10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

鹿児島フェア ~深川製磁・錦渕地文碗皿(明治時代)~ 

先日カリフォルニアの日系スーパーで「鹿児島フェア」なるものをやっていました。

鹿児島には過去一度だけ行った事がありますが、
南国らしいスケールの大きな文化が魅力です。

早速知覧茶などを購入し、帰宅。
鹿児島名物(?)のげたんはを買ってきたので
お茶でも入れようと思いましたが、せっかくなので
ずっと以前に購入した深川製磁のデミタスを使うことに。

深川製磁・錦渕地文碗皿(明治時代)

cup 1

おそらく明治後期なのでしょうけど、ご覧ください。
この凛とした佇まい。

cup 2

洗練されていますね。
気品にあふれています。

cup 3

皿・カップ全て手描きです。
技術の高さがうかがい知れます。

cup 4

裏。
富士流水。

cup 5

cup 6

cup 7

実はこれとほぼ同じデミタスが、深川製磁から出版されている明治陶磁意匠に
掲載されています。

明治の御用食器のひとつに数えられています。

cup 9

カップはほぼ同じものですが、ソーサーの柄が若干異なります。

cup 10

こちらがその本。チャイナオンザパークで入手可能です。
明治深川の商品は見ているだけで気分が上がります。

cup 11

このカップには、以前紹介した深川製磁の皿を合わせたかったのですが、未だダンボールに入ったままですので
しかたなく最近のものを合わせました。

このお皿は、6年ほど前有田の秋の陶器市にいって深川製磁本店に寄った時
福引(?)であてたもの。残念賞だったかな。
でも、ぜんぜん残念ではありませんけど・・・

cup 13

ちなみにこのお菓子、げたんは、ですが
要はよくできた黒棒のようなものです。

実は、私は基本的に黒砂糖が嫌いで、と〇やの羊羹おもひでなどは
もらった日には、「どうしよう・・?」と思ってしまいます。

さて、2年ほど前里帰りの折に、母親が「これおいしいよ」と
お土産バッグに入れてくれたのが、これによくにたお菓子でした。

母曰く、「島原にいったらマスト・バイ!」(笑)の商品だそうで、
南島原の「ポエムタケモト」というお店の人気商品なのだとか。

半信半疑で持って帰って食べてみたら、あらビックリ。
黒棒の嫌いな私でも食べられました。こんなおいしい黒棒があるんだなと妙に関心。
ネットでググルと島原では結構有名なお店のようでした。
あれから里帰りすると、島原に行かねばなぁ、と思ったりしたものですが
ついつい行きそびれていました。

ところが先日、まさか南カリフォルニアのスーパーで会えるとは!
島原の黒棒と鹿児島のげたんは、味もみかけも非常によく似ています。
島原のものは実は明治創業以来の手法でつくっているということなので
げたんはを真似しているとは言いがたいですね。
でもまぁ、どちらもおいしいので、どっちがオリジナルとかはどうでもいいこと。
(私的には、島原のほうが黒砂糖がシャリシャリしていておいしかったように思いますけど)

明治時代、洗練のきわみである洋食器をつくっていた日本人がいたその一方で
こんな素朴でおいしいお菓子を地方で作っていた職人さんがいたんですね。

洗練でも素朴でも、造った職人さんの情熱は一級品だったのです。ヾ(・∀・)ノ

cup 12

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Related Entries

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 0   

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/86-5c61ef8c
Use trackback on this entry.