06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

柴田コレクションの魅力 ~染付窓絵山水牡丹唐草文水差~ 

あっという間に9月も終わりですね。
この秋学期は大学で教えているため、毎日多忙な日々です。
ブログもなかなか更新できません・・・むむ。
東アジア美術史陶磁器について、とかのコースだと教えていて楽しいんでしょうけど。
趣味と仕事を兼ねるのは現実ではむずかしいもんですね。

さて、皆さんのブログを覗いて見ると本当に良いものをお持ちの方が多いですね。
特に柴田コレクションの物をお持ちの方が案外沢山いらっしゃるのでビックリです。

私も里帰りのたびに佐賀まで足を運び、柴田コレクションを見に行きます。
前回の里帰りではついに柴コレの本を全部買ってしまいました。

shibata9.jpg

最近は骨董は海外で買うほうが安いことが多いとわかり
日本での買い物は専らこういう本ばっかりです。
(骨董屋のみなさん、ごめんなさい)

さて、この柴田コレクションの本を見たり、ブロガーの方が持っている柴コレのお皿などを
眺めたりしているうちに、自分もなにか一つくらいは柴コレがほしい!と思い始めました。
そうはいってもここは日本ではありませんので、国内向けに生産されたものが多い柴コレと
同じものを集めるのは無理です・・・

そばちょこ?そんなものはこちらの骨董屋にはなかなか置いてありません。

が、そんなある日手に入れてしまいました!
柴コレの本に載っている水注をついに買ってしまいました。

それがこれです。
shibata2.jpg

正式には染付窓絵山水牡丹唐草文水差というのだそうです。
元禄期あたりの輸出伊万里なのだそうです。

shibata8.jpg

柴田コレクションの第二集に載っていました。(ワーイ)
ページを開けると・・・

shibata7.jpg

おおおおおお・・・・・!

shibata3.jpg

っていうか、そもそも初めてこの水注を見たとき、なんかどこかで見たナァ、
と思っていたんですが、夏の里帰りの時の写真を見ていたら

偶然にも・・・

shibata10.jpg

佐賀県立陶磁器文化館で柴田コレクションを見ていたときに写真に撮っていたのでした。

全くの偶然ですね。

この日は6枚くらいしか撮っていないので、なんとなくこの水注に
心惹かれたのかもしれませんね。
まぁそういうわけで、あの日博物館で見たものと同じものが家へやってきました。

いらっしゃいませ。

shibata4.jpg

これに関してはあまり説明はいらないと思います。

造られたのは1670年から1690年代頃だそうです。
元禄伊万里と呼んで間違いは無いと思います。
300年以上昔の物とは・・・古いですね。

絵付けも見事です。
初めて手に取ったときはさすがにため息が出ました。

呉須はこの時代特有の濃い藍です。
表面はつやつやしていて、幕末などの
新しい伊万里よりもよっぽど新しく見えます。
そして非常に洗練されていると思います。

ちなみに本の写真と呉須の発色が異なると思われるかもしれません。
佐賀でみた実物は私の持つものとほぼ同じ発色だと思います。

秀逸です・・・

この水注の出所はもちろんオランダです。
実はオランダにはこの時代の輸出伊万里が結構あります。
こういうものを専門に扱う骨董屋もいます。
まぁそうはいっても大抵のディーラーは時代などは良くわかってはいないようですけど。

それにしても、通常ヨーロッパへの輸出物はチャイナにしても
国内向けと比べると質が劣る場合が多いのですが
この水注の端麗な絵付けを見ていると、いかに元禄時代の伊万里が
他のどの時代と比べても優れていたかがわかります。

残念ながら、佐賀の柴田コレクションの物と同様、私のものも
取っ手の部分が壊れて修理してあります。
まぁ300年ものなので仕方ないですね。
この取っ手が完璧だと当然値段もぐんと跳ね上がります・・・
この辺が貧乏コレクターの悲しいところです。

shibata6.jpg

最後に、もう一つの輸出伊万里と記念撮影です。

ハイ、チーズ。

shibata5.jpg

右側の輸出伊万里(芙蓉手)のほうが時代がちょっと下がると思いますけど
まぁ、お仲間ということで良しとしましょう。

~おまけ~

中秋の名月、みなさんはいかが過ごされましたか?

私の例のマイ・イマリの皿にだんごをのせ・・・・・たかったんですが
ここでは団子などは買えませんし、忙しくて作るのもチョット・・・・

というわけで、月餅をのせてお祝いをしましたよ。

shibata1.jpg

松の実が入っていたり、中にはガチョウの卵の黄身が入っているものもあります。
お味のほうは、おいしいというよりは・・・・重たいんですよね。

ちなみにBBCによると(CNNだったかな)、韓国では中秋の名月にスパムを
送りあうのだとか・・・

ウソー?と思った方、本当ですよ。なんでスパムなんでしょうね????
リポーターもビックリしてましたけど。

shibata.jpg

最後の一枚は意味はありません。
私の住む某国にはおいしいケーキ屋があんまりないのですが、
ここのは日本のものに近い?
甘さも控えめでおいしかったですよ。フランスのカフェをモチーフにしたのだとか・・・

こういうケーキがどんな田舎でも買える日本はやっぱりすごい国です・・・

ブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Category: 古伊万里

tb 0 : cm 4   

コメント

Michnoski さん

素敵な水差ですね。絵付け、色合い、器形どれも素晴らしい。

日頃から良い物をよく見て、資料を調べてられているから逸品に出会った時に
購入の決断が出来るのでしょうね。

柴田コレクションなどは、雲の上の話と思っているのでコメントは出来ませんが、
常々一度は観に行きたいと思っています。

ココペリ778 #- | URL | 2013/10/01 20:11 [edit]

Michnoski さん ,こんばんは。
輸出用元禄伊万里ですね、ヤフオクでは出品はないように思います。
私は古九谷・藍九谷を少し購入しています、藍柿は贋作が多いようで手を出していません。
古伊万里は中国伊万里製の贋作が多くて値崩れしていますので本歌伊万里
は狙い目でしょうね。

kahohira #- | URL | 2013/10/02 02:07 [edit]

ココペリ779さん

コメントありがとうございます。
元禄伊万里、噂には聞いていましたが
手にとって見てビックリ!の品質でした。
今日の技術をもってしてもこれだけのものを
つくれるのか疑問ですv-14

柴コレの本を買って一生懸命勉強しているというと
聞こえは良いですが、実は単に贋物を掴まされたくない、という
一心なんですよ・・・
この貧乏性が勉強に励む秘訣(?)なのかもしれませんv-14

Michnoski #- | URL | 2013/10/02 10:49 [edit]

kahohiraさん

輸出元禄伊万里はイーベイでたま~に出てきます。
でもオランダの伊万里専門のディーラーはちゃんと
値打ちだけは知っているようで、お値段も結構します。
(でも買えない値段ではありませんよ。日本で買える
元禄物のそばちょことかよりは安いと思います。)

これはご覧の通り、取ってが修繕されているので安くなっていたようです。
それにしても現代の修理の技術の低いこと・・・・本体の部分と
取っ手の質は雲泥の差です・・・

中国製の贋物伊万里と鍋島、ネットオークションで多いですね。
贋物とはいえ、質が高いものが多いのは困ったもんですね。
私も鍋島には一切手をだしません・・・(←過去に痛い目にあった)
伊万里は・・・アメリカやイギリスのオールドマネーの土地からの
ものであれば本物が多いので買おうかな、と思いますが・・
でも、本当は伊万里でなく平戸にお金を使いたいんですよねぇ。

Michnoski #- | URL | 2013/10/02 10:56 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/32-77b9bf44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。