06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

香蘭社 色絵黒外濃竹林七賢人図花瓶(明治後期) 

Famille という言葉をご存知でしょうか?

中国の清の時代に流行った、エナメルで塗りこんだ素地に
絵をつける食器などのことです。
この手法は清王朝初期の康熙(四代目の皇帝)時代から始まり、
清時代を通して非常に人気がありました。

皇帝の色である黄色のfamilleも素晴らしいのですが、
ノワール(黒)もまた非常に人気があったようです。
以前紹介した皇帝の器でもノワールの花瓶は抜群の美しさでした。

さて、そんな中国陶磁器の専売特許のようなノワールですが
日本でも明治時代にそれを模したものが造られました。

今日紹介するのは、香蘭社が清時代にはやったfamille noire にならい造った、
中国の故事をモチーフにした、美しい艶のある色絵の花瓶です。

fukagawa noire 1

モチーフは、竹林の七賢。

阮籍、嵆康、山濤、劉伶、阮咸、向秀、王戎の七人。
三国時代(魏)に清談した賢者のことですね。
3世紀のことなので、日本で言うと邪馬台国があった頃の話です。

各人、いろいろな説話がありますが、こうやって見ると
誰がだれなんだか・・・・?

これはたぶんリーダー格の阮籍?
白眼視、という言葉で有名ですね。
嫌いな人には白眼、好きな人には青眼で
対応したという人です。

ん?これは青眼での対応のようですね。
機嫌もよさそうです。

fukagawa noire 2

稚児に琴を持たせています。

fukagawa noire 3

さて、明治時代の有田や瀬戸の陶磁器産業は開国した日本にとって
外貨を稼ぐのに重要な産業の一つでした。

西欧の市場で成功するためには、まず日本の陶磁器の質の高さを
証明しなければならなかったのですが
手っ取り早い方法として、当時西洋で国の発展と文明の高さを競い合った
万博に、有田や瀬戸の名工たちは腕を競って
素晴らしい作品を出品したのでした。

fukagawa noire 4

当時香蘭社を率いたのは、深川栄左衛門とその長男。

この時代の深川・香蘭社は、万博で数々の賞を受けるのですが
当時の香蘭社の作品は、有田に限らず、三川内などからも手を借りて
生産地にこだわることなく、質の高さのみにこだわっていたようです。

質の高さが求められた美術工芸の国際市場にあって
西洋に売り込もうとした香蘭社の優れた作品は、
当然ながらいつの時代でも磁器工芸の粋を極めた
中国のものから大きな影響を受けていました。

こうした自然の成り行きとして、当時大人気のチャイナのノワールを
模したものを造ったのも頷けます。

fukagawa noire 5

万博における苛烈な競争のせいもあってか、
こうやってみても、明治後期の香蘭社の作品は、
その技術や質の高さが
他の時代と比べても特に際立っているように思います。

fukagawa noire 6

豪華絢爛ですね~。

fukagawa noire 7

このノワールの花瓶ですが、以前紹介したように
欧米の倣い(?)として、ランプの台に作り変えられていました。

仕方がないので、さるアメリカ人の骨董商に頼んで
もとの状態に戻してもらいました。

fukagawa noire 8

骨董商曰く、出来上がったものをなじみのお客さん達(アメリカ人)に見せたら、
大いに褒められ
”すごい!こんな花瓶をもし手に入れたら連絡してくれ!”と
言われたそうです。

明治の香蘭社の作品は、今日の欧米人の目にも
素晴らしい美術工芸品として映るのですね~。

fukagawa noire 9

余談ですが、アメリカ人にも深川・香蘭社のファンは多くいます。

この日訪れた骨董屋さんにも、コレクターから預かった
明治時代の深川製磁の花瓶が、修理棚に置かれていました。

骨董やさん曰く、深川・香蘭社しか集めない収集家もいるのだそうです。

fukagawa noire 10

明治時代後期のものと思われる香蘭社のマークですね。
 Orchard です。
 
fukagawa noire 11

どうです?この艶の美しさ・・・・

ため息がでます・・・

fukagawa noire 12

有田の歴史は日本の陶磁器の歴史でもありますが
その長い歴史の中でも、最も花開いた時代は
元禄時代と明治時代であったと思います。

どちらも国際市場において、有田が交易の場で大いに奮い
外貨や海外からの輸入品をを稼いだ時期でありました。

fukagawa noire 13

陶磁器の繁栄期を見て、興味深いなと思うことは
こういう美術工芸品の最盛期というのは
当然ながら、歴史の中でも文化・文明が最も花開いた
時代と重なっていることです。

近代のテクノロジーの進歩と異なり、
時代が進むほど、比例して質が上がるわけでなく
その時代がいかに活気にあふれていたかどうかによって
作品の質も上がったり、下がったりするわけです。
おもしろいですね~。

fukagawa noire 14

同じ有田のものでも、深川栄左衛門が幕末にイギリスに売り込んだ作品と
明治後期の作品では、その質が全く異なります。
たかが30年くらいのものなんでしょうけどね・・・


やっぱり香蘭社の作品は良いですね~
心惹かれます。


ブログ村に参加しています。
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Category: オールド香蘭社

tb 0 : cm 2   

コメント

こんにちは~

勉強になりましたv-510
明治よりは幕末の作品群の方が質が高いと単純に考えていたのですが、
全てがそれに当てはまる訳ではなかったのですね~

七賢人の絵が素晴らしく繊細です!
輸出物は完品で質の高い物が多いですね。

羨ましいですv-10


唐子くん #6svPciqE | URL | 2014/06/09 02:12 [edit]

唐子くん様

おはようございます!
お褒め頂いて嬉しいです。v-14

そうですね~。
好みの問題もあるのかもしれませんが
幕末・明治初期の作品は活力があるのに対し、
明治後期の作品は非常に洗練されているように思います。
これもマイセンなどの西洋磁器やチャイナと競争したためでしょうね。

あくまで個人的な感想ですが、日本国内で見かける
この時代の香蘭社・深川の作品よりも
海外でみかけるものは質が高いように思います。
これも外貨を稼ぐため、当然のことだったのでしょうかね?

香蘭社の作品、好きだなぁ~v-10

Michnoski #- | URL | 2014/06/09 05:16 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/49-553a49c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。