07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

ニッポンを応援する ~亀山焼・染付枇杷形皿~ 

祝!金メダル!

内村選手、男子体操個人総合優勝おめでとう~!

開会前まで、リオは一体ど~なるの~?と心配していましたが
フタを開ければ、なんとかちゃんとオリンピックになっている不思議。

しかも、ドーピングが(やっと)問題視されたため
今大会は薬物なしのクリーンな大会ですね。
薬物抜きの大会となると、メダルの分配もかなり公平(?)になった感あり。
突如メダルラッシュの日本!
このまま頑張ってほしいですね~!♪(/・ω・)/ ♪

さてオリンピックと言えば、娘の通うスイミングクラブは
オリンピック選手を輩出したそうで、当然みんな毎日オリンピックを
観ながらチーム・アメリカ(笑)を応援しているそうです。
我が家でも水泳を観戦していますが、なんとウチの娘は
アメリカ人の応援はそっちのけで毎日「ニッポンがんばれ~!!!」と
なぜかチーム・ジャパンを一生懸命応援しておりますヾ(・∀・)ノ

アメリカに住んでいても、アメリカと日本、両者激突となると
やっぱり日本を応援するのね・・・。

その昔、フランス人の指導教授に、フランス人のアイデンティティというのは、
フランスという土地に生まれ育っているということに起因するが、、
なぜ日本人やドイツ人はその土地でなく血統に起因するのか、と訊ねられました。
まぁ、その時はあれこれと歴史的、文化的、そして宗教的背景を論じたもの
でしたが、日本人であることの定義づけというものが
日本の風土だけでなく、その血統に基づくのは非常に興味深いですね。

片親が日本人でない場合、自分では日本人と思っていても
日本にやってくると外国人扱いされたり、日本に住んでいてすら
他者として扱われるのは、よく聞く話です。

日系アメリカ人と話していると、「僕も(←!)日本人ですよ」などと言われ
つい日本人の私としては、「うう~む・・・」と思ったりするのですが、
オリンピックで日本を一生懸命応援している我が家のチビ達を見ていると
「ああ~、あの人たちも小さいころからアメリカよりも日本を応援して
いたのかもなぁ・・・」と思ったりしました。

よくよく考えてみると、そもそも「自分は何者か?」という
問いの答えは、所詮他人でなく自分が決めるものであり
最終的には主体性(agency)の問題だと思うわけであります。

日本を愛し、応援しているのは日本に住む
日本人だけではないんですねぇ。
個人的にはありがたいことだと思います。

グローバリゼーションの反動で
どこの国でも偏狭な国家主義に偏っている今日この頃ですが
日本もアメリカも寛容なナショナリズムを目指してほしいものですね。

ともあれ、みんなでニッポンを応援するのだ~!
頑張れ!ニッポン!\(^o^)/\(^o^)/

さて内村選手は実は長崎の出身であります。

里帰りするたびに、私とダンナは長崎の諏訪町界隈をブラブラするのが
好きなんですが、諏訪町のニューヨーク堂(昭和なネーミング)は
甘党・内村選手の御用達(!)なのだそうです。
ここはいろいろと有名なお菓子がありますが、
長崎のローカル色があふれた枇杷アイスというのが
おすすめです。

枇杷というのは、もとは中国原産だそうで、
早くから中国人が住み着き国際都市であった長崎らしい
果物ではないかと思います。

内村選手にちなむわけではありませんが、
今日は件の染付枇杷形皿を紹介しましょう。

biwa 1

幕末・明治の頃のものだと思われます。
なかなか丁寧なつくりです。

ちゃんと枇杷の葉に虫食いがあったり・・・

biwa 3

枇杷の実と葉。

陽刻です。

biwa 2

まぁ、取り立てて騒ぐような皿ではありませんが
私的には、ちょっと興味深い皿なのです。

みなさんの中にもしかして、「あれ?この皿見たことあるよ」と
思った方がおられるかもしれません。
そういう方はかなりの肥前磁器オタクでしょう(笑)

実は嬉野の名匠、冨永源六窯の作品にこれと全く同じもの
(ただし枇杷に色がついています)があるのです。
皿の形や大きさ、デザイン、そして虫食いあとやそれぞれの枇杷の
大小までほぼ同じものです。

(源六窯、枇杷 皿でイメージを検索してみてください)

biwa 4

冨永源六は明治・大正時代に活躍した名陶で、有田ではなく
ひとつ山を越えた隣町である嬉野に窯を開きました。

明治に花開いた肥前磁器の窯の中でも、とりわけ高級感のある
質の高い作品を造り、名前そのものがブランド化した良窯でした。

嬉野というのは歴史ある温泉街ですが、有明海から荷揚げする港がある
塩田のすぐそばであり、昔はここからかの天草陶石が運ばれたそうです。

そのような地の利を鑑みると、嬉野の源六窯が有田の窯よりも
抜きん出て良いものを作ったのも納得です。

源六窯の作品を見ていつも思うのは、ここの作品の中には
(1)限りなく有田の名窯・香蘭社・深川製磁の作品に近いものが存在すること
(2)幕末の(輸出)亀山や平戸を思わせる作品があること、です。

(1)はなんとなくわかりますが、(2)についてはどうなのでしょう。

実はこの皿、銘が彫ってあります。

biwa 5

銘は、印刻で亀と記してあります。

九陶の銘款集にもある通り、亀山焼の銘は非常にたくさんあります。
この亀という刻印は残念ながら銘款集には掲載されてはいませんが、
同じく九陶の炭鉱王・高取氏のコレクションの本に掲載されている
亀山焼の猿の置物の裏に、この「亀」の刻印があるようです。

有田・三川内・鍋島(大川内)・嬉野・塩田などの窯の物には
亀のついた銘はありませんので、印刻「亀」は亀山であろうと推測できます。

ただ、以前にも書いたとおり、幕末の亀山は経営がかなり傾いており
全盛期の頃のように花呉須を使ったり、高級磁器を造ってはいなかったようで
かなり質が劣る雑器を数多く作っていたようです。ネットオークションでみられる
亀山はほとんどがこの類です。

長崎で呼ばれる「亀山焼を真似た有田焼」である「アリガメ」というのは
本当のところは、おそらく「有田を真似た質の悪い亀山焼」だったのでは
ないかと思います。この皿もそんな落ち目の亀山の作った雑器の一つだったのでしょう。

biwa 6

さて、嬉野の名陶・源六窯がどのように亀山焼とかかわっているのかは
謎ですが、この皿を見る限り無関係ではなさそうですね。
亀山焼は明治初期にはすでに無くなっていたのですが
窯が消えたからといって、陶工達が消えてしまうわけでは
ありません。
亀山焼を作った陶工は九州のあちこちに流れた、という話があり
これまで聞いた話だけでも、有田、平佐(鹿児島)、
大分(明治以降、大分の美術工芸に貢献した田能村竹田との関係です)、
そして福岡の須惠などに流れたということを聞いたことがあります。

19世紀(江戸、幕末)の欧州輸出品の染付の多くは有田の他に
嬉野の近くである塩田で作られる焼物と亀山焼であったと
書いているのは、かのソーム・ジェニンスですが、
このような記述を考慮しても、塩田の隣町である嬉野の窯が
亀山焼となんらかの関わりがあってもそうおかしくはありません。

こんなことを言うのも、実はこれ以外にもう一つ、
亀山焼と源六窯を結ぶ点があるのですが、
こちらはまた改めて、その疑惑(?)の器の紹介でもしながら
推理してみたいと思います。

biwa 7

それにしても、落ち目であっても亀山は亀山!
かの冨永源六が模してしまうような
抗いがたい魅力がある焼物です。
枇杷形皿というのも、なんとなく異国情緒があるように
思えますね。

ああ。。。また枇杷アイスを思い出してしまいました・・・

まぁ、とにもかくにも頑張れ、ニッポン。

枇杷アイスはないけれど、枇杷のお菓子を
いただきながら、遠い国から子供達と一緒に日本を応援したいと思います。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





Category: 亀山?

tb 0 : cm 8   

動物愛護考 ~古平戸・染付虎型水滴~ 

日本に犬公方様がいたのは江戸も元禄の頃ですが、
今日のアメリカ、特にカリフォルニアは犬公方だらけ。

南カリフォルニアのリッチな女性の定番は、
高級ドイツ車と真夏に服を着せられた犬と美容整形・・・

なんだかなぁ・・・・(´・_・`)

ドイツ車っていっても、ただのベンツとかBMWじゃないんですよ?
みんなポルシェやアウディのSUVに乗り、クリニックでフィラーや
フェイスリフトをキメております。
極めつけはお犬様。うちのワンちゃんは家族なの、とでもいうかのように
カフェでもどこでもつれてくる・・・

私も昔は柴犬を飼ってたけど、昨今のこういう風潮っていかがなもんでしょ?
衛生的でないような・・・・?

しかも車のバンパーに、「うちの犬のほうがおたくの子供よりおりこうちゃん」とか
書いているのをみると、世も末だと思わざるをえませんな。
まぁ、せいぜい最期はワンちゃんに看取ってもらえ・・・とつい毒を吐いたりして・・・・
(´∀`σ)σ ハハハ・・・

日本には犬公方という便利な言葉がありますね。
犬公方と言うと、あまりそのクレイジーっぷりは伝わりませんが、
英語圏では、猫を飼っている(ちょっと変な)女性は
Crazy Cat Lady などと呼ばれます。

そのイメージは推して知るべしですが、興味深いのは
実はこの呼び名、医学的に証明できるのだそうです。

もし犬公方とCrazy Cat Lady、どっちがましかと聞かれたら、
私的には後者でしょうか・・・?
猫を人がたくさん集まる屋内に
連れてくる人はさすがにいませんからなぁ。。。。

そもそも人間より動物が大切だと思う人は犬ネコの好みに関わらず
クレイジーなんでないの?と思いますが、まぁ何事も
要は飼い主の常識の問題ではないかと思ったりもします。

・・・などという話を、夕食時夫婦で話しておりますと、
我が家の小さいほう(4歳)が、
「マミー、トラはネコの仲間なんだよ!」と
教えて(?)くれました。

ほほーぅ。アメリカではその年でもう
トラはネコ科だと教えるわけだね・・・?と妙に感心。

まぁ、トラはネコと違って危ないかもしれないけれど、
生き物でなければネコに似て、その姿形は可愛いものがあります。

・・・というわけで(?)、今日はネコ科のトラの水滴をお見せしましょう。

古平戸。19世紀のものです。

suiteki 1

トラ・・・か・・・???

suiteki 2

平戸焼の魅力はひねり物である、と某平戸コレクターの方に言われたことが
ありますが、私もこの点については全く同感です。

平戸焼のひねり物の中でも、特に書道具関係のものは
いくつでもほしくなります。

suiteki 3

この染付虎形水滴は非常に有名なものなので
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

以前にも書きましたがLAにある Los Angels County Museum of Art には
日本国外では有数の古平戸コレクションであるKurtzman Collection を所蔵しています。

このトラももちろん
平戸焼の逸品として紹介してあります。

同じものをいくつか過去に見たことがありますので
イギリス向けの輸出品であったのではないかと思います。

イギリス人、書斎を飾る文房具収集が好きですねぇ・・・

suiteki 4

輸出時期ですが、LACMAでは単に19世紀の作と書かれております。

個人的には、幕末頃のものではないかと思うのですが・・

というのも、これより少し後の明治の輸出品の場合
呉須の発色が下品なんですよぇ。

これは呉須の発色や細工から考えて
もうちょっとふるいのではないかと思います。

suiteki 5

時期的にはこれとか
これに近いと思うのですが・・

suiteki 6

昨年の事ですが、とある平戸焼専門の学芸員の先生にお話を伺ったときに、
平戸の古いもの(江戸時代)はちゃんと肉球まで彫ってあるのだと教えていただきました。

ということは、染付唐獅子
江戸以降ということになるわけですが、肉球はなくてもこれもたぶん時代的には
幕末頃のものではないかな、と思っているのですが・・・・。
明治の輸出品とは一線を画する気品があります。

もう一つの染付龍竹林賢人文酒注については、ひいきにしていた某骨董屋のおばちゃんの所にも
同じものがありまして、おばちゃんも自信ありげに
「これは江戸ですよ!」と太鼓判を押してくれました。

「骨董屋さんの言うことを信じるのか!」と突っ込まれそうですが
このおばちゃんは何しろ長崎の旧家から出てくるお宝を
ざくざく売っていた方ですので、
その意見は聞くに値すると思っています。

suiteki 7

おおっ!肉球がありますヽ(≧∀≦)ノ

suiteki 8

可愛すぎる!

suiteki 9

歯が妙にそろっているところや、全体的にネコに似ているところから、
細工した職人は想像して作ったのかもしれませんね。

平戸や三川内には本物の虎はいませんので・・・ね

suiteki 10

(おまけ)

新居に引っ越したので、Home Decor に頭を悩ます私。

Pottery Barn のような家にならなくても、似非モダンアートよりは
なにかしら自分の好みを反映したものを飾りたい・・・

ということで、1843に出版された Bredon Print より、
Fort de Firando (Hirado).

firando 1

「え?なに?これ中国のどこ?」などと言われるのも無理はありません(笑)

なんとこれ、西洋で紹介された日本の平戸城なんです。

当時は、中国人や日本人ってみんな似たように見えたんでしょうね。

でも、私だって16世紀のポルトガル人やスペイン人とオランダ人の
違いはわかりません(汗)。悪しからず。
旧教徒か新教徒ってくらい・・・?

firando 2

ものによりますが、このプリントは殆ど手描きで色がつけられています。
19世紀のものだしね・・・

ちなみに18世紀のものだと紙を製造する材料が19世紀のものと異なるのだそう。


(おまけ2)

7月に和菓子屋さんで購入。
アメリカであじさいが食べられるとは!!!

summer sweets

ちなみに長崎市の花は紫陽花。
シーボルトは日本人妻の名前(滝)を紫陽花の学名につけたそうですよ。

南カリフォルニアはもう3ヶ月雨が降っていません。
長崎の雨が懐かしい・・・(;_;)

ブログ村に参加しています。
ポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





Category: 平戸焼

tb 0 : cm 0