08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

輸出明治有田・魚形皿(青木兄弟商会) 

あっという間に10月も終わりに近づきました。
もうすぐハロウィーンですね。
我が家は子供のハロウィーンの衣装作りに追われています。
今年は娘は狼少女(?)になるそうで、ナゼ?と思っていたら
おおかみこどものゆきとあめ、という日本の映画を観たからなのだそうです。
完成しつつある衣装は狼男なんですがねぇ・・・・
ハロウィーン当日怒ること間違いなし・・・

さて、10月も終わりと思うと焦りを感じます。
大学の中間テストも終わり、やれやれ・・・なのですが
今月もあんまりブログをアップできていませんね・・・
定期的にブログを覗いてくださる方がいらっしゃると思うと心苦しいです。
ページを開けても、いつも同じ写真が出てくるとそのうち来てもらえなくなるかも?

というわけで、輸出有田の皿をアップしてお茶を濁すことにしました。

Fish plate 1

ベロ藍が鮮やかな明治の輸出有田です。
海外で人気の魚形皿です。
以前ブログで紹介した染付魚形皿がありましたが、今回はスタンダードな一枚を紹介したいと思います。

Fish plate 2

鱗は金で縁取られなかなか凝っています。
細部も丁寧に色がつけられています。

かなり大きい皿ですが、刺身でも盛ったらよいのかな?

Fish plate 3

Fish plate 4

このベロ藍は好みが分かれるところでしょう・・

Fish plate 6

裏は明治時代に会社を興した青木兄弟商会の銘が入っています。
青木兄弟商会は青木甚一郎が明治三十二年に設立した会社ですが、当時は
香蘭社に次ぐ有田を代表する会社だったそうです。
明治時代有田陶磁器を欧米に輸出しました。

Fish plate 7

角に青の銘はこの会社設立時に使用したものです。

Fish plate 8

この皿がほしかった理由は、以前も取り上げたアメリカの古伊万里収集家ナンシー・シファーの本
Japanese Porcelain に載っていたからでした。

背表紙の皿を見ながら、こんなの買えたらいいなぁ、とか思っていたわけです。

あれから6ヶ月、意外と早く購入することができました。
値段もそう高くなく買えて、めでたしめでたし。

Fish plate 9

まぁ、ナンシー・シファー氏が所有している皿のほうが出来は一枚上なんですけど。
ニアピン賞ということで・・・

Fish plate 10

次回はもうちょっと面白いものをお見せします!

ブログ村に参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
Related Entries

Category: 古伊万里

tb 0 : cm 2   

Comments

こんにちは。

Michnoski さん

ハロウィーンも真近ですね。子供さん達の仮装姿、可愛いでしょうね!!

魚のお皿、これも初めて見ました。顔の方にも金色で鱗模様が
描かれているのですね。

本の写真よりも、ちょっと上向きにした最後の写真の方が、魚の表情が豊かで
活き活きとして見えます。ディスプレーセンスの良さを感じます。^^

ココペリ77 #- | URL | 2013/10/28 07:54 [edit]

ココペリさん、

コメントありがとうございます。

そうですね、日本では魚形の皿はあまり見かけませんね。
この派手な造りはいかにも外国人むけなのかも・・・

最後の写真ですが、皿が大きすぎて皿立てにうまく乗らないので
苦肉の策として斜めに飾ってみました・・・・v-12
落ちそうで怖いんですけど・・・・

こちらはハロウィーン一色です。
そろそろカボチャランタンを作らないといけません・・・
カボチャの種のローストよりも本当はゆっくり
パンとチーズとおいしいワインで秋の夜長を楽しみたいんですが・・・
やっぱり無理かな・・・v-14

Michnoski #- | URL | 2013/10/28 18:15 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/35-2de3124f
Use trackback on this entry.