08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

明治深川製磁 梅舟文赤地皿 

アメリカ人をして、世界で一番素晴らしい場所!と言わしめる南カリフォルニアの街に、
先日ようやくたどり着きました。

地球の危機を救うのもアメリカ人なら、世界で一番素晴らしい場所があるのもアメリカ・・?

などというつっこみはご尤もですが、まぁ後者に関しては許しましょう。

なにせ、この街は、一年を通じて最高気温が25度を上回ることは殆どありません。
湿度も低く、日本でいう五月初旬と10月下旬の気候が一年中続くような感じです。
北カリフォルニアやニューイングランドなどにも住んだ私ですが、
「世界一」は言い過ぎかもしれませんが、ここがアメリカ一なのはまちがいなさそう・・・?

さて、忙しさにかまけて一ヶ月もアップしていませんでした。
引越しが決まってからは、忙しいのと嬉しいのとで
荷造りしては遊びほうけていました。

もうなにがあっても、あの州には戻らないぜ!!

さて、定期的にここに来てくださる方には、大変申し訳ありませんでした。
数日後に夏の日本に里帰りする前に、なんとか一つでも更新するべく
ただ今パソコンを開けたところです。

前回の深川忠次の皿の姉妹品です。

fukagawa boat 1

アメリカへの輸出品でしょう。
例の屋形船で碁をする僧という有田のクラッシックな図柄に
中国風の赤絵地に梅文を合わせたものです。

有田 X チャイナという、先の皿と同じようなパターンです。

fukagawa boat 2

近影。
縁も有田の伝統的な図柄ですね。
深川は皇室御用達窯ですが、もとは有田系列ですので(小城)、
このあたりの伝統を踏襲した図柄の採用は当然でしょう。

fukagawa boat 3

手できちんと描かれています。
途方もない手間がかけられています。

今日深川製磁でも、明治時代の復刻版が出ていますが
残念ながら質に関しては、オリジナルのほうが上でしょう。

fukagawa boat 4

裏。
忠次時代の銘です。
こちらは普通の銘ですが、前回紹介した皿の銘は
若干字体が異なります。

これから推察しても、龍鳳凰文の皿は
他の輸出ものとは一線を画したようです。

fukagawa boat 5

fukagawa boat 6

ケーキをのせてもよし。
ステーキをのせてもよし。

でも、ここならフィッシュ・タコかなぁ・・・・

fukagawa boat 7

fukagawa boat 8

この図柄、もちろん深川忠次の図案帳にのっています。
輸出用ですが、あまり見かけない柄です。

fukagawa boat 9

fukagawa boat 10

さて、今回里帰りでは、九陶や三川内のギャラリー「さるのあしあと」さんにも寄りたいと思っています。
最近ものすごい珍品を手に入れたので、いろんな人に見せて意見を聞いてきたいと思います。
この珍品も、帰国したらアップしますので、お楽しみに。

あ~、日本への里帰り楽しみだ~。
唐津で泳ぐぞ~!!!

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


Related Entries

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 2   

Comments

またまた素敵なお品を紹介頂き、ありがとうございます。
実物は初めて拝見いたしました。梅外赤の文様が良い雰囲気ですね(^^)

深川の銘は、「深川製」の筆跡で分類したような資料があればいいなと思っているのですが、どなたも手つかずのようで、難しいですね。
個人的な印象として、この筆跡の銘の品物は、はずれが少ないような気がしています。

明治時代の復刻版について、数年前に聞いてみたときは、尋常小学校を出てすぐに職に就き、盆正月以外はずっと仕事をしてた時代の職人には、どうやってもかないません、という返答でした(^^;
あと、どうしてもその時代の雰囲気が筆遣いに出るので、と仰っていました。

「ものすごい珍品」、いったい何でしょうか。アップ頂くのを楽しみにしております(^^)

Jake #- | URL | 2015/07/14 07:16 [edit]

こんにちは、Jakeさん

コメント、ありがとうございます。
そうですね、明治の深川製磁のものは
今日でもまったく色あせず、むしろ斬新に見えるくらいです。
深川忠次の図案って本当にすごいなぁ、とつくづく思います。
深川製磁は明治、香蘭社は明治・大正がベスト!ですかね。

復刻版がオリジナルにかなわない理由は
Jakeさんのいわれるとおりですね。
個人的には、復刻版があまりよくないのは
一目で手描きでないとわかるところかなぁ・・・
これも、職人さんの技術と係わるところでしょうね。

「すごい珍品」は、肥前陶磁器の歴史に名を残すものだぁ~!と
勝手に思っていますが、ただのガラクタの可能性も、もちろん大・・・
でも、幕末肥前陶磁器の歴史を読む限り、ちょっと自信はあるんですが・・・
どうなることやら・・・
こちらのレポートもは夏休みの宿題に提出しますね(笑)

Michnoski #- | URL | 2015/07/14 09:03 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/71-267642d6
Use trackback on this entry.