12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

空想の地、 Deshima ~染付西洋風景図皿~ 

ブログのアップをし始めたら、カウンターの訪問者数が上がり、
すっかり気を良くしている今日この頃。

それならば、と満を持してとっておきの皿をアップすることにしました。

昨年、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買ってしまったお皿。

ご存知の方も多いと思いますが、これは1680年~1700年ごろに
出島からヨーロッパ(オランダ)へ輸出された染付皿です。
各美術館によってそれぞれいろいろな呼称があるようですが
海外の美術館やオークションハウスでは通常、

Deshima Plate、 あるいは

Scheveningen Plate、 と呼ばれています。

日本でもいくつか美術館が持っているようですね。
有名どころでは、戸栗美術館(私は行ったことがありませんが)や九州陶磁器博物館(有田)
などが所有しているようです。
あと、有田の源右衛門窯の古陶磁器館(ここはすごい!)にも一枚あるようです。


海外では、メトロポリタン美術館やその他オランダやイギリスの有名美術館が
お約束のように必ず所有しています。

deshima 1

昨年初め、メトロポリタンに行った時に、しげしげとこのお皿を眺めながら
思ったものでした。

”いつかは絶対に手に入れたい・・・・・”

馬鹿げた願いだと思われる方もいるかもしれませんが、
海外のオークションハウスでは、このお皿は結構よく見かけます。

問題は、といいますと、まぁ値段が結構するわけです。
元禄時代頃のものですので、質も輸出物としては悪くないし
なによりも、この特徴のある図柄と象徴的な名前が
実際よりもその価値を高めているわけですね。

くまった・・・

いや、こまった・・・

deshima 3

そんなある日、とあるオークションでついに出会ってしまいました。
ここで会ったが百年目(?)、ということで、もう思い切って買ってしまいました。

私にとっては高い買い物でしたが、日本人のコレクターの方が値段を聞いたら

”そんだけ??”

とか言われるかもしれません・・・・

思ったより安く買えた理由の一つに、出品者の勘違いが挙げられます。

このあたりが、この皿の面白いところなのですが、これと殆ど同じものが
中国でも当時造られていました。
出品者は、これを中国製だと思ったわけです。

もちろん、当時世界最高峰の磁器を造っていた中国製ですので
問題はないわけですが、現在チャイナバブルで盛り上がるマーケットの事情としては、
中国製の”デシマ”よりも、プランガーの方が文字通り桁違いの人気があるわけです。

そんなわけで、私の手に届く額で落とせたわけです。

ヤッター! 

deshima 2

このデシマ図柄の主な特徴としては、まず丘のある田園地帯に
3人の人物がいて、そのうち一人は牛を連れています。
遠くに建物や塔が見え、向かって右上に雲が浮かんでいるわけです。

deshima 4

この皿の呼び名は、海外ではDeshimaですが、日本では’西洋風景図”と呼ばれています。

では、ここは一体どこなのでしょう?

deshima 5

この皿について詳細を述べるにあたっては、やっぱり東インド会社(VOC)の本拠地があった
オランダの書籍から引用するのが一番良いように思います。

Christiaan Jorg 氏によるFine & Curious での記述によると、
この風景は長崎の出島ではなく、ハーグ市郊外にある漁師街のScheveningen なのだそうです。

実は、1778年にはこの皿はすでにオランダのアムステルダムで
"Scheveningen"という名で売られていました。

deshima 6

さて、この皿のもとの図柄ですが、いろんな研究がされたにもかかわらず
はっきりとした原画(版画)はわからないのだそうです。

Christiaan Jorg 氏 曰く、おそらくもとはFrijtom Style と呼ばれる
デルフトの皿の図柄からきているのでは、とのこと。

ここからが興味深いのですが、このお皿はVOCの注文により有田で生産され、オランダへ輸出されました。
もとはデルフトの皿の図柄でしたが、有田の職人の手にかかったことで図柄そのものが
ヨーロッパ人から見ると東洋的に変容したわけです。

当時のヨーロッパでの東洋趣味も手伝って、この皿はヨーロッパでは大変な人気を拍しました。
そして、遂には中国製だけでなく、デルフトやイギリスの会社が真似たものまで出回るようになったわけです。

つまり、

デルフト → 有田 →デルフト、という、巡り巡って変なサークルが出来たわけです。
これに、中国やイギリスなども加わった面白い構図になったわけです。

当時の文化は、東洋・西洋という区別のついた二分化されたものではなく
すでにグローバリゼーションを反映したハイブリッドな文化だったわけですね。

deshima 7

このお皿は、オランダでは大変人気があったので、
同じような図柄で微妙に異なるパターンのものが
皿だけでなくカップやソーサーにまでもつけられたそうです。

そういえば、出島からこの類似品のカップやソーサーの破片が
出てきていますね。

deshima 9

ふちの部分は墨はじきで波文様になっています。

deshima 8

参考までにいっておくと、中国製の”Scheveningen”(有田のコピーでないもの)は、
この右上の雲が、いかにも”チャイナ!”なんですよね。

これはこれで良いと思います。
いつか、中国バージョンのものも一つほしいところです。

deshima 10

お二人さん、なにを話しているのでしょう?

deshima 11

さて、裏をみてみましょう。

完品、と言いたいところですが、ちょっとだけ高台のふちが欠けて
修理してあります。

目跡は三つ、この皿の特長であるY字目跡、と呼ばれるものです。

deshima 12

中国製のものだと、表の判断はつきかねますが、通常は裏にこの目跡がありません。

deshima 13

使用感がちょっとありますが、まぁこれは飾り皿でしょうねぇ。

deshima 14

それにしても、300年も昔のものが、ヨーロッパでいろんな人の手に渡って
アメリカに住む私の所へやって来た、というのは、なんだか感慨深いものがあります。

deshima 15

我が家へ、ようこそいらっしゃいました。

deshima 16

おかえりなさい。



ブログ村に参加しています。
ポチっとヨロピク。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 古伊万里

tb 0 : cm 0   

香蘭社 色絵黒外牡丹図花瓶 

先日、明治時代の輸出用オールド香蘭社を購入しました。

koransha blue flower vase

いくらでしょう?

$20くらいでした。

チャイナ風のノワール(黒地)に、大きな青い牡丹の花。
ご存知、深川ファミリーお得意のあの図です。

明治輸出香蘭社は、いろんな種類の陶磁器を製造したようで、
いかにもジャポニズムを意識したものから、チャイナを意識したノワール
キラキラのヨーロッパマイセン風のものなど、多種多様です。

そのうちでもノワールは個人的にはコレクションしておきたいものです。

これも、あまり丁寧な仕事ではありませんが、値段も安かったのでついつい買ってしまいました。

koransha blue flower vase 2

大輪の牡丹、というのは深川のお家芸のようなものですが、
やっぱり美しいですね。
花以外の部分は割りと乱雑に描かれていますが、
牡丹はやっぱり繊細な筆遣いです。

koransha blue flower vase 3

高台にも模様がついています。

koransha blue flower vase 4

全体的に乱雑さが目に付きますが、黒地っていうのは
けっこう大変な作業だったのではないかな、と思います。

ちなみに、白地に全く同じ図柄の花瓶が国内外向けに出回っていたようです。

koransha blue flower vase 5

葉の濃淡が良いですね。
明治の輸出香蘭社の特徴です。

koransha blue flower vase 6

裏は笹の葉。

koransha blue flower vase 7

ノワールは好みが分かれるところかもしれません。

このような黒地に派手な色使いのものの他に、
以前お見せした黒地に黄色調のパターンもあります。
個人的には後者の方が好みですけど。

以前黒地に黄色調のノワールで、桃形器を買い損ねたことがありまして
あれは今思い出しても地団太を踏みたくなります。

koransha blue flower vase 8


koransha blue flower vase 9

底には香蘭社のマークが。
明治後期です。

koransha blue flower vase 10

花を生けたいんですが、なにせ花瓶がこれだけ強烈だと
花を生けてもあまり映えません。

致命的だなぁ・・・・

koransha blue flower vase 11

これで香蘭社のノワールのコレクションは全部ブログに載せたな、と
思っていたら、相方が、”あれ、まだあるよ”

え?そうだっけ???

と思っていたら、そうでした!
昨年、この手の黒地に青の綺麗な花がついた蓋物(しかも形はオヴァール!)を
手に入れていたのでした。

忘れてたなぁ。
引越しのせいで、どの箱にしまったのかも思い出せません。

あれも載せたい、古平戸のご自慢の水注ぎも載せたい、と
思っていても、どれもこれも箱の中。
願うべくは、この夏ここを離れて、安住の地に落ち着きたいものです。

その時は、さっさと荷を解いて、My 平戸・伊万里 Room を作るのだ!

ふぅ~。

その日が待ち遠しい・・・・


ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: オールド香蘭社

tb 0 : cm 0   

幕末のコーヒータイム ~蔵春亭 西畝~ 

明けましておめでとうございます。
といっても、もう一月も半ばを過ぎました。

気がつけば、前回のエントリーから3ヶ月以上も経っていました。
定期的にブログを覗いてくださる方には、大変失礼致しました。

それにしても、昨年の忙しさときたら!
目の回るような忙しさ、というのはああいうことをいうのかも・・・
まぁ・・・言い訳に過ぎないと言われれば、その通りなんですけどね。

忙しい秋学期が終わったら、スタコラサッサと日本に里帰りしていました。

やっぱり日本の冬は最高ですね。
角煮まんじゅうをほお張りながら、グラバー園を観光客に紛れて
散策したり、嬉野や湯布院の温泉宿にいったり、ハウステンボスで
ワンピースクルージングしたり、そしてもちろん有田にも行きました。
源右門窯や香蘭社の古陶磁器アーカイブを見ると
コレクターの血が滾ったりして・・・・さ、今年も頑張っていろいろと集めるぞ!と
妙な新年の誓いを立てた次第です。

さて、2015年最初のエントリーは、昨年末に手に入れた幕末の貿易商
久富家の蔵春亭の西洋食器セット(?)です。

コーヒーポット、コーヒーカップとソーサー(5客)、ミルクピッチャーとそしてテューリーン。

saiho 1

カテゴリー化するには、なんだか変な集まりなんですよね。
最後に、スープをいれるテューリーンが入っているのが気になります。
もしかして、これはシュガーポット(大き目の)として使われてたのでしょうか?

まずは、コーヒーポット。

saiho 2

コーヒーポットは、明治時代の輸出伊万里に多いですね。
深川製磁社製のものには、素敵なデザインがいくつもあります。

でも、幕末にこのようなコーヒーポットが輸出されていたのは驚きでした。
普通はティーポットかな、と思うのですが、いろいろ調べたら
コーヒーは出島のオランダ人が好んで飲んだそうで、長崎では丸山などで
すでに人気があったのだそうです。

そうはいっても、幕末の日本人がコーヒーポットの輸出を思いつく、というのも
なかなか普通ではありませんよね。

このあたりは、有田出身ながら長崎に住み、出島の事情にくわしかった久富氏ならでは
だったのかもしれません。

saiho 3

近影。
サムライとゲイシャ。
当時のヨーロッパを魅了したジャポニズムが色濃く表れています。

saiho 4

でも、鎌倉時代風のサムライと江戸時代のゲイシャの組み合わせって

???

ではないですか?

ま、輸出用だからいいのかな。
日本人がみたら変な気もしますけど。

saiho 5

裏はこんな感じです。

武士が二人。

モチーフはともかく、図柄はなかなか緻密に描かれています。

saiho 6

那須与一、とか源平の頃の武士の装束にも見えますが・・・

saiho 7

サムライとサクラ・・・・

なんて外国向けの図柄なんでしょう・・・

saiho 8

蓋には鳳凰が・・・

美しいですね。

オリエンタリズムも極まれり。
これでもか!な東洋趣味です。

saiho 9

これに、コーヒーカップとソーサーがつきますが、
並べてみると、このコーヒーポットの大きさがわかると思います。

でかい!

コーヒー10杯分くらい入りそうです。
五客カップがあるので、一人2杯分の計算だな・・・とか
いらぬことを想像したりして。

saiho 10

裏には、蔵春亭 西畝(せいほ)。

ちなみに蔵春亭は、鍋島藩主・鍋島閑叟から久富家に授かった屋号だそうです。
西畝は、久富与平の号。

saiho 11

通常、蔵春亭・三保というのが有名ですね。

でも、たまに西畝の銘が入っているのもあるのだそうです。
三保に比べると、数は少ないのだとか。

saiho 12

コーヒーポットの蓋を取ると、このようになっています。
蓋はかなり分厚く造られ、明治時代の輸出品と比べると
洗練されているとは言いがたいです。

試行錯誤した結果なんでしょうね。

saiho 13

蓋にも桜が描かれています。

saiho 14

ポットを斜めから見てみます。
大きさがわかりますでしょうか?

saiho 15

後ろから見てみます。
取っ手にも模様が描かれています。
凝っています。

saiho 16

お次は、テューリーン。

これはすべてセットで売られていたと思うので、食器に描かれたモチーフは
サムライで統一されています。

でもご覧の通り、コーヒーポットだけは図柄が他よりも凝っていますし
きれいなんですよね。

saiho 17

写真がゆがんで見えますが、皆さんの目が悪いわけではありません。
幕末の輸出テュリーンには、こういう造形の優れないものがよくあります。
元の型が悪いのかな、と思いましたが、ましな場合もありますので、まぁ、
一概に輸出テュリーンが歪んでいるとは言えませんけど。

saiho 18

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この武士の図柄の食器は
幕末の輸出伊万里によく見られます。

海外のマーケットではおなじみのこの柄ですが、絵付けは長崎でつけられたものだと思います。
というのも、この手のテュリーンで国内市場向けのものは
柴田コレクションでもおなじみのように、絵付けがいわゆる幕末に流行った赤絵に金羊歯模様に
なるわけです。

逆に輸出向けの場合、同じ絵付けのものが、いろんな元締めから輸出されています。
同じような絵付けで、蔵春亭の銘があるかと思えば、肥蝶山・深川製(栄左衛門)銘であったり
そして、なんと通常亀山製(!)で知られる銘がついたものまであるんですよ。

まぁ、このあたりの有田と亀山製の関連はまたそのうちに。
なにしろ写真で見てもらわないと、亀山ファンには信じられない話かもしれませんし。
Seeing is Believing.

saiho 19

型押しの模様も、国内産のものと同じです。
絵付けが違うだけですね。

saiho 20

ちなみに、テュリーンというのはスープ入れのこと。

saiho 21

saiho 22

それにしても、この幕末名物のお侍さんですが、一体どこの武士なのでしょう?

saiho 23

saiho 24

最後はミルクピッチャー。

saiho 25

これが意外と凝ったつくりになっているんです。

saiho 26

正面から見ると、本陣を構える武士の図。

saiho 27

横からみると、その造形がなかなか凝っていることがお分かりになると思います。
たぶん西洋のものをそのままコピーしたのではないでしょうか。
これだけ、日本製らしくないんですよね。

saiho 28

裏にもちゃんと銘が。

saiho 29

模様も、これだけちゃんと立体的になっています。
美しいです。

saiho 30

最後に、これはアメリカ中西部の骨董ディラーから買い取りました。
〆て$300とかだったと思います。

値段は結構しましたが、全部て手描きだし歴史性もあるし
今時手描きでこの値段はないよね~!と苦しい言い訳をしながら
買った次第です。

saiho 31

ハウステンボスでお土産に買ってきた(←オイオイ)カステラを切って
今日の午後はコーヒーパーティでもしましょうかね。

ブログ村に(まだ)参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 古伊万里

tb 0 : cm 0