06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

竜鳳錦手黄地龍手付水差~深川忠次の図案帳其の三~ 

先日の平戸焼と龍つながりで紹介するのは、深川忠次の竜鳳錦手黄地龍手付水差です。

Fukagawa dragon 1

以前紹介した深川忠次の図案帳に載っているものです。

Fukagawa dragon 12

見つかりましたか? 

Fukagawa dragon 13

図案帳の色を忠実に再現しています。

Fukagawa dragon 2

この竜の絵は、中華皇帝の有名な竜を模したものだそうです。
本物はルーブルにあるのだとか・・・

これは深川忠次が描いたものなので、爪は4本です。
Fukagawa dragon 3

中国では、龍は皇帝の、鳳凰は皇后のシンボルなのだそうです。
ちなみに、西太后がかつて北京から奉天まで乗った貴賓車の名前は鳳凰号と言ったそうです。

Fukagawa dragon 4

龍の顔をみて、おや、と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
いわゆる日本人になじみのある龍は狩野派が描くような鋭い眼をした龍です。

深川製磁が昨今、この水差しを同じデザインのままビアジョッキに変えて
復刻版として販売しています。
この復刻版では、龍の顔だけ和風です。

中国美術における龍の顔は、概ねこういった丸い眼が多いように思います。
日本人から見ると、なんとなくユーモラスですよね。

Fukagawa dragon 5

取っ手にも、龍が取り付けられています。
凝った造りになっています。

Fukagawa dragon 6

縁の部分にも形押しで模様が入り、色も変えてあります。
復刻版はここまで凝っておりません。

Fukagawa dragon 8

裏を見ると・・・・
底がへこまないように二重高台になっています。
底にまで雲が描かれています。
気合が入っていますね。

Fukagawa dragon 9

銘はわざわざ書かれたものです。
深川忠次時代の銘は普通印字のように同じものなのですが、これだけは当時のものなのに
銘が手書きです。同じ富士流水ではありますが・・・

察するに、これはディスプレイ用かあるいは見本用だったのかもしれません。

受注が少なかったのでしょうか?
あまり市場で見かけないところをみると、大量生産はしていなかったのかも・・・

Fukagawa dragon 10

深川製磁会社製のマグカップ(普通の大きさです)と並べてみました。
このビアジョッキ、もとい水差し、どれだけ巨大かお解りいただけますか??

持ち上げるのに百年、飲むのに千年、下ろすのに万年かかりそうな(笑)重さなんです。
筋肉がつきますよ、これは。

それにしても、これは水差しなのでしょうか、それともビアジョッキなのでしょうか?
昔、ドイツのミュンヘンのビアホールで出てきた巨大ジョッキを思い出しました。
あっちの人たち(こっちの人たちもですけど)、飲むのも食べるのも、サイズが大きいんですよね。

Fukagawa dragon 11

今年の夏、里帰りの折に西有田の深川製磁会社の経営するチャイナオンザパークに行ってきました。

ここは深川製磁のアウトレットが併設されていますが、丘をのぼると瀟洒な建物が見えます。
ここ忠次館には、深川忠次時代の復刻版の商品や彼の時代の作品や愛用品が展示されています。

二階はカフェになっており、深川製磁の皿やカップでコーヒーやケーキを頂くことができます。

この忠次館で、過去に深川製磁が行った展示会のパンフレットを購入しました。

Fukagawa dragon 15

おなじみ深川忠次の図案帳や忠次時代の素晴らしい作品、皇室献上の品々を紹介した内容に
なっています。

Fukagawa dragon 16

ここにも、この水差の図案がありましたよ。

ナンシーシファーの本と記念撮影。パチリ。

Fukagawa dragon 14

最後に、購入先はテキサスでした。
復刻版よりも安い値段でゲットしたりして・・・

なぜかわかりませんが、アメリカ南部にはオールド深川製磁やオールド香蘭社の良いものが
沢山あるようです。
ミシシッピ河口の港付近の街からは、良い品々が安い値段で売られていたりします。
こういうことは、NYやニューイングランドの骨董屋ではありえません。
案外、南部も骨董ハンティングに適しているのかも・・・・

Fukagawa dragon 7

先日から深川忠次の父親の栄左衛門の作品を紹介してきましたが、彼の才能を受け継いだのは
香蘭社を後継した長男ではなくて、この次男坊だったのかもしれませんね。

まぁこの親子、只者でないことだけは確かだったようです・・・


ブログ村に参加しています。
よろしければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 8   

コメント

本当に大きいですね!
注ぎ口がちゃんとあるということは、やはり水差しなんでしょうね。
ビールは種類によってグラスの形も変わってきますし・・・

復刻版でこの柄をみたことはありますが、やはりオリジナルの方が格段に良いように思います。会社としての力の入れ方が違うのかもしれませんね。

R.I. #- | URL | 2013/08/24 11:03 [edit]

R.I.さん、

そうなんですよ。復刻版は黄色が強すぎて
イマイチ品がないんですよね~
あと緑も色が渋くないと思います。
(でも一つくらい手元に置いてビールを飲んでみたいけど・・)

仰るとおりビアジョッキではなくて水差しだと思います。
種類によってビールの器が変わるとは、なかなか鋭いご指摘ですね。v-14
今の深川製磁や香蘭社も良いですが、明治の頃は
本当に趣のある良いものをつくってましたよね?

Michnoski #- | URL | 2013/08/24 17:26 [edit]

あ、ビールグラスについては、ドイツに住んでいるので日常生活で始終、いろんなビアグラスを目にするんですよ〜。各地に地ビールとそれに適したグラスのある国ですから(笑)。

仰るとおり、どちらの会社も昔のものの方が今の製品よりも更に良品だと思います。
それってやはり時代精神もあるのでは?と思います。
ドイツでは、日本の輸出用陶磁器に関してはあまり良い物が出ないのですが、恐らくは安く売られたんだろうなあ、というような二級・三級品でも、それなりに手がかかっていますから。
細かく手で絵付けされていたりね。

今ではそんな事をしていては人件費との兼ね合いでとても採算が取れないんだと思いますが、深川や香蘭社の復刻版磁器でも、可能な部分は転写と手描きを組みあわせたりすることもあるみたいです・・・

R.I. #- | URL | 2013/08/25 14:57 [edit]

R.I.さん、

そうでしたね!ドイツ人のビールに対するコダワリ、半端じゃないですね~。
ちなみに私はビールに一番あうのはニュルンベルグのブラートヴルストだと
思っているのですが、やっぱりそれぞれの土地の人たちはおらが村のものが
一番!と思っているのでしょうか?いろんな種類のビールにあういろんな
ソーセージのあるドイツ、本当に魅力的な国ですね。

ドイツに明治有田・伊万里が少ない理由はおそらく・・・
マイセンの供給があったこと、ドイツに輸出しやすい港がなかったこと
そして一番の理由は、19世紀後半の世界経済の中心は
植民地のおかげで栄えていたイギリスと新興国アメリカだったため
自然この二つの国に市場が集中していたからだと思います。
イギリスもウェッジウッドやロイヤルダービーが供給し始めると有田の
輸出は減少したように思います。
20世紀に入ると、植民地経営の悪化、度重なる戦争も手伝って
輸出はぐんと減ったようです。
今日イギリスで見つかる良質の有田は明治後期・大正がほとんどです。
でも、この頃のものはたとえ二級品でも手が込んでいるんですよね~。
骨董屋でみつけるとついつい買ってしまいます・・・あう~v-12


Michnoski #- | URL | 2013/08/26 11:47 [edit]

そうですそうです、オラが村のビールさ一番! と思っています(笑)。>ドイツ人
反対に、つまみにはそんなにこだわっていないような・・・肉!!とか脂肪分!!!とかその系統なら文句なし、っていう感じでしょうか。

仰るとおり、私も良質の日本製輸出用陶磁器は大概イギリスから買いました。
あと、時々フランスから良い物が出るのは、やはりジャポニズムが流行したお国柄でしょうね。

アメリカはやはり、日本との繫がりが深いですよね〜。
でもEU外から何か取り寄せると、税関まで取りに行かなければならず、しかもうちの近辺では車でしか行けないような所なので(免許なし)、アメリカのネットオークションに素敵なものが出ているのを指をくわえて見ている状態です・・・(涙)

ちなみにドイツでは、名陶の良い物が時々出るんですよ。
ドイツの会社と提携していたみたいなんですよね。
まあただし、こちらは和風じゃなくて、ノリタケ系の洋風食器ですが。

R.I. #- | URL | 2013/08/26 14:37 [edit]

名陶ですか~!?
知りませんでした。でも瀬戸物とドイツ陶磁器の関係は聞けばなんとなく
納得ですね。
私はマイセンの柿右衛門様式のお皿が一枚欲しいのですが
値段がねぇ・・・(涙)

次回は香蘭社の珍品(というかヘンなもの)を紹介したいと思います。
乞うご期待~v-14

Michnoski #- | URL | 2013/08/27 10:58 [edit]

おはようございます。

中国柄の龍の表情がなかなか良いですね。
少し深川風に洗練されている所も素敵です。

図案集や写真集に載って居るものと同じ品をゲットできるなんて、羨ましいです。

北東部、北西部だけではなくテキサスやルイジアナまでテレトリーに入っているのですか?
そろそろ専門の研究分野が増えそうじゃないですか!^^♪  期待しています。

ココペリ778 #- | URL | 2013/08/29 07:04 [edit]

この水差しもたまたま手に入ったんですよ~。
出品されてすぐに見つけて買ったはラッキーでした。
運命を感じますv-10

アメリカ南部のほうから深川の良いものが出てくるのは
おそらくオイルマネーで潤っていた時代のせいではないでしょうか?
映画のThere will be bloodのように、当時はテキサスやメキシコ湾一帯は
明治時代の筑豊のような(?)ギャンブラーたちが一攫千金を夢見た
アメリカンドリームを体現したような時代だったので・・・
いつも思うのですが、才能ある資本家や投資家は、トルネードウォッチャーのようにお金が竜巻のごとく現れるところを見定めてそれを追いかけながら
ビジネスをするのかもしれませんね。深川忠次もきっと南部のオイルマネーを
追いかけたのかな、と水差しを見ながら思ったりして・・・・

南部の研究ですか~?ニューオーリンズの食文化だけなら(笑)

Michnoski #- | URL | 2013/08/29 17:41 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/29-8066c6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。