05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

Papenberg Island へ行く! (長崎市高鉾島) 

先日、戦国時代のキリシタン大名である高山右近の
列福式が大阪でとり行われたそうです。

2017年は、なんだかキリシタンづいていますね(笑)
マーティン・スコセッシの「サイレンス」もやっと上映されましたし、
高山右近は福者になるし、この勢いで長崎・天草の教会群も
今年は世界遺産に登録してほしいものです。
近隣アジア諸国よ、水を差すんじゃねーぞ!

さて、日本での短い滞在中は毎度のことながらどこへ行くか
取捨選択を迫られますが、今回は相方念願(?)のPapenberg Islandへ
行ってきました。

p1.jpg

Papenberg Island というのは江戸時代のオランダ人などに呼ばれていた通称で、
正式には高鉾島と言います。

東シナ海から鶴の港と呼ばれる長崎港に入港するとき、左手にみえる島は、
17世紀にこの島で隠れキリシタンが殺害されたという逸話から、
伴天連(バテレン)の島(山)と呼ばれたわけです。

p2.jpg


東インド会社が出入りしていた頃の長崎の歴史を紐解くと
西洋の文献に必ず出てくる島、Papenberg Islandにぜひ貴重な一日を
費やしたいという相方。

平戸や生月と違って近いので、車で20分くらいで着くらしい。
なんでも神の島方面とか。
三菱重工の長崎本社があるところですな。
行ってやろうじゃないですか。

・・・というわけで、ドライブしてきました。

旭大橋を抜けて、三菱重工の香焼ドックをぬけ10分弱も走ると、
鄙びた漁村につきます。

ここがいわゆる神の島です。

そして有名な神の島の目の前にみえるのが
Papenberg Island!

なんとも美しい島です。

papen 1

江戸時代、長崎警護を任されていたのは平戸藩と鍋島藩でした。

フェートン号事件の後、長崎の脆弱な警備体制に危機感を募らせた
鍋島直正は、この神の島や高鉾島にいくつもの砲台を建設します。

つまり、高鉾島は長崎警護においては最前線だったわけですね。

高鉾島の近影。
papen 2

長崎港をはさんだ対岸(香焼・女神地区と長崎市内側の戸町)を結ぶ
女神大橋が見えます。

素晴らしい、冬の長崎。

papen 3

神の島と高鉾島の間には防波堤があり、
その右側に小さな断崖がありますが、なんと長崎らしくも
その頂上には大きなマリア像が東シナ海に向かって
立っています。

船出する人たちを見守ったり、長崎港へ帰る船を迎えているようです。

このような景色、カトリックのキリスト教的なのでしょうか?
私には、どうも中国の媽祖とマリア像が長崎の地で溶け合った
和華蘭文化の象徴のように思えます。

papen 4

迫力あるマリア像。
大きめサイズの写真を載せてみました。
この迫力、伝わるでしょうか??

IMG_1253.jpg

長崎のカトリックは、いわゆる大航海時代のイエズス会系キリスト教の特徴を
色濃く残していますので、聖母信仰が強いです。
このせいか、長崎市内で見かけるマリア像というのは、
いかにもやさしげな顔をしているのが多いので、このマリア像は
ちょっと違和感があります。

is 4

マリア像のすぐ近くには、日本の港らしく恵比寿様の祠もあります。
和華蘭文化が、街のあちこちにある長崎ならではの景色です。

is 3

マリア像のふもとから東シナ海を眺めます。

さて、せっかくここまで来たので、ついでというわけではありませんが
世界遺産登録予定である有名な神の島教会に行ってみました、

is 2

この美しい白亜の教会は、なんとあの日本映画史上屈指の美貌を誇る(!)
上原謙が結婚式を挙げた場所でもあります。

ふ~む。

ま、個人的には池部良のほうが断然好みですが・・・
関係ないか・・・(´∀`*;)ゞ ハハハ

クリスマスのミサも終わり、年末を迎えていたためか
残念ながら教会の中に入ることはできませんでした。

papen 6

相方曰く、「イタリアみたいな風景だなぁ。地中海ってかんじ!」

そうか~?(°_°)

長崎のじげもんには見慣れた風景なんだけどね・・・

papen 7

ここにも殉教の歴史が・・

is 5
is 6

神の島教会にもルルドのマリアがありました。
長崎の古い教会には、たいていルルドがあります。
やさしげなお顔です。

IMG_1267.jpg

階段のそばには、猫が何匹もウロウロして、遊んでほしそうにしてました。

papen 9


papen 10

さて、高鉾島を見たので、女神大橋を渡って
長崎の南山手方面へ。

papen 11

女神大橋。
天気も良くて、この日は本当にドライブ日和。

papen 12

女神大橋。近影。
いつもは出島ワーフのあたりから見るので、
橋を渡るのは初めてです。

papen 13

女神大橋を渡ると、あっという間に戸町に着きました。
戸町というと、ここは長崎の隠れキリシタンに夜布教して回った
金鍔次兵衛が隠れていたという洞窟があるそうです。
彼もまた、2008年に列福しました。

この後はお約束のグラバー園、ブラブラ。

今回は、普段めったに行かない大浦天主堂へ。
国宝だからか、入場料がグラバー園と一緒なんですよねぇ。

oura 1

途中、信徒発見のレリーフが。

oura 2

大浦天主堂へ行ったら、必見なのはこのマリア像。
入場料を払わなくても遠目に見れますが、
ぜひここは入場料を払ってでも、このお顔を近くで見てほしいですね。

IMG_1279.jpg

遠藤周作の「女の一生」(第一部)での主人公キクと対話するマリア様は
この大浦天主堂のものです。

ご覧あれ!
聖母と呼ばれるにふさわしいと思います。
なんとも言えない表情です。

IMG_1280.jpg

癒されますなぁ~。

oura 3

この日は年末ということもあり、観光客はほとんどが
日本人でした。
のんびりとよい雰囲気で観光ができましたよ。

oura 4

この後、グラバー園内の自由亭でコーヒーとカステラをいただきました。
躊躇なくカステラを注文する相方、長崎人になりつつある・・??

よく晴れた冬の長崎観光、楽しかったです。

oura 5

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




Related Entries

Category: 旅行記

tb 0 : cm 5   

Comments

おかえりなさい。

嬉野温泉までは、🚗40分です。

ところで旦那さん #tbP3RbY6 | URL | 2017/02/09 05:50 [edit]

こんにちは!
そうですね。嬉野も結構近いですね。
冬の日帰り温泉が最高です。
嬉野のお湯はマイベスト3に入っています。
今年は湯豆腐を食べ損ねました。。。

Michnoski #- | URL | 2017/02/09 16:06 [edit]

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.

# |  | 2017/05/29 00:46 [edit]

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.

# |  | 2017/06/21 00:57 [edit]

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.

# |  | 2017/06/24 07:00 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/106-bb7367e6
Use trackback on this entry.