06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

さらば、中西部!(明治深川製磁 龍鳳凰舟文黄地皿) 

ミシ〇ンでの暗く長い一年がようやく終わりつつあります。
来月、やっと、中西部を去ることになりそうです。
ヤッターッ!

去年、泣く泣く東海岸を後にした時、相方もさすがに
可哀相と思ったのか、

「来年の今頃は、きっと東海岸か西海岸に帰れるようにするから」と
言ってくれましたが・・・・

ヤツめ、ちゃんと約束を守ってくれました。
アリガ㌧。

そんなわけであと3週間したら、10年ぶりにカリフォルニアに帰ります。

あー、メデタイ。

言っちゃなんだけど、ここはちょっと日本人には住みにくい州でしたなぁ。。
田舎っぷりがいやなんじゃないけど、ここの人たちの
村人メンタリティがなぁ・・・・・
マイ・プリウスは、駐車場に停めるたびに
あちこち引っ掻かれるし・・・まぁ、トヨタ憎しなんでしょうけどね・・・

まぁ、そうはいっても、良い人ともたくさん会えたし、
なかなかおもしろい一年でした。

でも、ここに住めと言われたら・・・・


さて、締め切り迫る論文も書き終わっていないというのに
毎日イソイソと荷造りに励む私。

骨董コレクションを箱に積めますが、
プチプチで包装するだけで、あとはプロに任せることに・・・
包装する前に、ブログ用にチャッチャと写真に収めます。

家を購入するまではしばらくは箱から開けない予定なので
しばしのお別れ。

皆の衆、くれぐれも引っ越し屋さんたちに壊されないようにね~。
達者でなぁ~。

今日紹介するのは、明治深川製磁・忠次時代の名品です。
この竜鳳凰黄地は、忠次時代のものでも結構力作が多いのですが
これもなかなか凝ってます。

急いで写真を撮ったので、イマイチぼけていますが・・・

yellow dragon 9

この皿も、例の深川忠次のデザイン帳に載っています。
古伊万里でよく見かける、屋形船で碁を打つ僧と、空にかかるカシオペアの星座。
有名なこの図柄に、大胆にも中国の皇帝の印である玉竜と鳳凰を合わせています。

それにしても、古伊万里とチャイナとは!
この発想!!!斬新ですね。

やっぱり深川忠次は天才です。
古伊万里のいいとこ取りをしたと陰口を叩かれそうですが、
有田の古いデザインを取り入れて、まったく新しいものに変えてしまう
センスの良さは、深川忠次ならではです。

香蘭社のデザインでも、忠次の全盛期には及ばない、と言ったら
香蘭社に怒られるかな・・・?

yelllow dragon 1

ピンボケしていて、申し訳ないですね~。
(レンズが見つからなかった・・・)

yellow dragon 3

ピンボケで近影はイマイチですが、皿の表面に模様が彫り込んであるのが見えますか?

残念ながら、使用すると表面がはがれてしまうようで、あまり実用的ではありませんが
飾るには十分芸術的な皿だと思います。

yellow dragon 4

白い龍。
爪は3本なので、皇帝の龍ではありませんが・・・

yellow dragon 5

鳳凰。

yellow dragon 6

屋形船で碁をするなんて・・・風流ですなぁ。

ちなみに、表の凝りようとは対照的に、裏はザッとしています。

yellow dragon 7

おなじみ、深川忠次時代の銘。

yellow dragon 8

明治のお皿というのは、骨董屋にすると新しすぎて価値があまり
ないのかもしれませんが、この時代特有の美しさや
完成度の高さがあり、なかなか魅力的だと思います。

yellow dragon 2

さて、荷造りをもうちょっとやりましょうかね・・・・


ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 8   

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いております。
(記事を参考にさせて頂いて、眼鏡橋の近くの骨董屋さんを訪ねて古い深川製磁を探してみたりしてます)

マットな黄地に唐草の陰刻が施されているのって、深川では珍しいですよね。単純な竜鳳凰外黄よりも落ち着いた印象だなと感じました。
さきほど、たまたま目にしたのですが、全く同じ図案の中鉢があるようで、注文品だったのか、そういう商品シリーズだったのか、興味深いところです。

Jake #- | URL | 2015/06/15 08:29 [edit]

Jakeさま

コメント、ありがとうございます。
そうですか~、眼鏡橋近辺の骨董屋さんめぐりをなさっているんですね。
あの辺りは散策していて、楽しいですよね。
私がよく行くのは、v-230場さんです。
時々、良いものと出会えますよ。
梅寿軒でお菓子を買って、ブラブラと骨董を見るのが
お約束ですv-426

そうなんです。この唐草の陰刻、珍しいと思います。
この手のものは、チャイナっぽくて
日本人好みとは言いがたいですが、これは古伊万里の図柄も
手伝ってか、なかなか落ち着いていますよね。
このカシオペアの図柄で、周りのデザインが違うのを
持っているので、こちらもそのうちにアップしますね。

この図柄、たぶんシリーズとしてアメリカで売っていたのでしょうけど
意外と数が少ないので、あまり人気がなかったのかな・・?
同じ中鉢を私も最近ネットで見ました。
ほしいけど、あの値段ではちょっと~無理かな。
(これは$40くらいだったので・・・v-290
でも、忠次時代のものはいくつでもほしくなるので
困ります・・・v-12

Michnoski #- | URL | 2015/06/15 16:18 [edit]

Michnoskiさま,

ご返事、ありがとうございます。
お伺いしたのは、まさにv-230場さんでした。
マダム(?)のお話に聞き入ってしまいます。

あの中鉢、コンディションは良いと思うのですが、確かにちょっと高いですよね(^^;;;
(まして最近の円安では、さらに・・・v-12)

Jake #- | URL | 2015/06/16 07:36 [edit]

Jakeさま

そうですか~、やっぱり〇場さんだったんですね。
眼鏡橋の近辺の骨董屋さんでは、あそこが
安心して買い物がしやすいですよね。
割といいものが入るらしく、おばちゃんの話では
学芸員さんなどもよく立ち寄るのだそうです。
中野焼(!)などを発掘された方もいて、狂喜して買っていたとか
おっしゃっていました。うらやましい~。

あの鉢は、ちょっと値段がですね~。
深川はものがいいので、値が高くつくこともありますが
あの値段ではだれも買わないと思うんですがねぇ・・・・・v-13

Michnoski #- | URL | 2015/06/16 15:46 [edit]

Michnoskiさん
こんにちは。
またまた、ご無沙汰しています。
やっと中西部から脱出が叶うのですね♫!
今度は気候の良い、日本食も美味しい所へのお引越し。ワクワクしますね。
お子さん達には、新しい環境が楽しいものであります様に♫!^ ^

深川製磁のお皿は、骨董素人の私にとっては、解説があって初めて
その良さが分かる部分が有ります。
だから、Michnoskiさんのブログの大ファンなのですよね^ ^

ココペリ77 #- | URL | 2015/07/05 20:32 [edit]

ココペリ様、

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
このお皿、造りが凝っていて、
私の中ではなかなかのヒットでした。

ただ今、中西部から西海岸へ移動中です。
36時間のドライブを終えて、やっと本日西海岸へ着く予定です。

2,3日前からコロラドから南ルートをとって、南西部を周りました。
ジョージア・オキーフのいたサンタ・フェなど見所が満載だったのですが
ハンドルネームの「ココペリ」もあちこちで見かけましたよ。
銀細工のココペリのイヤリングをつい買ってしまいましたv-14

南西部のネイティブの文化、良いですね~。

旅行記はまたそのうちに!

Michnoski #- | URL | 2015/07/06 07:31 [edit]

同手

こちらのデザインと同じのが、ヤフオクに48,000円で出品中です。鳳凰、龍が、左右に位置してます。

ところで旦那さん #tbP3RbY6 | URL | 2017/04/22 08:25 [edit]

48000円ですか?
高いですね。
私は、その10分の一の値段で買いました。
$48くらいなら、アリですよね!

Micnoski #- | URL | 2017/04/23 21:39 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/70-3e23da29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。