01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

柴田コレクションでティータイム 

佐賀県有田町にある九州陶磁文化館は、かの柴田コレクションを所蔵している
古伊万里を多数扱う博物館です。

ここの古伊万里のコレクションは圧巻!の一言なのですが、あこがれの柴コレを見学したら
二階にあるティールームで、柴コレでお茶でもどうですか?


実は九州陶磁文化館の二階のティールームでは、柴田コレクションの姉妹品で
コーヒーやケーキが出てくるのですよ。
もちろんレプリカではありませぬ。

今回は、まずコーヒーを蕎麦猪口で頂きました。
1780年から1800年の間に造られたという、染付松岩文猪口です。

kyushu ceramic 1

こうしてみると、蕎麦猪口っていろんな用途がありますね。
コーヒーは容量もたっぷり、そして手に持つとなんともなじんで
ひときわおいしく感じます。

kyushu ceramic 2

チョコレートのトルテを頂きました。
こちらは、染付仙芝祝寿文小皿です。
お正月前でしたが、おめでたいですね。
ケーキの味はまぁ、それなり。

kyushu ceramic 3

コーヒーやケーキと一緒に、使用している皿や猪口の説明書がついてきます。

これを読みながら柴コレで頂くコーヒーは格別。
なんという贅沢(!)でしょう。

kyushu ceramic 4

ここで柴コレでお茶ができることは案外知られていないようです。
私も九州陶磁文化館には何度も来ましたが、この喫茶室を使うのは初めてでした。

kyushu ceramic 5

もし知らない方がいらっしゃったら、もったいない!と思い、
紹介も兼ねてブログに載せることにしました。
古伊万里ファンの方には是非知ってもらいたいなぁ。

この説明書を熱心に読んでいたツレが、”よし!そういうことなら(←なにが?)
ケーキをもう一個食べよう!”と、言い出しまして・・・

???と思っていると、どうしてもこのコレクションにある染付栗文栗形皿を
手に取りたいのだそうです。

・・・というわけで、カフェで接客されている方にお願いして
このお皿でケーキを持ってきてもらうことに。

kyushu ceramic 6

宇治金時抹茶ロールを柴コレで・・・・
ううーむ。ウマイ。

kyushu ceramic 7

1660年ごろの物だそうですが、造形、絵付けともにさすが!です。
この頃の古伊万里のレベルの高さときたら・・・・

まるで昨日作られたような美しさなのですよ。

kyushu ceramic 8

抹茶のクリームがついてしまいました・・・

kyushu ceramic 9

裏には角福の銘が・・・・

皆さんも、九州に陶磁器を巡る旅行に行かれる際は是非、九州陶磁文化館へお寄りください。
柴コレをみたら、是非二階でお茶もどうぞ!
(当サイトは九州陶磁文化館とは関係ありません、念のため)


~おまけ~

冬の日本はやっぱり良いですね。
夏の里帰りよりも。10倍楽しめます。

今回は、嬉野でお風呂にはいり(ここのお湯はスゴイ美肌の湯です!)、
その後三川内焼伝統産業会館で古平戸焼を堪能し(ここの古平戸焼のコレクションも良いですよ)
柴田コレクションを見学しました。

焼き物ファンには九州はたまらないところでしょう。

今回は長崎へも足をのばしました。

長崎は本当に綺麗な街です。


kyushu ceramic 10

長崎湾を望む出島ワーフでランチ。

kyushu ceramic 11

お約束のトルコライス。

でも、トルコライスは市内の名店で食べるほうがよいかも・・・・

kyushu ceramic 12

長崎市内を流れる中島川。
有名な眼鏡橋があるところです。
この辺りには骨董屋が点在していて、散策していても楽しいですよ。

kyushu ceramic 13


kyushu ceramic 15

楽しい冬休みでした・・・

kyushu ceramic 16

ブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 旅行記

tb 0 : cm 4   

一富士二鷹三茄子(後編) 

あっというまに2月の後半に入りました。
この間新春のご挨拶をば・・・と思って丁子風炉の記事を半分書いたところでした。
後編を書かないと、と思ってあせっていたらあっという間に2月になってしまいました。
新春の誓いはどこへやら・・・・面目ない・・・。うううう。

一月の下旬からやたら忙しくてPCを開けるのは仕事の時だけ、というトンデモな状態でした。
やれやれ・・・このブログに来てくださった方には本当に申し訳ないです。

言い訳はこのくらいにして、前回の続きをします。

Clove burner 1

こちらが件の、謎の丁子風炉(香炉)です。

前回のブログにも書いたとおり、丁子風炉(香炉)は、二重構造になっています。
上の段に丁子をいれて、下の段に火を入れ、丁子を煎じることで香気を発散させるのだそうです。

ということは、火を下段に入れることが前提のつくりになっているというわけですね。

この香炉(風炉)の只者でないところは、この火を入れることを計算した
透かし彫りの仕掛けにあります。

火を入れてみましょう・・・

Clove burner 11

火をいれると、透かし彫りの富士山がまるで燃えているようです。

そして・・・なんと、なんと・・・!!!
裏の透かし彫りの雲が背面の壁に映し出される、という仕掛けが。

Clove burner 2

炎が揺れると、映し出された雲もゆらゆらと揺れるわけです。
なんとも粋な仕掛けだと思いませんか?

Clove burner 3

最初に火を入れたときはビックリしました。

Clove burner 4

前回書いたように、この香炉の造形や手描きの質の高さから、
すでに只者ではない雰囲気が十分伺えるのですが
その本領を発揮するのは、実は火を入れてからこの仕掛けの妙を
目の当たりにする時なのです。

Clove burner 5

では、ひっくり返してみましょう。

Clove burner 10

雲が燃えているようです。

Clove burner 6

正面に雲がくると、背面に富士山が来ますね。
背面の壁に、富士山と朝日が映る仕掛けになります。

Clove burner 8

さて、この香炉ですが、先日レポートした夏のヒアリングに続いて
この冬も長崎でさらに二人の方に話を聞きました。
お二人とも亀山焼のスペシャリストです。

Clove burner 8

AさんーN市で有名な某骨董屋さんの紹介でお話を聞くことができました。
ご本人はディーラーではなく、亀山焼と平戸焼のコレクターだそうです。
趣味が高じて、亀山焼関連の文書や本を読まれるそうで、骨董屋さんからも
お墨付きの、亀山なら見るだけでわかる、というスゴイ方なのだそうです。
ご自分で所蔵されている亀山焼を時々美術館に貸し出すことがある、という
コレクターさんです。余談ですが、脂ぎったところのない、物静かな紳士でした。

これは一体なんでしょう?
こんなものは初めてみました。亀山かどうかはわかりませんが、こういう凝った造りの亀山焼は
みたことがありません。可能性としては平戸でしょうか?
これを亀山といわれると抵抗がありますが・・・


BさんーN市のN川の骨董街でハイクラス向け(?)の骨董・アンティークの
お店を営んでおられますが、お店のほうはどうも趣味のようです。
亀山焼のよいものを扱うようで、この方もお手持ちの亀山を美術館に入れたりすることが
あるのだそうです。若くて頭の良いデキるビジネスマンという感じですが、
脂ぎった感じはまったくなく、これまた立派なイケメンの紳士でした。
英語がお上手なので、通訳無しでお話を聞くことができました。

これはめずらしいですね。
こんなものは見たことがありません。
亀山では無いと思います。というのも、亀山焼でこんな凝った造りのものは
みたことがないんですよね。
珍しいものには間違いないと思います。

Clove burner 9

さて、謎が謎をよぶ丁子風炉(香炉)。
一体これはだれがどんな目的で作ったのでしょうか?

その答えはまだ出ていません。

しかし今のところヒントがあります。

有田・伊万里・鍋島の人たちにはこれが亀山焼に見えるということです。
おもしろいのは、この方たちはもともとは骨董のディーラーではなく
やきものを生産・販売する人たちです。

生産者なので、当然呉須の発色には並々ならぬ知識と拘りがあると思います。
なんといっても、呉須の発色によって作品の質が大きく変わるわけですから。
その彼らが口をそろえて、この香炉の呉須は有田・伊万里・鍋島の物とは
明らかに違うというわけです。

私もその意見には全く同感です。

この丁子香炉に使用されている呉須は幕末の有田・伊万里・鍋島のものとは明らかに違います。
元禄期の呉須でもありません。
そしてさらにいうなら、こんな呉須を使った日本の磁器をみたことは
ほとんどありません。

こんな含みを持たせて書くのにはちょっと訳があるんです。
実はこういう澄んだ鮮やかな呉須を使った皿を過去に見たことがあります。
清時代のチャイナでした。

そして、いま一度、同じような発色をする呉須を使った皿を最近手に入れました。
このお皿は日本製なのですが、これまた謎の多い物体Xなのです。
この話題はまた近日中に・・・・

さて、最後になりましたが、ここで気になるのは
この香炉は亀山ではない、という大方の亀山通の意見です。

亀山焼の専門の方に言わせると、この香炉が亀山ではない理由は概ね

1.こんな凝った造形の亀山焼をみたことがない
2.亀山には凝った造形の物は造れない
3.染付山水は文人画風ではあるが、香炉の下段の単純化された瓔珞文との
組み合わせは見たことが無い

4.これが亀山だとしたら大変なことになる
(美術館でもそうお目にかかれないようなお宝がなぜこんな素人の手にある?)

というものです。

このあたりのご意見は尤もですが、このあたりも亀山焼というものが
一筋縄ではいかない、謎に包まれた焼き物であることを示しています。

亀山焼には、本当にこのような凝った造形は無理なのでしょうか?

瓔珞文といえば平戸焼が有名ですが、瓔珞文と文人画の組み合わせは
亀山では本当にありえないのでしょうか?

亀山焼をサポートした長崎奉行所のある当時の長崎はこのような美術工芸品を
造る文化基盤があったのでしょうか?

1800年頃、突如長崎の伊良林に現われた亀山の窯。
もとはオランダ船が輸出荷を長崎に下ろしてオランダへ戻る際に
船のバランスを保つための、水を入れる甕を焼いたのが始まりだったそうです。

その亀山焼はおよそ60年間ほど続き、突然姿を消しました。
四期に分かれる亀山焼ですが、その全貌は謎に包まれています。
今日、日本で見かけるミュージアムピースの多くは、小曾根乾堂が亀山焼の
再興を果たした第三期、幕末のものが多いようです。

しかし、実は18世紀に書かれたイギリスの陶磁器の本には既に
亀山焼が当時の日本製磁器の最高峰であったことが
記されているのです。その時代は、亀山焼の全盛期といわれる第二期、
1820-1830年頃のものです。

なぜイギリス人は亀山焼のことを知っていたのでしょう?
その謎を解く鍵は、亀山の興りとその目的市場にあるように思えます。

実はボチボチ勝手にリサーチを始めたので
このあたりのことを考慮しながら、今後ちょくちょく亀山焼について
思うところを書いていきたいと思います。

とりあえず、今回は謎の丁子風炉を通して、肥前磁器の秘密の窓口を
覗いてみました。

次回は、軽~くデミタスカップのコレクションを紹介したいと思います。

亀山焼についてのご意見などございましたら、お知らせくださいませ。


ブログ村に参加しています。
ポチッと!ポチッと~、ヨロピクお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村










Category: 亀山?

tb 0 : cm 2