07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

長崎グルメ(?)紀行 

本日、カリフォルニア州某市で、なんと偶然にも佐世保陸・海上自衛隊の方と
お会いしました。

異国で故郷の人と会えるのは嬉しいことですね。
その日出会ったもう一人の在米日本人の方も、行方のわからなくなったご家族の
お墓を探しに、なんと偶然にもこの夏長崎まで赴いたのだそうです。
結局、探していたご家族の終の棲みかは、現在長崎港を見渡す水辺の森公園という
土地開発のため埋め立てられ、正確な住所をみつけることは叶わなかったそうです。

突然ローカル話で盛り上がり、なんだか突然見知らぬ土地で知り合いに
出会ったような奇妙な(?)一日でした。

ローカル、といえば、この夏は大いに九州の夏を満喫しました。
なつかしいついでに、今回はちょっとしたグルメ紀行を長崎限定で紹介しましょう。

まず長崎といえば、トルコライスですね~。
骨董が置いてある、という噂を聞いて、長崎歴史文化博物館へいくかたがた
喫茶・銅八銭へ・・・

写真はイマイチですが、なかなかおいしかったです。
でも、観光客に人気なので、お値段も割高・・・かな・・?
店内には、古伊万里・亀山焼などが置いてありました。
ちなみにここは、「ペコロスの母に会いにゆく」のロケ地でもあります。

food 1

長崎らしい街並みです。
桜町近辺。

food 2

花火大会(15年ぶり!)へ行く途中、トルコライスを食べにツル茶んへ・・・
あいにく観光客で一杯だったので、仕方なく(?)ニッキーアースティンへ・・・
トルコライスの種類が多いので選ぶのが大変です。
味はまぁまぁでした。

さて、次の日は相方のリクエストに応えて、はるばる平戸・生月島まで・・・
なんでも、サムライちゃんぷるーを読んでたら生月の隠れキリシタンの話が出てきたので
行ってみたいとのこと。

生月ねぇ~。
まぁ、一生に一度行っておくか、というわけでドライブすることに。

まず、平戸へ渡る直前の田平の平戸瀬戸市場でランチ。
イカ天丼、プリプリです。

food 5

相方は海鮮丼。
新鮮で安い~!
food 6

デッキから、平戸大橋が見えます。

food 7

 「平戸は日本の公園である」

山頭火が平戸で詠んだ俳句です。

平戸市内はこじんまりしていますが、歴史がある街ですので
歴史に興味がある人には面白いと思います。
鄭成功の誕生地。
三浦按針が亡くなった土地でもあります。

平戸からさらに40分田舎道をドライブ。
やっと生月へ。
もうここまで来ると、「秘境!」という感じですが
なんといいますか、野趣あふれる美しい島でしたよ。

塩俵の断崖。

food 8

生月大橋。

平戸大橋よりも迫力があります。

food 9

平戸から帰る途中、田平天主堂へ。
来年度世界遺産登録をめざすという長崎の教会群とキリスト教関連遺産の中でも
目玉の一つです。

明治時代、寺院などを手がけた大工の棟梁であった鉄川与助が立てた教会の一つです。
イギリス、ドイツなどの技術を取り込んだ、まさに多文化主義を象徴するような
美しい教会です。

この日は、たまたまポーランドから神父様がお見えになりミサをされたそうです。
長崎は聖者であるマキシミリアン・コルベ神父ゆかりの地ですので
ポーランドからキリスト教関係者が来崎するのは道理ですね。
(コルベ神父については、遠藤周作の「女の一生2」にくわしく書いてあります。)


food 10

キリシタン墓地。

田平天主堂、雰囲気がありとても良いですね。
平戸・あるいは佐世保まで行かれる方、お薦めですよ。

food 11

佐世保では、もちろんお約束の蜂の家で食事。

新装したようですね。

長崎カレーとして銀座などに出店しているカレーですが
佐世保では誰もが知っているおなじみのなつかしカレーです。

海老フライカレー。
たまりませんねぇ~。

food 12

相方は、「海軍さんのビーフシチュー」
横須賀などにもあるそうですが、佐世保もれっきとした海軍さんの街なのです。

food 13

デザートは、忘れちゃいけない、「蜂の家のシュークリーム」。
この巨大なシュークリームにスカッチソースをかけて食べると美味です。
懐かしい味です。

food 14

最後は、佐世保・平戸焼の窯元が集まる三川内へ。

入り口に登り窯風の門が・・・

food 15

平戸焼の骨董をたくさん置いているという「さるのあしあと」を訪れました。
生憎この日は週末で、オーナーの方は不在。
写真だけ撮らせてもらいました。

food 16

平戸焼の骨董がたくさん置いてありましたよ。
今回見ただけでしたが、次回はぜひ買い物もしたいですね~。

food 17

長崎はよかですなぁ~。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


Related Entries

Category: 旅行記

tb 0 : cm 8   

Comments

No title

お久しぶりです^^
帰省されてましたか!
お帰りなさい。
うちにいらっしゃればよかったのに(笑)
西海岸にも移動されたのですね
おめでとうございます^^

「さるのあしあと」さんて知りませんでした。
次回是非寄ってみようと思います。
そういえば有田陶磁文化館2階の古磁器を使ったカフェもMichnoskimさんのブログで拝見しまして、すぐに行った覚えがあります^^

唐子くん #- | URL | 2015/10/01 02:37 [edit]

No title

唐子くん様、

お久しぶりですね。お元気でしたか?
久しぶりの里帰りはやっぱりいいですね~。
日本の夏を満喫しました。
そのうちお邪魔して、例の唐子チャンを
見せてもらいたいですね(笑)
うらやましい・・・

さるのあしあとさん、三川内にありました。
以前、ここで「三川内焼を応援する会」と称して
勝手に産業会館と時代屋を一緒にしてしまえ~、などと
言いましたが、三川内の人たちも頑張っているようでした。
いろんな人たちに三川内焼の素晴らしさを知って欲しいですね!

有田の九陶のカフェも、もうちょっと工夫したら
(ケーキの種類とか?)良いかなぁ~。
でも、柴コレ姉妹品でお茶ができるのは魅力ですねv-10

#- | URL | 2015/10/01 14:45 [edit]

No title

よく写真を見たら・・・
Michnoskiさんですか!
随分色白の美人さんで。。。
私としたことが見落としていました(笑)
初登場じゃないですか?

平戸の瀬戸市場に行かれたのですね。
平日だとそう多くないかもしれないですが、週末はお客さんが凄いですよ!
何でも初年度に年間目標の2倍以上売り上げ、まだ利用客も増えているらしいです。
私もここで新鮮な魚を仕入れ、家で捌いてプリプリした身に舌鼓を打っております。

唐子くん #- | URL | 2015/10/02 00:20 [edit]

No title

唐子くん様、

美人だなんてとんでもございません(汗)
もうそろそろヤバイ感じです・・・v-12

平戸へ行く途中にある田平の瀬戸市場
かなりイイですね!
お食事もおいしかったし、なにより
ホスピタリティが〇です。英語のメニューや
バイリンガルのウェイトレスさんなどもいて
海外からのお客様にもきちんと対応できていました。
脱帽ものですね~。またぜひ行きたいです。

田平まではよかったのですが、平戸の千里が浜に
立ち寄ったら、いきなり駐車場代600円を
払うように言われました。v-12
いや・・・小雨降ってるし・・・
泳がないし・・・誰もいないし・・・とか思いましたが・・・(笑)
平戸も観光業に力を入れているんなら
もっとホスピタリティがあってもいいと思うのですがねぇ・・v-13





Michnoski #- | URL | 2015/10/02 16:22 [edit]

No title

そろそろヤバイって・・・笑
まさかMichnoskiさんとは想像出来ず、お店の方か、イベントか何かで登場したお姉さんを撮影されたのかと・・・(汗)
海外で活躍される優秀な方で、また美人さんで・・・こういう方を射止められた相方さんは凄いですね!

平戸での駐車場の話、実は私も同じ経験をしました。千里が浜よりもう少し先の根獅子という浜に行った時の話しですが、駐車場でなく、路肩に車を停めていると、いきなりおじさんが現れ「協力金」500円を払えと・・・そこは私有地ではなく、駐車禁止の標識がある訳でもなく、単に道路脇の広いスペースでしたので払う必要はなかったのでしょうが、おじさんに文句言うのも無粋な気がして素直に払いました。。

仰る通り、観光に力を入れるならこういうセンスの無い事は止めた方がいいですね。村として収入を得たいのは分かりますが。。 嫌な思いをした人は二度と行きたいと思わないでしょうからね。

瀬戸市場から5分ほど進んだところに、サムソンホテルがあります。もし刺身がお好きでしたら、次回立ち寄ってみて下さい。確かランチ1600円くらいだったと思いますが、ビュッフェで美味しい刺身や寿司が山ほど食べれますよ。温泉もありましたよ^^

唐子くん #- | URL | 2015/10/03 04:41 [edit]

No title

そうだったんですか! 
根獅子でもでしたか!

あれってなんか変ですよね。
以前来たときは、駐車場代とか取られなかったし・・・
っていうか、「協力金」って・・一体・・???

でも、あれってあのおじいさんが勝手にやっているのかも?
相方も、平戸にはもう二度と行かないと行っていました。
(でもまたいっちゃうんでしょうけど・・)

サムソンホテル、評判いいですね。
次回平戸に行く時は(←あれ~?)ぜひバイキングに
行ってみます!

平戸よ、もっと観光業ちゃんと頑張れ(怒)!

Michnoski #- | URL | 2015/10/03 16:34 [edit]

No title

はじめまして
いつも拝読するだけでしたが、今日は思い切って

僕も長崎が故郷です
諏訪神社下の馬町で育ちました
転勤族で、もう帰る事の無い故郷ですが(両親ともこちらで買った墓で眠っています)、それでも小屋入りやおくんちのしゃぎりの音がよみがえってくる時があります

今日、本屋を覗いたら「明治有田 超絶の美(世界文化社刊)」なる本が出てました。
400年を記念して九陶で展覧会(巡回有り)が有るようですが、その展示物をベースにまとめられているようです
香蘭社や深川製磁のもの(図案掲載有り)が結構載っていました
(九陶の鈴田館長が監修されています)

陶磁器に限らず、明治の工芸が不当に軽んじられていると1人憤慨している小生としては、会社帰りにもう一度寄って買うつもりです

深川や盛期伊万里のことも書きたかったのですが、余りに長くなって顰蹙を買いそうで…

俊介 #- | URL | 2015/10/04 23:19 [edit]

No title

俊介様、

初コメント、ありがとうございます。
そうですか~、馬町ですか!良いですね!
私も、日本を飛び出してからはおくんちは見ていません。
映画などで蛇踊りやコッコデショのシーンをみると懐かしくなります。

長崎に帰ることのないものにとっては、有田などの器は
単なる骨董ではなく、故郷の文化や歴史などを思い起こさせる
オブジェのようなものでもありますよね。
日本にいる時はそれほど興味のなかった肥前陶磁器に
今こんなに興味があるのは、そういう郷愁めいたものも含まれているのかな・・と思うときがあります・・・v-14

明治有田 超絶の美、ですか。面白そうですね!
明治時代の素晴らしい伝統が現代の日本の文化の中で
軽んじられるのは残念なことですね。
外国にいると、この時代の日本文化がいかに素晴らしかったかが
わかります。深川・香蘭社の魅力は、瀬戸物と違い
単なる欧米デザインの模倣でなく、ちゃんと江戸時代の有田の
歴史性を踏襲している点だと思います。
こういう、日本文化の継続性をもつ器のよさを、若い人たちにも
もっとわかって欲しいですよね!

最近、深川の明治意匠の物が手に入ったので、折を見て
アップします。お楽しみに~!

Michnoski #- | URL | 2015/10/05 14:46 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/76-12d24036
Use trackback on this entry.