07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

LA 旅行記 (2) ~LACMAへゆく!~ 

さて、お目当ての平戸焼コレクションを発見しました。

じゃーん!

IMG_0860.jpg

え?これだけ?

そう、これだけなのです!

Σ(´Д`lll)エエ!!

IMG_0861.jpg

雪だるまをつくる唐子チャン。
水滴かな? 

色つきですよ。
カワイイなぁ・・・・

IMG_0862.jpg

お約束の子犬を抱く唐子水注。

うちにもあるぞ・・・?

IMG_0863.jpg

唐子と太鼓。

IMG_0864.jpg

徳利
IMG_0865.jpg

賢人
IMG_0867.jpg

IMG_0868.jpg

七福神
IMG_0871.jpg

北斎。
江戸幕末の平戸です。

IMG_0874.jpg

唐子と扇。
IMG_0876.jpg

福禄寿と町人の置物。
江戸幕末。

平戸焼の町人の置物は
通常は白磁で色はついていません。
元禄時代の輸出古伊万里っぽいものを
江戸幕末から明治にかけて輸出していたようです。
(古伊万里の贋作ではありませんよ)

IMG_0877.jpg

おお!
蝦蟇仙人! 亀に乗ってどこにいくの?
IMG_0879.jpg

こちらも蝦蟇仙人。

平戸焼、蝦蟇仙人が好きですねぇ・・・
かなり良い細工物です。
有名な竹林の賢人の筆立てを作った職人によるものでしょう。

IMG_0880.jpg

水注。

IMG_0882.jpg

おなじみ竹林の七賢人。
IMG_0882.jpg

以上。

Σ(´Д`lll)エエ!!

これだけかよぅ!!!

いやぁ、リポートしがいのないコレクションでした!

っていうか、、もしこのコレクションを観に
日本からわざわざ来る人がいたら、その人たちは
ガッカリすることでしょうねぇ?

まぁ、コレクションの全てを見せているわけではないのですが、
見せたところで、正直たいしたことはなさそうです。

平戸ファンの皆様は、まちがっても平戸コレクションを観るためだけに
LAに来ないよーに!

良い平戸コレクションを見たければ、これよりも平戸の個人美術館
井〇資料館のほうがよっぽどすごいコレクションを揃えております。

また、三川内にある伝統産業会館のコレクションは
入館費無料な上に、かなり良いコレクションを揃えていますし、
長崎歴史文化博物館の平戸・亀山コレクションもなかなか見ごたえがありますよ。

ま、所詮(?)LAの美術館なんてこんなもんさ・・・・

一応、日本の美術品は、本館とは別の独立した日本館という
建物に所蔵しておりまして、LACMAでも目玉の一つなのだそうですが・・・・

平戸以外には、江戸中期の古伊万里を展示していました。
けっこう古いですよ。
IMG_0894.jpg

古九谷(古九谷は古伊万里)。

IMG_0897.jpg

1720年ー1760年頃と思われます。これ(*゚Q゚*)と同時期か?

IMG_0899.jpg

かなり古い輸出古伊万里です。

IMG_0901.jpg

素晴らしい絵付け!

IMG_0903.jpg

平戸焼、となっておりますが、あまり良い出来とは言えません。
顔のつくりが雑。

IMG_0904.jpg

輸出古伊万里 (1680頃)
IMG_0906.jpg

平戸お得意の唐獅子牡丹~!
(高倉健よりは風間重吉が良い!・・・って関係ない?)

IMG_0910.jpg

日本地図皿(天保)。

IMG_0912.jpg

色絵古伊万里狛犬の置物。

IMG_0914.jpg

日本館の別館に新しく根付コレクションが展示してありました。
こちらは根付ファンには必見(?)

IMG_0929.jpg

IMG_0932.jpg

IMG_0952.jpg

相方はかなりムッとしていて、「なんだ、これ?ぜんぜん大したことないコレクションだったな。
メト(メトロポリタン)やボストンのほうがよっぽどましじゃないか」などと言っておりました。

まぁなぁ~、メトやらボストンやらボルティモアやらフィラデルフィアやらイェールやらの美術館に
毎週のように足を運んでいた人からすると、「ナンダコレ?」って感じではありますなぁ。

ちなみに、西洋美術のほうも大したことありませんでした。
ドイツ美術のコレクションがすごいそうですが、そもそもドイツ美術って・・?(´∀`σ)σ

ドイツ美術コレクション(笑)に加え、ピカソを数点所蔵しておりますが、
こちらもそのほとんどはピカソ晩年のもので、お金を工面するために売りさばいていたころのものが
多かったですね。

まぁ、メトとは比べるべきものではありませんが、もうちょっとコレクションの質が
なんとかならなかったの?というのが、正直な感想です。

最後に、余談ですが、ここにはなんと!マグリットの有名なあの絵がありました!

IMG_0956.jpg

これはパイプではない。
「これはパイプの表象である」という、というあのフーコーによる
哲学論のもとである絵ですね。

鑑賞しながら、ふとあの難解なOrder of Things を泣く泣く読んでいた
博士課程時代のことを思い出して、イヤ~な気持ちに・・・

教授に、「これ難しいんですけど!」と文句を言うと、妙にナットクした顔で
「そうだわねぇ?もとはフランス語で書かれたものを日本人のあなたが英語で
読むわけだから、そりゃぁ難解なものがさらに難解になるわねぇ・・」と言われました。

そうか?そうなのか??
言語の問題だったのか??

でも、相方も、「いや~、俺も大学時代に専門外の
人文の授業とったらフーコー読まされてさぁ、難解すぎていやんなったよ。
セメスター終わったら、あの本すぐに捨てたなぁ」と言っていたので、
どうやら私の言語の問題というわけでもなさそうです。
みんな最初はフーコー、嫌いなんだよ!
でも後で好きになるんだよねぇ。

まぁ、そんなこんなで2泊3日のLA小旅行はおしまい。

IMG_0958.jpg

素晴らしい平戸焼をもとめて旅したのですが、
良いものはやっぱり日本にあるようですね。

青い鳥は本当は自分の家にいた(?)わけでした・・・・

おそまつ~!

ブログ村に参加しています。
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




Related Entries

Category: 旅行記

tb 0 : cm 5   

Comments

No title

はじめまして、戦前日本の銀器、装身具、磁器製品を収集しております漣と申します。
検索して貴ブログを拝見しました。私のコレクションは主に昭和戦前期の国内向けのもので、貴コレクションとは全く方向性が異なるのですが、明治期に香蘭社や深川製磁がこういう磁器を輸出していたのかと大変勉強になりました。銀器で輸出用のものはいくつか所持していますが、明治期の輸出向けの作品群はどれも気合いがすごいですね、とても今では誰も造れないものばかりだと思います。
とりあえず拙ブログのURLをお知らせいたしますが、当方の磁器のコレクションは香蘭社の他オールド大倉と国内向けボーンチャイナが多いので、お目にとまりますかどうか・・・
またお邪魔いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

漣 #Qi8cNrCA | URL | 2016/11/01 02:02 [edit]

No title

漣さま、

はじめまして。ご訪問および初コメントありがとうございます!
明治の輸出香蘭社と深川製磁の製品は
本当に気合が入っていますよね。今日のレプリカと比べると
生き生きとして、当時西洋に仲間入りをしようと殖産興業に
励んでいた明治の日本が垣間見える思いです。
明治という時代には勢いがあったんですねぇ。

戦前の銀器などを収集されている、とのこと。
ぜひチェックしたいと思いますv-14
骨董の収集をすると、自然と収集するものの
時代や歴史背景などに興味がわきますよね。
戦前、戦時の歴史についてはあまり詳しくありませんが、
貴ブログの当時の料理雑誌の記事、興味深く読みました。
ジョン・ダワーなどの、大衆文化を通して戦前・戦時言説を
読み解くのもおもしろいですが、庶民の食べ物を通して
当時の様子を垣間見るのもおもしろそうですね!
またのコメント、お待ちしています!

Micnoski #- | URL | 2016/11/01 09:51 [edit]

No title

早速のお返事ありがとうございました!
ジョン・ダワーの占領日本関連の著書、未だ不勉強で
全く読んでおりません、苦笑
その前に、戦時中の日本のことについて知りたいと思い、
いろいろ調べているのですが、なんといっても資料がなくて・・・
確かに、例えば負けっぱなしの阪神タイガースの今年一年の練習の内容なんか誰も感心ないですよね〜笑、私は幕末でしたら朝廷軍より幕府軍の方に感心があるので、自然と戦中日本に興味がありますが・・・

ところで、恐れ入りますがお尋ねがございます:
オールドノリタケはアメリカでたくさん見つかりますが、オールド大倉はいかがでしょうか?大倉陶園は国内向けが殆どのことですが、アメリカにも輸出されていたのかどうかはよくわかっていません。もしオールド大倉をお見かけになられておられましたら是非お教え下さい。よろしくお願いいたします。

漣 #Qi8cNrCA | URL | 2016/11/01 18:17 [edit]

No title

漣さま、

あはは、そうですね。歴史は常に敗者のほうにこそ
面白いドラマがありますものね!同感です。
ちなみに、件のダワーの本ですが
Embracing Defeatではなくて The Brittle Decade です。
言葉が足りず大変失礼致しました。
Brittle Decade はダワー教授がMITを退官するまで
取り組まれていた最後の研究の集大成をまとめたもので
1930年代にいかに戦争プロパガンダが大衆文化に言説として
取り込まれていたかを、いろんな例を挙げながら説明した
ものです。軍艦や戦闘機のついた浴衣や商品のポスターなど
写真だけみても面白いと思います。
洋書ですが、日本の本屋でも入手できるかもしれません。
歴史書というよりも、アート系の本に分類されると思います。

オールド大倉については、残念ながらあまりよくわかりません。
ノリタケは時々見かけますが、大倉はあまりないですね。
アンティークというよりもヴィンテージ扱いなのかも・・・
見かけない理由としては、香蘭社や深川製磁などと比べて
歴史が浅いこと、あと、あくまで個人的な意見ですが
欧米では大倉の商品は、どうしても欧米ブランドのものと
デザインがかぶるので、需要がなかったのではないかと
思います。欧米人はやはり「日本らしい」エキゾチックなものが
好きなのでしょうねv-14
お力になれず、申し訳ないですね~(汗)
これに懲りず、また遊びに来てくださいね。

Micnoski #- | URL | 2016/11/01 21:33 [edit]

No title

沢山のことをお教えいただきありがとうございました。
私の知らない書籍の情報はとても有り難いです。The Brittle Decade、アマゾンで見つけましたので近いうちに購入します。それにしても、ダワーさんの日本に対するこだわりはどこから来たのでしょうね。なんとなくですが日本文化が好き、という訳でもなさそうですので・・・
オールド大倉の件もありがとうございました。後発の磁器ですのでもう外国市場がなかったのかもしれませんね。
この度は本当にありがとうございました。またお邪魔させていただきます。

漣 #Qi8cNrCA | URL | 2016/11/02 04:32 [edit]

Post a comment

Secret

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://micnoski.blog.fc2.com/tb.php/100-78b766ab
Use trackback on this entry.