06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

平戸焼の魅力(2)- Prince of Porcelain -  

平戸焼の魅力の一つは、なんといっても繊細な細工だと思います。

アメリカのニューイングランド地方に行った時に、こんな掘り出し物(?)を見つけました。

Hirado vase 019

平戸焼の花瓶ですが、正式な名前は、染付山水菊花貼付文花生と言うそうです。

なぜ正式な名前云々かといいますと、なんと同じものが2012年春に、
愛知県陶磁資料館で、日本近現代の陶磁器展として展示されていました。
江戸時代後期に造られたものだそうです。

さて、この花瓶ですが、まずは平戸焼の真髄とも言える繊細な菊花細工をごらんください。

Hirado vase 025

ラッキーなことに、あまり壊れていません。

Hirado vase 027

以前、長崎の骨董屋さんと話したときに、平戸焼の収集は難しいということを聞きました。
なぜかというと、老舗の骨董やでも、
なかなか平戸焼の一級品にはお目にかかれないからなのだそうです。
もともと平戸焼が献上物だったことを考えれば、それもそうかもしれません。

さらにこの骨董やさん曰く、平戸焼の一級品の細工物で、
完品はめったに手に入らないのだとか。

この花瓶も輸出物としては質もよく、状態も悪くはないのですが、
6箇所についている菊の細工はあちこち損傷しています。

Hirado vase 022
Hirado vase 023

染付山水もなかなかいい感じです。

Hirado vase 024

裏面の菊の花びらが欠けています。

Hirado vase 026

この花瓶を平戸焼の第一弾にしたのには理由があります。

それは、この花瓶が平戸焼のあらゆる特徴を備えた作品であり、
平戸焼の素晴らしさを簡単に説明できるものだと思ったからです。

陶磁器の貴公子、と西欧で褒め称えられるにふさわしい精巧な細工と、
純白の美しさ、呉須の青の生み出す清楚で気品に満ちたたたずまいは、
日本だけでなくヨーロッパの王侯貴族をも魅了して当然だったのだと思わずにはいられません。

Hirado vase 029

ちなみにこれはペアで購入しました。

Hirado vase 031

蛇足ながら、平戸焼は今でも西洋では高い人気を誇ります。
伊万里などは値段が高い、といってもある程度予想がつきますが、
平戸に関しては、まったく予想がつかないことが多々あります。
ネットオークションなどでみかけても、コアなコレクターがいるので、
最後の瞬間に額が跳ね上がることはしょっちゅうです。

そうやってくやしい思いを何度もしながらも、どうしても平戸焼がほしい、と思ってしまう私は
その魅力に早くも取り付かれてしまったようです。

破産しないように気をつけないといけません!(汗)


ポチッと応援お願いします。
??????? ????? ???·???
???????

??????? ??????
???????
関連記事
スポンサーサイト

Category: 平戸焼

tb 0 : cm 2   

コメント

平戸焼の事は知らなかったので「その1」の記事から続いて興味深く読ませて頂きました。

素晴らしいペアの花生けを手に入れられたのですね。よほど保管状態が良かったのでしょう。昨年の愛知陶磁資料館の展示品を写真で見ましたが、もっと花弁の欠けが多い様に見受けられます。

ニューイングランド、素敵な所ですね。一度行ってみたかったです。

ココペリ778 #- | URL | 2013/05/13 08:15 [edit]

ココペリ778さん、

コメント、ありがとうございます。
そうなんです!
平戸焼の細工物にしては損傷は少なかったようですが、
よく見ると菊花の部分は結構やられていました(笑)。

平戸にしろ薩摩にしろ伊万里にしろ、良いものは
やっぱりニューイングランド地方から出てくるようです。
(ちなみに深川の良いものは南部から出てきます。どうしてなんでしょうね?)

かのペリー提督の出身地は、ロードアイランドのニューポートですが、
この近辺(コネチカット、マサチューセッツ等々)
にはいろんなお宝があるそうです。開国と同時に
相当いろんなものが流れたようですね。

今年から、東京ーボストンの直行便も就航していますよ。
アメリカ東海岸もずいぶん近くなりましたので、一度遊びにいらしてみては:)

Michnoski #- | URL | 2013/05/13 09:55 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/12-57b4e45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。