06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

柴田コレクションでティータイム 

佐賀県有田町にある九州陶磁文化館は、かの柴田コレクションを所蔵している
古伊万里を多数扱う博物館です。

ここの古伊万里のコレクションは圧巻!の一言なのですが、あこがれの柴コレを見学したら
二階にあるティールームで、柴コレでお茶でもどうですか?


実は九州陶磁文化館の二階のティールームでは、柴田コレクションの姉妹品で
コーヒーやケーキが出てくるのですよ。
もちろんレプリカではありませぬ。

今回は、まずコーヒーを蕎麦猪口で頂きました。
1780年から1800年の間に造られたという、染付松岩文猪口です。

kyushu ceramic 1

こうしてみると、蕎麦猪口っていろんな用途がありますね。
コーヒーは容量もたっぷり、そして手に持つとなんともなじんで
ひときわおいしく感じます。

kyushu ceramic 2

チョコレートのトルテを頂きました。
こちらは、染付仙芝祝寿文小皿です。
お正月前でしたが、おめでたいですね。
ケーキの味はまぁ、それなり。

kyushu ceramic 3

コーヒーやケーキと一緒に、使用している皿や猪口の説明書がついてきます。

これを読みながら柴コレで頂くコーヒーは格別。
なんという贅沢(!)でしょう。

kyushu ceramic 4

ここで柴コレでお茶ができることは案外知られていないようです。
私も九州陶磁文化館には何度も来ましたが、この喫茶室を使うのは初めてでした。

kyushu ceramic 5

もし知らない方がいらっしゃったら、もったいない!と思い、
紹介も兼ねてブログに載せることにしました。
古伊万里ファンの方には是非知ってもらいたいなぁ。

この説明書を熱心に読んでいたツレが、”よし!そういうことなら(←なにが?)
ケーキをもう一個食べよう!”と、言い出しまして・・・

???と思っていると、どうしてもこのコレクションにある染付栗文栗形皿を
手に取りたいのだそうです。

・・・というわけで、カフェで接客されている方にお願いして
このお皿でケーキを持ってきてもらうことに。

kyushu ceramic 6

宇治金時抹茶ロールを柴コレで・・・・
ううーむ。ウマイ。

kyushu ceramic 7

1660年ごろの物だそうですが、造形、絵付けともにさすが!です。
この頃の古伊万里のレベルの高さときたら・・・・

まるで昨日作られたような美しさなのですよ。

kyushu ceramic 8

抹茶のクリームがついてしまいました・・・

kyushu ceramic 9

裏には角福の銘が・・・・

皆さんも、九州に陶磁器を巡る旅行に行かれる際は是非、九州陶磁文化館へお寄りください。
柴コレをみたら、是非二階でお茶もどうぞ!
(当サイトは九州陶磁文化館とは関係ありません、念のため)


~おまけ~

冬の日本はやっぱり良いですね。
夏の里帰りよりも。10倍楽しめます。

今回は、嬉野でお風呂にはいり(ここのお湯はスゴイ美肌の湯です!)、
その後三川内焼伝統産業会館で古平戸焼を堪能し(ここの古平戸焼のコレクションも良いですよ)
柴田コレクションを見学しました。

焼き物ファンには九州はたまらないところでしょう。

今回は長崎へも足をのばしました。

長崎は本当に綺麗な街です。


kyushu ceramic 10

長崎湾を望む出島ワーフでランチ。

kyushu ceramic 11

お約束のトルコライス。

でも、トルコライスは市内の名店で食べるほうがよいかも・・・・

kyushu ceramic 12

長崎市内を流れる中島川。
有名な眼鏡橋があるところです。
この辺りには骨董屋が点在していて、散策していても楽しいですよ。

kyushu ceramic 13


kyushu ceramic 15

楽しい冬休みでした・・・

kyushu ceramic 16

ブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Category: 旅行記

tb 0 : cm 4   

コメント

Michnoskiさま、今回の更新は早かったですね。
九州陶磁文化館はティールームでコーヒーやケーキがいただけるのですね。
私が数年前に伺った時はティールームは無かったと思います。
それも古伊万里の器で、すごく良い企画だと感じます。
特に蕎麦猪口はコーヒー碗に使えますよね。
我が家でも江戸後期~幕末の伊万里の器で食事をしています。
もちろん、コーヒーは蕎麦猪口でいただきます。

kahohira #- | URL | 2014/02/22 00:49 [edit]

Michnoskiさん

長崎は美しい所なのですね。写真が一つ一つ絵になり素敵です。
勿論、写す人のセンスが良いからですが。

九州陶磁文化館は、いつか行ってみたいと思っていますが、その時には是非ティールームで一服することにします。

ココペリ77 #- | URL | 2014/02/22 06:43 [edit]

Kahohira様、

更新、珍しく早かったのはきっと罪悪感があったからでしょうか(笑)
写真が既にパソコンに入っているとアップしやすいのですが
写真を撮るところからだと、ついつい時間がかかってしまいます。
軽~い旅行記ならアップしやすいんですが・・・

九州陶磁文化館のティールーム、お薦めですよ。
古伊万里で飲むコーヒー、としか書いていないので
まさか柴田コレクションの古伊万里とはみなさん思わないようです。
次回佐賀へ行かれる時は是非二階にもお立ち寄りください。
でも、実は深川製磁会社のあるチャイナオンザパークの忠次館の
ティールームも結構いいんですよね~

Michnoski #- | URL | 2014/02/22 19:02 [edit]

ココペリさん、

お久しぶりですね。コメントありがとうございます。

九州は焼き物ファンには見所が一杯ですよ。特に
伊万里、有田、三川内、波佐見はそれぞれに焼き物博物館があります。
(ほとんど無料ですよ。)
毎回里帰りの折には毎回この辺りでシッカリ勉強して
オークションに備えます(笑)
お時間があったらぜひ九州にもいらしてくださいね~。

Michnoski #- | URL | 2014/02/22 19:10 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/42-f5461525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。