06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

 平戸焼 染付和犬置物 (幕末・明治初期) 

明治日本の産業革命遺産が世界遺産に登録される予定ですね。
いや~、喜ばしいことです。

19世紀のアジア諸国が西欧諸国に植民地化されていた時代に
急速に近代の産業革命を成し遂げた日本の偉大なる功績を称えるのは
別に歴史を書きかえるわけでもなければ、その後の軍国主義を
賞賛するわけでもありません。
きちんと、後世に語り継がれるべき輝かしい歴史だと思います。

さて、世界遺産と言えば、来年は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が
登録されるそうで、長崎市にとっては(うまくいけば)軍艦島に続き、大浦天主堂と
観光客がますます増えることになり、これまた喜ばしい限りです。

里帰りするたびに、故郷が観光で潤っているのを見るのは嬉しいことですが
その反面、長崎市以外の土地に行くと、あまり活気がないのが気になります。

個人的には、平戸などは歴史も古く、見所も多いと思うのですが
長崎と比べるとマーケティングの仕方が悪いと言うか、
イマイチ感がありますね。

でも平戸って歴史を紐解くと
いろんな話題があって、なかなか面白い土地なんですよ。

台湾の国父である鄭成功は平戸藩士の娘と中国人のハーフでした。
彼の誕生地は平戸です。

漢民族の明王朝が、女真族に滅ぼされようとしていた時代
明のために最後まで戦った鄭成功の忠誠心を
「いよっ!サムライ!」などと褒めたら中国人に怒られそうですが
ああいう忠誠心は、やはりなんとなく日本的ですね。

平戸は、アメリカ人観光客にとっても魅力があるように思えます。
リチャードチェンバーレン扮するTVドラマのShogunの
主人公のモデルとなった三浦安針が最期を迎えた地も平戸でした。

平戸観光を盛り上げるには、平戸と外国人との接点に焦点をあてた
戦略をたててはいかがでしょう。

さて、平戸観光をサポートするわけではありませんが
今日は平戸焼の和犬の子犬の置物を紹介します。

じゃーん。

hirado dog 1

現在はコスモポリタンなどという言葉とは結びつかない平戸ですが
幕末から明治にかけて、平戸焼はヨーロッパ人に愛され
特にイギリスに多く輸出されました。

hirado dog 2

フラッシュなし。

平戸お得意のひねり物。

顔を正面から捉えてみました。

hirado dog 3

アップ。

hirado dog 4

なにが素敵かというと、やはりこの丁寧な細工ですね。

平戸焼のひねりものは、どんなに小さいものでも
通常、目がきちんとくりぬいてあります。

目が呉須で描いてあるものは、平戸焼ではないことを
疑ったほうがよいでしょう。

hirado dog 5

台。
平戸ならではの繊細な絵付けです。

呉須の色や、絵付けの繊細さから
おそらく幕末、明治初期のものと思われます。
まだまだ、御用窯の本領を十分に発揮していた時代ですね。

後ろ姿。

hirado dog 6

血統の良い和犬の判断の一つは
尻尾が綺麗な弧を描いていることですが
この犬も、ちゃんとそのあたりを押えています。

hirado dog 7

置物の後ろ姿。

hirado dog 8

hirado dog 9

さらにアップ。

hirado dog 10

こうしてみると、平戸焼のひねり物がただの置物と違うのがお分かりいただけると思います。
造形の確かさだけでなく、そのつくりの細やかさ。
犬の毛並みをきちんと全身彫って表現しているのが見えますか?

hirado dog 11
hirado dog 12

ちなみに、この手の犬は掛け軸などにかかれていますね。
応挙などのものが有名だそうですが、どうも秋田犬の仔犬なのだとか。

私も昔柴犬を飼っていましたが、日本の犬はかわいいですね。
ちなみに、アメリカでもShiba-inu として、結構人気があるようです。
柴を散歩させているアメリカ人、得意げです

hirado dog 13

底。
穴がありますが、水滴ではないようです。
輸出用のペーパーウェイトだと思います。

hirado dog 14

平戸焼の完成度の高さが、目の利くイギリス人に愛されたのは道理です。
イギリス人の書斎を、きっと美しく飾ったことでしょう。

hirado dog 15




おまけ

ミシガンで飲茶。
NYやカリフォルニアの飲茶とは比べ物になりませんが
これなしでは生きていけないなぁ・・・・

dim sum 1

ごちそうさまでした。

ブログムラに参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Category: 平戸焼

tb 0 : cm 4   

コメント

こんにちはー

ポルトガル人と平戸武士が喧嘩をしなければ、、
オランダ商館がそのまま存続してれば、、、
その後、長崎港に代わって一大貿易拠点になり得たかもしれませんねえ。
隠れキリシタンなどの歴史もあり、確かに欧米人の興味を惹くものが沢山あるように思います。
ただ、現在平戸と聞くと思い浮かぶのは、綺麗な海と美味しい刺身くらいでしょうか。ネット時代ですから平戸市の皆さんには世界に向けてドンドン情報を発信して欲しいですね。

さて今回の記事は置物についてですが、そちらでも置物や根付は根強い人気があるのでしょうか?Ebayなど見ますと、お皿などに交じり結構な額の商品が並んでいるのを目にします。

私は、他はとても人様にお見せ出来るような物は持っていませんが、置物だけは所謂ミュージアムクオリティーの物を所有しております(笑)
本を読む唐子、太鼓を叩く唐子の2体です。本当は5人唐子のセットであったのだろうと推測していますが。。2体手の平に乗せてもまだ余るような小ぶりの物ですが、その精巧さにはうっとりします(●^○^●)江戸時代の作品でしょう。
地元の骨董商からしつこく売れと言われましたし、平戸の井元コレクションのオヤジさんからもせめて写真を撮らせろとせがまれましたし、プロの目から見てもいいものなんだろうと思います。

↑完全に自慢になっていますね(笑)

お見せ出来ないのが残念です!

唐子くん #JalddpaA | URL | 2015/06/05 16:59 [edit]

こんにちは!

ほぅ~、そうですか!
小さい唐子ちゃんの置物ですか!
もしかして、それは座ったら2センチとか3センチ、寝そべっても
5センチくらいの小さなもので、小さいのに妙に顔がきちんと
彫られたように精巧に造られたものじゃないですか?

以前長崎の骨董屋さんに、亀山に詳しい方を紹介してもらったとき
その方がお持ちになっていた小さい唐子で、ものすごく造りの細かい置物を
見せて頂きました。中島川近辺のカ〇タンさんから
購入したとおっしゃっていました。
似た様なもので、碁を打つ唐子がNYのメトロポリタンに
あるようです。連作の一部でしょうかね?

私は幕末頃の輸出平戸はたくさん持っていますが
国内むけのもので江戸時代に造られたものは
あまり見たことがありません。
わたしの自慢は人魚の置物ですが、これは精巧というより
話題性とか歴史背景がおもしろいというだけで
当然井元さんがお持ちの平戸の根付などとは比べ物にならないと思っています。
あの井元さんがそんなにおっしゃるなら
相当良いものなんでしょうね!

うらやましい~。

平戸焼って、なんか自慢せずにはいられないんですよね。
他の古伊万里なんかと違って、ワクワク感がありますv-10
小さいひねり物とかだと、もう見たりなでたりして、ウットリしてしまいます。
これはもう、立派なビョーキですね・・・・(笑)




Michnoski #- | URL | 2015/06/06 13:34 [edit]

唐子は両方共座っていて、縦4cmx横4cm位の物です。
その小さな唐子君達ですが、白磁の体に着物、その上にマントを羽織っています。マント、靴、袖口には鉄釉、着物には花模様の、髪の毛は松の葉模様の彫りと呉須が入っているという・・・
そして、太鼓を叩く手や本をめくる指一本まできちんと作りこまれている芸の細かさです!
目もばっちり入っていますよ!

この唐子は骨董商を営んでいる友人が熊本より手に入れてきてくれました。
オークションの最中だったのだろうと思いますが、写メを送りつけてきて「いる?」と聞くので「いる」と2秒で即決してしまいました!

井元さんは、お店で写メを沢山撮られていましたが、後ほど連絡がきて、保存を失敗したので写真を送って欲しいと。。A4でプリントして6,7枚ほどお送りしましたが、お店に飾ってあるのでしょうかね?(笑)

あー自慢が止まりません!

唐子くん #JalddpaA | URL | 2015/06/08 01:47 [edit]

へぇ~、マントですか!
珍しいですね!
っていうか、「いる?」っていうメールをくれた
友人さんに感謝ですね。
いるにきまっとろ~もん!!!

良い平戸焼き、どんどん自慢しちゃってください。
平戸のいいものが手に入ると、もう自慢せずには
いられないんですよね~。
あ~、ダメだ~、感じ悪い~とか思っても
止まらない(笑)。
平戸は、数も少ないので、いいものが手に入ると本当にラッキーなんですよね。

よく九谷とか瀬戸の細工物を、平戸とかで売っているのをみると
「オイオイ~」とか思っちゃいます・・・ダメだろ~、そんなウソついちゃ!

全国の平戸ファンは、ネットなどでどんどん平戸焼の自慢を
して、その素晴らしいさを広めてほしいと思います。
次回、井元美術館によったら、写真が飾ってあるか
チェックしてきますね~v-14

Michnoski #- | URL | 2015/06/08 08:51 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/68-3d381202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。