08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

何をのせよう・・・・(深川忠次・竜鳳錦手黄地皿) 

昨年と違い、特に華やいだこともなく、あっというまに3月が終わりつつあります。
遊びに行くところもあまりないミ〇ガン・ライフ。
う~む。
しかも、今日は雪が降っています。
これってどうよ?

おかげで、暇ができたらブログをアップしています。
3月はなんと、(こんなワタシも)かなりマメに更新できました。
月に4回もアップできるなんて、すごいぞ!ワタシ!

ふぅ~。
田舎暮らしはやっぱり合わないなぁ。
日本の田舎は、どんなところでもそれなりに歴史とか見るべきものがあるんでしょうけど
アメリカの歴史なんて、ボストンがどんなに頑張っても
所詮元禄伊万里の歴史には勝てんのですよ・・・・

まぁ、そんなため息ばかりの生活も、あと数ヶ月の辛抱!

今日は、久しぶりに深川製磁(初期)のチョコレートトレイなど紹介したいと思います。

fukagawa dragon 1

この龍と鳳凰シリーズ(黄色基調の)は、深川忠次時代のものでも
お気に入りの物で、実は結構コレクションしています。

以前紹介した竜鳳凰錦手黄地手付水差卵殻手デミタスカップ大正時代のティーカップなどなど。

これ以外にも、水差しとそろいのミルクピッチャーやお皿なども持っていて
骨董屋で見つけると、買わずにはいられません。

以前にも書きましたが、深川忠次は香蘭社から独立したあと
精力的に欧米、特に当時の新興国で羽振りの良かった米国に輸出していましたので
深川忠次時代の良きものは、アメリカからザクザク出てきます。
コレクターにとっては嬉しいことですね。

fukagawa dragon 2

一応私も深川のコレクターなのですが、この龍と鳳凰シリーズは
どうやら、深川製磁会社にとって特別なものではなかったのかな、と思えます。

というのも、龍と鳳凰の黄色基調のものは、裏銘がほとんど(古いもの・忠次時代に限りますが)
手描きなんです。

fukagawa dragon 3

どの作品も、手描きなのは当然ですが、この龍と鳳凰シリーズは
全体的に、ものすごく手が込んでいて
他の印判と手描きを合わせたデザインのものとは、
その手間にかなりの差がついているように思います。

ご覧ください、この龍。
素晴らしい絵付けです。

fukagawa dragon 4

鳳凰もいいですね。よく描けています。

fukagawa dragon 5

裏です。
お馴染みの富士流水ですが、手描きの銘になっています。
ちなみに、この忠次時代の銘は富士流水ではなく、縦長で深川製、と書いています。
みな判を押したようにおなじ書体なのに、この龍と鳳凰シリーズは例外的に
手描きの銘なんです。

fukagawa dragon 6


fukagawa dragon 7

さて、深皿なのでなにを入れようかな。
これってやっぱり、チョコレートトレーですよね。

fukagawa dragon 8

というわけで、大好きなギラデリ(英語の発音はジラデリ)チョコレートをのせて見ました。

懐かしいサンフランシスコの味!
でも全米どこででも買えますけどね(テヘ)

fukagawa dragon 10

余談ですが、先日友人からゴディヴァのチョコレートをもらったので
食べ比べてみました。

はっきりいって、味はあんまり変わりませんね。
ゴディヴァは箱代にお金でもかけているのでしょうか・・・・
どちらもおいしいチョコレートですが、コスパの面から言うと
アメリカ製に軍配が上がると思います。

一概にアメリカのお菓子はまずいと言われがちですが
そんなことはないと思います。先入観の問題もあるのかもしれません。

fukagawa dragon 11

そして・・・・

チョコレートだけでは飽き足らず、ディアボーンにいって
中東スイーツを買って、並べてみました。

fukagawa dragon 12

一つ一つ説明したいところですが、名前がわからない・・・・

向かって左のものは、英語でBird nestといいます。
ナッツとはちみつかふんだんに入っておいしい~!

fukagawa dragon 13

他の二つも、味は似たりよったりです。
でも、食感とか微妙に変わっていたりして、とてもおいしいですよ。
さすが世界三大美食の一つですね。

最近は中東情勢も混乱しているため、中東に対するイメージの悪化は避けられません。
でも、それはそれ。
中東には、メソポタミア時代から続く素晴らしい文化がある、ということを
忘れて欲しくありません。

あれ?
歴史のない北米の街で中東4000年の歴史に思いを馳せたりして・・・

fukagawa dragon 9

中西部の生活も、悪いことばかりじゃないってことかな。


にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Related Entries

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 0   

Comments

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/64-39efdfef
Use trackback on this entry.