05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

染付牡丹梅花蝶文皿 ~幕末・明治初期、深川栄左衛門の皿~ 

今回もまたまた深川栄左衛門ネタです。

1868年以降、藩の輸出貿易鑑札を得てあっという間に出島に出店した
深川栄左衛門でしたが、その後の肥前輸出貿易で見せた手腕は周知の通りです。

それまでのイギリス輸出を独占した田代家に取って代わり、欧米へ有田陶磁器を輸出
しながら、あちこちの万博に出展し最高賞を獲得したわけです。

前回燭台をお見せしましたが、以上のような理由から深川栄左衛門時代の輸出ものを
入手するのは昨今そう困難なことではありません。

EUやアメリカ経済が不況になってからは
みんな家のダイニングルームの飾り棚にある骨董らしきお宝から
おばあちゃんの家の屋根裏にあるわけのわからない古いものまで
次々と骨董屋やネットオークションに持ち出して売りさばく始末です。
喜ぶべきか、悲しむべきか・・・

さて輸出深川栄左衛門は手に入りますが、国内で販売されたものは
果たしてどんなものだったのか・・・というのが本日のテーマ(?)です。

3年ほど前長崎の骨董屋を訪れた時、件の花瓶染付牡丹花花瓶 を買ったところで
ある皿を見つけました。

遠くから一目見て、あっ!と声を上げたのはやっぱりなんか惹かれるものが
あったのでしょうか・・・

Fukagawa blue plate 1

牡丹と梅の花に、肥前蝶山所以の蝶を描き込んでいます。

白磁に映える、これぞ元祖・フカガワ・ブルー!

Fukagawa blue plate 7

近影です。
フラッシュ無しで撮ったので、部屋の照明のせいで黄色っぽくなっていますが
本物は白磁・呉須ともに一枚目の写真のような発色です。

Fukagawa blue plate 8

梅の香に誘われる蝶、なんとも詩的です。

Fukagawa blue plate 4

特筆すべきはやはりこの皿の形と用途です。
買った当初は全く違和感なく、皿・・・と思っていたのですが、
これはまさに現代の私達の食卓にある皿の形です。
いわゆる大き目のケーキ皿とでも言いましょうか。
洋風のメニュー、パスタやハンバーグなどをのせるときに出てくるあの手の皿ですね。

Fukagawa blue plate 3

あまりにも当たり前の皿の形だったので疑問すらわかなかったのですが、
よく考えるとこれって変です。

柴田コレクションの本を見ても一目瞭然、肥前陶磁器がこの手の皿を造ったのは
せいぜい元禄期の輸出伊万里芙蓉手の類です。

これは横から見るとさらに顕著です。

Fukagawa blue plate 6

このお皿、骨董屋の主人の話ではなんでも長崎の旧家、
曰く、”歴史の本に載るような名家”の蔵から出てきたそうです。

そうなると小曾根乾堂とかあの辺りの長崎の豪商でしょうか・・・

ちなみに小曾根氏は出島の南蛮貿易に係わっただけでなく
幕末期には佐賀藩の御用商人としても活躍したそうです。
(坂本龍馬をサポートしただけではありませんよ)
サガ・コネクションを匂わせますな。

このお皿、当初はセットで10枚そろっていたそうですが、
何しろ値段がそれなりなので、仕方なく一枚ずつ売ったら
あっという間に8枚売れたそうです。

私が最後の二枚を買いました。

問題はこの皿が西洋食器の形をしているということです。
西洋料理が日本のあちこちに普及したのは明治中期のことですが
もちろん一般家庭などに簡単に普及したわけではありません。

人々は文明開化、などと外では言いながらも家の中ではご飯や味噌汁、
煮物や魚の干物を食べていたわけです。
当然、明治時代以降の有田では相変わらず大型の鉢やなます椀を
沢山生産していました。

長崎は西洋料理が早くから食された土地柄です。
しかし長崎の場合、基本はちゃんぽん文化なので、
西洋料理といっても和華蘭などといった西洋・中華・和食の
ハイブリッドなものを食べていたようです。

すると、長崎で本当の西洋料理を食していたのはおそらく東・南山手に住む外国人貿易商
(グラバーやオルトなどですね)、そして彼らと商談を含む付き合いを重ねた長崎の豪商
ということになるのかもしれません。
このような西洋料理用の皿を10枚そろえていた、というのも
いかにもあちらの付き合いがあった人たちのように思えます。

それにしても、出島に出店するや否やこのような皿を受注し造るとは
深川栄左衛門、どんだけ商才があるのでしょう・・・

恐るべし。

Fukagawa blue plate 5

裏には深川製と銘が入っています。
最初これは深川製磁のものという触れ込みで購入しましたが、
その後深川製磁初期のものを集めるにしたがい、
これはさらに古いものであることを確信しました。

深川忠次時代の西洋食器と比べると、皿の薄さや陶土の違いによる白磁の質感などに
違いがあるように思います。
この皿はまだ時代も古いせいか、外見は西洋食器の形ですが全体は厚くて重たいです。
ちょうど幕末・明治初期の有田のなます椀などの器を西洋食器にしたような感じです。

西洋食器の製造は思ったより簡単なものではありませんでした。
香蘭社や深川製磁がその後、泉山陶石を使い西洋食器製造に力を注ぎますが
やがて薄手食器の開発に成功した瀬戸物(ノリタケなど)に遅れをとり始めることになります。


Fukagawa blue plate 2

このブログを始めた時にも書きましたが
私の骨董収集の元々の動機は
長崎で購入した染付牡丹花瓶の出所を知るためでした。

この旅はまだまだ続いています。

それにしても、この花瓶もまた幕末期のものにしては西洋仕様のモダンな形ですね。
日本の花瓶にはなかったタイプです。
この時代、この手の形の花瓶を造ったのは平戸焼しか知りません。


この花瓶、深川栄左衛門のものだと思うんですけどねぇ・・・・


ブログ村に参加しています。
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Related Entries

Category: 深川栄左衛門

tb 0 : cm 6   

Comments

こんばんは(コンニチハ)

素敵な洋皿ですね。いわゆる伊万里物の様な縁取りが無く、
白地を生かして伸び伸びと描かれた牡丹と梅、そして蝶。
まず、この構図と色合いが気に入りました。

まだ御膳から卓袱台にやっと代わり掛けた当時に、
ダイニングテーブルが無いと使い道が無いような
洋皿が国内で出回って居た(出島近辺で)と、言うのは
非常に興味深い事ですね。

またまた勉強になりました。

ココペリ778 #- | URL | 2013/07/29 07:39 [edit]

ココペリ778さん、

こんにちは。(おはようございます、かな)

そうなんですよ~。購入した時は何も思わなかったんですが、
洋皿ってこの時代珍しかったんですよね・・・
白磁に文字通り絵を描いた様な美しい図柄、本当に気に入っています。
この時代の職人さん達、本当良い仕事(笑)してますよね~。

皿一枚ですが、この背景にあった歴史を中の風景を
想像して楽しんでいます。
長崎の外国貿易商と豪商なくして明治維新はなかった!
などといったら言いすぎでしょうかv-14
審美的なものだけでなく、歴史的なものも映し出す骨董の世界、
本当に嵌りますね・・・

Michnoski #- | URL | 2013/07/29 12:35 [edit]

ヤフオクに。

ヤフオクの花兎さんに、栄左衛門銘の花瓶20,000円とオールド深川の鉢一対6,500円で出品中ですよ。(^。^)

ところで旦那さん #tbP3RbY6 | URL | 2017/02/02 04:29 [edit]

あはは。見ましたよ。花兎さんは
幕末・明治有田の良いものを持っているようですね!実はヤフオクはまだやったことがないんです。
国外への郵送をやってくれないところが
多いので・・・でもやっぱりこういうのを
見ると欲しくなりますね。オークションは危険が
いっぱいですが、骨董屋で買うよりずいぶん安く
買えるのはやっぱり魅力です(笑)

Michnoski #- | URL | 2017/02/02 10:47 [edit]

花兎さんは

花兎さんは、信用できます。5〜6回、落札して取引しました。花兎さんには、源六の家系の事を聞かれ、感激してました。また、手持ちの源六製の資料を差し上げたら、お礼にと三兄堂の五寸皿をいただきました。梱包も、兎に角丁寧で、取引も誠実です。三兄堂・源六製の成り立ちも教えました。
栄左衛門銘は、勿体無いですよ。170$は高いですか?海外発送は出来ないとありますが、出品ページに質問出来ますから、嬉野町の私の名前を出せばOKかも。ヤフオクは、yahoo!アドレスを取得して、入札すればいいですよ。中古の古物は、手に入らなければいけない方が落札出来ると思います。
深川栄左衛門、大変貴重です。
どうぞ頑張って、オークションの壁を乗り越えて下さい。花兎さんとは、連絡取れるので、プッシュしてあげますよ。落札されたら、栄左衛門も喜ぶと思います。
(^。^)

ところで旦那さん #tbP3RbY6 | URL | 2017/02/02 19:37 [edit]

うう~む。折角ですがやっぱりやめときます。
最近は実はVOC関連のものを集めることに
熱中していまして、でもそうなると
買えるものがかなり限られてくるわけです。
世の中欲しいものばっかりですが、取捨選択を
余儀なくされる今日この頃です・・・・

Michnoski #- | URL | 2017/02/02 22:24 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/26-1323245d
Use trackback on this entry.