06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

深川栄左衛門と香蘭社~色絵龍鳳凰菊牡丹花透彫輪繋文皿~ 

先日から深川栄左衛門のものが続いています。

これまでは深川(栄左衛門窯)製のものを紹介してきました。

ご覧の通り、稀代の貿易商である深川栄左衛門の窯で造られた器は
彼の元で働く職人達が確かな技術や高い質を誇ったことを証明しています。
深川窯に限らず、明治初期の有田の窯元には優秀な職人が沢山いました。
この頃になると、有田黒牟田の窯元もまた大皿などで良い作品を沢山残しています。

さて、深川栄左衛門が出島貿易鑑札の件で佐賀藩に直訴した後
有田の同志達と共に合本組織である香蘭社を設立します。

1879年のことです。

メンバーは深海墨之介と竹治兄弟、陶器商人の手塚亀之助、禁裏御用達の辻勝蔵。
優れた商人と有田の名工を集めた香蘭社は、当然ながらその初期に秀逸な作品を
沢山造り海外へ輸出しました。

今日紹介するのはこちら。
龍,鳳凰と牡丹および菊花を描いた透かし彫り輪繋文の皿です。

Koransha reticulated 1

鳳凰と・・・

Koransha reticulated 2

窓絵に龍が・・・

Koransha reticulated 3

鳳凰が誘われているのは百花の王、牡丹です。
青と赤に金縁がとられて美しいですね。

Koransha reticulated 5

近影です。
素晴らしい職人技です。

Koransha reticulated 6

さて、明治時代イギリスやアメリカに数多くのものを輸出した香蘭社ですが、
この輪繋文の皿はあまり見かけません。というか、これが初めてでした。

この透かし彫りの輪繋もよく見ると凝っています。

Koransha reticulated 7

輪の部分に金で龍と扇子の絵が交互に描かれています。

Koransha reticulated 8

この輪繋文の皿ですが、古くは有田の酒井田柿右衛門がこのような皿を造っていたと
記録にあります。柴田コレクションでもおなじみですね。

この手の透かし彫りの皿は、幕末前までは有田でも珍しいものだったようです。
透かし彫りをするのに必要な天草陶石の入手が不可欠だったからだと思います。
輪繋文は他でも造られますが、輪の線の部分が鋭利かどうかは陶石の質が大きく問われるようです。

珍しかった輪繋文が有田の絵をつけて多く現れるのは幕末と明治時代に入ってからです。
その背景は推測するしかありませんが、おそらく平戸の三川内からストックが有田に流れたことが
考えられます。

さて、この手の有田系の皿ですが、皿の透かし彫りの細工が良いのに絵(色絵、染付)
がイマイチ雑で皿の細工とのバランスが取れていないものが多いように思います。

そういうわけで、これまでは見かけてもスルーしていたのですが、この香蘭社は
さすがにスルーするわけにはいきませんでした。
皿の輪繋の透かし彫りの技術に十分見合う絵付けだと思います。
やはりこうでなくてはいけませんね。

Koransha reticulated 9

裏から見ると輪繋の線がきれいに見えます。
陶石の練が弱いとこの線が鈍くなります。

Koransha reticulated 10

裏にもちゃんと牡丹と肥蝶山の蝶の絵が・・・

Koransha reticulated 11

香蘭社、明治初期から中期にかけてのものです。

Koransha reticulated 12

香蘭社はその後、深川栄左衛門単独の会社となり
他のメンバーは製磁会社を創ることになります。

家庭用食器の製造ではその後瀬戸物に遅れをとる有田・香蘭社ですが、
明治時代に輸出した装飾用の美術工芸品は現在も骨董としてその価値は高まるばかりです。

なにが成功でなにが不成功なのかは、100年、200年越しで見ないとわかりませんね。
文化に限らず政治や経済でも、目先の利益にとらわれず大局的な見地から取り組んで欲しいものです。

Koransha reticulated 4

明治という時代を作りあげた人々の意気込みが伝わってくる一品です。


ブログ村に参加しています。
よろしければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Category: オールド香蘭社

tb 0 : cm 4   

コメント

こんにちは。
しばらくぶりに来てみたら、香蘭社ものがいくつもアップされていて嬉しいです。

素晴らしい皿ですね。
どれくらいの大きさなんでしょうか。
私も透かし彫りの大皿を一枚持ってはいますが、四角い形のせいか、透かし彫り部分はこんなに凝った作りではありません。

昔の香蘭社の作品は大好きなので、これからも更新を楽しみにしています。

R.I. #- | URL | 2013/08/02 11:02 [edit]

こんにいちは

Michnoskiさん

目を奪われる様な美しいお皿ですね。
器形、絵付け、絵柄、管理状態(完品、金彩も含め)全てに於いて
素晴らしい!!
これ以上、素人コメントは差し控えます。^^
これからも楽しみにしています。

ココペリ778 #- | URL | 2013/08/02 20:23 [edit]

R.I.さん、

こんにちは。
コメント、またまたありがとうございます。
このお皿、大きさはけっこうありますよ。
測ってみたら、横33CM、縦26CMでした。
輪繋で楕円形というのも珍しいかな、と思うんですが・・・

四角の香蘭社の皿をお持ちですか?
昔の物で見たことがあります。
色絵が凝っているので一枚ほしいのですが
値段が良いのがつらい所ですv-14
香蘭社の珍品が最近手に入ったので、こちらも
そのうちアップします。お楽しみに~

Michnoski #- | URL | 2013/08/03 14:48 [edit]

ココペリ778さん、

こんにちは。
お褒めの言葉、ありがとうございますv-14
結構良い状態で購入できたので良かったです。
あとお値段も安くで手に入りました。

後日談ですが、あんまり安く落としたので
出品者が中々送ってくれず、催促のメールをだすと
しぶしぶ、”こんな良いものをこんな値段で手に入れて良かったですね”
という恨み節が・・・・

でもラッキー!でしたv-14

Michnoski #- | URL | 2013/08/03 14:51 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/27-eb2c7005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。