08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

よいお年を(美濃焼・加藤五輔・染付竹林文皿) 

あと1日で2015年も終わりですね。
今年はいろんなことがありました。

中西部での地獄の日々(?)の後には、
カリフォルニアの極楽が待っていたり・・・
まさに天国と地獄・・・
ジェットコースターの様な一年でした。

さて、今年最後のアップは先の平戸焼で終わるかとおもいきや
画像があったので、もういっちょう。

肥前磁器コレクターの私が唯一持っている瀬戸・美濃系。

美濃の名工・加藤五輔による染付竹林文皿です。

失礼ながら、瀬戸・美濃系にはあまり興味のない私ですが
これは一目見て、買うしかないかなぁ・・・と思いました。
不覚。

いや、納得の美品です!

seto 1

端麗、の一言。
この繊細な筆遣い、素晴らしいですね~。

ちなみに、この竹林図は江戸後期の肥前では
定番中の定番。
鍋島にもあり、有田にもあり、平戸にもあり、
そしてこれらの伝統を受け継ぐ香蘭社・深川製磁にもあり。

でも、おなじ竹林図でも、それぞれの産地で絵柄が異なります。

鍋島は、秀麗。
有田は、まぁ普通。
平戸は、上品。

seto 2

これは、鍋島とも、有田とも平戸とも違います。
独特のこまやかな筆遣い、筆を使った、というよりも
ほとんどイラスト用のペンで書いたかのような繊細さ、です。

大友克洋的・・・とでもいいましょうか。
加藤五輔氏に「童夢」を描かせたら・・・・とか
いらないことを考えたりして・・・

seto 3

加藤五輔についてかるく触れておきましょう。
明治時代、政府の殖産興業推進により、
有田と並び瀬戸・美濃も
磁器の海外輸出に乗り出します。

日本製磁器の品質証明のため、各窯は世界各地で開かれた万博に
作品を出品しました。

宮川香山や香蘭社・深川製磁などが各賞を取る中、
美濃の名工・加藤五輔もパリ万博で入賞します。

この成功により、瀬戸・美濃系磁器の名声は高まったようで、
その後あっというまに有田を脅かすライバルになるわけですね~。

今日、ノリタケなどが香蘭社や深川製磁よりも人気があるのは
残念なことですが、この基盤を作ったのが加藤五輔なわけです。

seto 4

九州人としてはこの美濃の逆襲は
くやしいところですね。
肥前磁器帝国を脅かす勢力とでもいいましょうか・・・
(アメリカでは現在SW祭りの真っ只中なもんで・・・・♪(/・ω・)/ ♪

seto 5

ご覧ください。この高品質!
これが肥前のように長い歴史をもたない
窯が作った作品だとは、とても思えませんよね??
おそるべし、美濃の怪人!

seto 6

繊細きわまりない筆遣い。
上品な造形。

seto 7

洗練されています。

seto 8

加藤五輔の作品は、肥前の高級磁器に通じるものが
あると思います。

最初に見たときは、平戸か?あるいは亀山か?などと
思ったものでした。

瀬戸・美濃の中でも、加藤五輔の作品は
群を抜いていると思います。

seto 9

海外では瀬戸系は正直あまり人気がありません。
おそらく、歴史が浅いこと、そして
ノリタケのようなデザインはヨーロッパ製で
いくらでも似たようなものがあることが理由でしょう。

seto 10

2年ほどまえのことです。
フィラデルフィア美術館で、
韓国政府の共催で朝鮮文化についての展示がありました。
共催、というと聞こえが良いのですが、早い話
韓国政府がお金をだして、海外の名門美術館で
美術品を紹介して、文化をプロモートするものです。

いろんな美術品が展示してありました。
掛け軸や朝鮮お得意の青磁など・・・

その中に混じって、なんと朝鮮の王族が使用したという
家紋(?)入り食器が・・・
これがなんとこれがノリタケ製でした・・・!!

日韓併合で、日本の皇室の御用達のノリタケにも
かの国の王族の食器を作らせたのでしょうが
これはなぁ・・・・???
歴史の悲しさをいうべきか・・・

相方曰く、
「こんなのは、中国ではありえないねぇ・・・」 

まぁ、そうでしょう。

seto 11

瀬戸系の歴史は、明治以降の日本磁器の歴史でもあります。

肥前系磁器の歴史は、長崎を通じて西洋や清国と交流した
日本の歴史ですが、明治以降の磁器の歴史は
単なるロマンティシズムだけではすまない側面を
抱えているように思えました。

seto 12

暗い歴史はさておき、近代以降確固たる地位を占める
瀬戸・美濃系磁器。バブルの頃から現在にいたるまで
若い女性に人気ですね。

でも、肥前系は新興勢力である瀬戸とは
一線を画して、伝統にこだわったものづくりをしてほしい、
と思うのです。
これって海外に住む私の我侭でしょうか・・

匠文化機構の理事長である井浦新氏を起用してでも、
古伊万里の伝統を受け継ぐ肥前磁器の魅力を
もっともっと若い人にも紹介してほしいですね・・・
あれ?これってまたまた単なる私の趣味でしょうか・・??


さて、今年も、当サイトを訪問してくださった皆様、
駄文にもかかわらず読んでくださり
ありがとうございました。
インターネット上の数ある骨董サイトの中から、
わざわざこちらに足を運んでくださったかたがた、
また貴重なるコメントを寄せてくださった方々、
どうもありがとうございました。
ヴァーチャルな出会いに感謝です!

来年も収集したものの中から、いろいろとアップしていきたいと
思いますので、またまたよろしくお願いします
コメントも大歓迎ですよ(^∇^)ノ ヨロピク

では、みなさま、よいお年を。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Related Entries

Category: その他

tb 0 : cm 0   

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/81-831e4f66
Use trackback on this entry.