで売られるものの多さといったら・・・・

平戸焼、もしかして知名度低い?
いや、それとも、有田などのちょっと上物だと平戸と勘違いして
売られるのでしょうか。

平戸焼は、明治以降の物であればたいてい裏に
「三川内・〇〇」や「平戸・〇〇」といった銘が入っていますが
それ以前となると、御用窯ですのでまったく銘が入っていないものがほとんどです。

銘が入っていない平戸焼の絵付けは、有田とは呉須の発色、磁器の質感
白磁の白さなど違いがあるわけですが、江戸後期になりますと
呉須や陶土など、有田、亀山、平戸など混ぜこぜになり、
何がなんだか見分けのつかないことも多いようです。

かくいう私も、過去に平戸と紹介しながらも、内心「ちがうんでないの?」と
思っているものもあります。
過去に紹介したこれとか、
正直言ってどうしても平戸とは思えません。

図録でも見たことないし、海外の美術館でもこんなのみたことありません。
でも、有田でも長崎でもみんな、「あ、平戸ですね」というので
そうなんでしょうけど・・・・( ̄^ ̄)ゞ
でもこんな図柄、私が知る限り平戸にはないんですよねぇ。
ブログで紹介する時、正直うしろめたさがありました。

平戸焼の全貌が知られていない理由の一つに、
御用窯であったこと、海外向け輸出のものが国内骨董市場に
なかなか出回らないことが挙げられると思います。

私の場合、平戸焼の収集を海外でしているので
結構あちこちで輸出ものなどを手に入れることができます。
平戸焼は、唐子の絵付け以外にもいろいろとおもしろいものがありますので
このブログで珍品でもなんでも、日本であまり見かけないものを
どんどん紹介していければ、と思います。

というわけで、平戸の珍品。

白磁・双頭蟠龍細工物燭台です。

dragon candle stick 1

以前、雨龍について描きましたが、このとぐろを巻いた龍を蟠龍(ばんりゅう)といいます。

中国人の龍に対する愛着と哲学は本当にたいしたもので
霊獣の龍は、いつでもどこでも大空を飛んでいるのではなく
そこへ着くまでの段階として「とぐろを巻いて未だ飛ばない龍」のことを
わざわざ蟠龍と呼ぶわけです。

臥龍や蟠龍など、立身出世の象徴である龍が
未だ風雲を得ない時期の状態をさすことを考えると
世に出るためには、持って生まれた能力だけでなく
タイミングも大切なのだということでしょう。

立身出世に重きを置く中国人らしい哲学を含んだ
象徴記号だと思います。

dragon candle stick 2

対で購入。

平戸焼の細工物はたいてい見たつもりでしたが、
これは正直初めて見ました。

フラッシュなし。

dragon candle stick 4

ご覧のとおり、状態は良くありません。
せっかくの細工も、粗雑に扱われたのか
爪も角も破損しています。
アメリカ人め!!!(。>ω<。)ノ

骨董屋で二束三文で売られていたのを
ダンナが嬉々として購入。

dragon candle stick 5

裏。

明治後期とか大正だと思います。

dragon candle stick 6

燭台。
蠟が溶けたものがたくさんついて
洗うのに一苦労。

誰が所有していたのか知りませんが
やたらめったら使いまくり、骨董屋に二束三文で
売り払ったようです。(涙)

dragon candle stick 7

dragon candle stick 8

スス。
これ以上はもうとれない・・・・

dragon candle stick 9

これとほぼ同時期に
造られたものではないかと思います。

型があったんでしょうけど、このタイプの燭台はまだ見たことがありません。

dragon candle stick 10

龍顔。

dragon candle stick 11

この燭台、最初は輸出物だとおもいましたが、レアなことを考えると
もしかしたら神社とかに奉納されていたものかもしれません。
他のブログでも見ましたが、平戸焼が神社などの用具に使われているのは
そう珍しくもありません。

アメリカには、占領時代にもって行かれた骨董もたくさん
あります。

岩国の白蛇神社のものだったりして・・・

dragon candle stick 12

この損傷ぶりのせいで、骨董的な価値はないかもしれませんが
こんな平戸焼の細工物があったということで、記録方々アップしてみました。

(おまけ)

週末が金曜日から始まる南カリフォルニア。
金曜日なんて、だーれも働いていません。

ダンナも仕事が昼までなので(←いい身分?)
ランチはリトルイタリーにあるフライドチキン専門店で。

チキンとフレンチフライにドリンク二人分で$30ドル近く。
コスパ悪い!

IMG_0320.jpg

ノートには、「これはJIDORI(地鶏?)というオーガニックの特別なチキンで云々」と
書いてありました。

ダンナには、「オイオイ、日本文化なんでもかんでもブランド化されて
アメリカ人に搾取されてるぞ~」とか言われる始末。

味ですか?
いや、普通のチキンでした。
別にもう行かなくてもいいかな。

IMG_0323.jpg

でも、金曜日のお昼、ガンガンかかっている音楽を聴きながら食べるフライドチキンと
ビールの組み合わせが楽しいのかも・・?
ハハ・・・・カリフォルニアだなぁ・・・・

その後はリトルイタリーで、パンチェッタ、パスタ、ワインなどを購入。
(戦利品)

この日はドクターズディということで
ダンナはワインとビスコッティのギフトをもらってきました。

IMG_0327.jpg

あ~、カリフォルニアン・ライフスタイル・・・
やめられませんのぅ・・・・ヽ( ´_`)丿

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


Related Entries

Category: 平戸焼

tb 0 : cm 0   

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/87-e6b0e7cb
Use trackback on this entry.