03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

里帰り旅行記 ~島原の乱編~ 

2017年末の里帰りの際に旅行した記録です。
骨董の話ではありませんので、悪しからず。

九州旅行の行先もそろそろネタが尽きてきたので、今回は
歴史テーマを中心とした旅程をたててみました。

テーマはズバリ、「島原の乱」!
島原の乱の史跡を巡るのには実はちゃんとした理由があるのですが
それはこの際置いといて、さぁ、行ってきました。冬の島原!

前回は真夏に行って、熱中症にかかる寸前だったので、今回はリベンジです。

まずは、長崎から島原市へ。
いろいろとルートを考えましたが、今回は一日目島原からフェリーに乗って
天草方面へ行く予定だったので、小浜や雲仙には寄り道せず、いきなり島原市に直行!
温泉卵も六兵衛もなし!(っω・`。)

お約束の島原城へ。

Christian His

ここは、島原藩の松倉重政が過酷な取り立てをして築城し、
島原の乱の主因を造ったと言われます。

島原というのは、所謂東シナ海交易におい非常に重要な役割を果たした土地柄なんです。
もとは、福建省などの中国人の商人が五島や平戸などと共に立ち寄った港町として
栄え、16世紀にはポルトガル人が交易やキリスト教布教のため多く訪れました。
先代の有馬家が関ケ原後改易されてからは、鍋島藩がしばらくここを収めた後、
大和五条の松倉家が招聘され、収めることとなりました。
その際、もともと有馬が居城した南島原の日野江城や新たに築城した原城には住まず、
新たに身の丈に合わない立派な城を築城したのが、この島原城です。

城内は、主に島原の乱や隠れキリシタン弾圧についての資料が展示されています。
マリア観音像。
マリア観音のほとんどは実は少数の平戸製を除いては、中国・福建省の
徳化窯の作品なんですよ。 いろいろあります。

CH2.jpg

さて、私にとって初耳だったのは、島原には眉山焼というやきものがあったのだそうです。
島原藩の御庭焼だったそうですが、展示を見てビックリ!

平戸焼でしょ?これ。

CH 4

これも、可能性としては鍋島、平戸、武雄・・・

この亀甲の透かし彫りは、平戸焼だけでなく鍋島や亀山焼でも見かけます。
これだけの高級磁器ですので、嬉野・武雄の線もあるかもしれませんが・・・

島原でこれだけのものを作っていたのでしょうか。
眉山焼については、まったく知りませんでした。(。-_-。)

CH5.jpg

このあたりは平戸焼でしょう。
手前の花瓶(菊貼り付け)は絶対に平戸焼ですね。

CH6.jpg

菅焼花瓶。
眉山焼の前身となった焼き物だそうです。


CH7.jpg

釈然としませんが、気を取り直して北村西望彫刻庭園へ。
島原が生んだ偉大なる彫刻家です。長崎の平和像で有名です。

CH8.jpg

平和像は個人的にはイマイチですが、北村西望の作品はやっぱり良いですね。
ロダンでも西望でも、素晴らしい彫刻家の作品は、なにか迫ってくるような感覚を覚えます。
存在感だけで、すでに芸術なんですね~。
モダンアートにも見習ってほしいもんです・・・

CH9.jpg

今回のテーマ、天草四郎像。
あれ?かっこよくないよ?

この日はとにかく寒かったので、早速お昼に。
島原名物姫松屋の具雑煮。

これも島原の乱で食べ始めたのがきっかけだとか。
なんでも島原の乱とこじつけてる・・?

CH10.jpg

島原の具雑煮は有名ですが、次回はここはもう来ないと思います。
味もサービスもちょっと・・・という感じで、人には勧められないかな。

次回、島原では新名物のとりのからあげを食べることにしましょう。

ブツブツいいながら、南島原市へ出発。

南島原へ向かう海岸線を下ると、原城址が見えてきます。
空模様も手伝って、なんとなく神秘的なかんじです。
キリシタンにまつわる場所は、西彼半島でも島原でも平戸でもおおむね
こんな感じです。
デウスを信じたくなるような風景ですね。

CH12.jpg

ここももうすぐ世界遺産に加わる予定だとか。
1992年から2008年頃まで、ここ原城では発掘調査が行われたそうで
おびただしい数の人骨はもちろん、黄金の十字架等も発見されたのだそうです。
くわしくは、五野井隆史氏の「島原の乱とキリシタン」をご覧ください。
おすすめです。

CH13.jpg

島原の乱についてはいろいろと興味深いことを学びました。
最初反乱軍は天草の富岡城を攻めたそうです。
地図をみないとわかりにくいかもしれませんが、富岡城は天草の西端にあり
長崎の茂木とは目と鼻の先です。
富岡城を乗っ取り、長崎を攻めることができていれば
幕府も大わらわだったことでしょうが、当時ポルトガルがキリシタン反乱軍を
果たして援護できたかは史家の間でも意見が分かれるところです。
この富岡城が落ちていれば、歴史は多少変わっていたのかもしれませんが
結局富岡城は落城せず反乱軍は島原へと戻りました。

この後原城を攻めたのは鍋島藩、陣中期も奪取しました。
総大将・天草四郎は首を取られて、長崎出島(当時はポルトガル人用ゲットー)の
門に晒されたと言いますので、幕府としてはやはりポルトガルがキリシタンを煽ったと見ていた
のでしょうか?

CH17.jpg

原城址はあまり整備されていないのですが、そこが良いです。
雰囲気がありおすすめです。

CH15.jpg

原城から20分ほど車で下向すると、島原半島の最南端口之津へ着きます。
ここは有馬藩だったころ、かのザビエルの弟子トルレス、大分で育児院を作った
アルメイダが滞在した場所で、もとは日本におけるイエズス会の本拠地だったんです。
今はむかし、ポルトガルからの貿易船や教会でにぎわった面影はありませんが、
歴史を勉強してから行くと、なかなか味わい深いものがあります。
今回の旅で一番心に残ったのは、なぜかこのフェリー待ちの風景です。

CH16.jpg

この日はフェリーで天草に渡り、天草のめぼしい資料館を見てまわりました。
島原の乱の時天草四郎の陣が作ったという旗は残念ながら展示されていませんでした。
野暮なことを言うようですけど、今回の旅行で気になったことの一つに
地方の資料館、レプリカの展示が多すぎです。
島原城もそうです。モンタヌスの雲仙のレプリカとかが展示していたんですが
資料館にせよ、博物館にせよお金を取る以上はできるだけ本物を見せてほしいです。

「どこも経営難ですよ!」という声が聞こえてきそうですが
天草の資料館まで足を運ぶ人はやっぱり陣中旗を見たいと思うんですよね。
ないものは見せられませんが、せっかくあるんだったら常時展示してほしいです。
そして旅行者も、本物の展示を見るために地方をどんどん旅してほしいですね。

さて、やっとこさ本日宿泊する宿、ホテル竜宮に着きました。

部屋に着いたとたん、景色をみて「おおおおおーーー!!」

ご覧ください、この景色!!!
素晴らしすぎます。

部屋から、天草五橋の5つ目の橋が見えます。
(この写真ではみえませんが・・・)
そして目の前には、天草松島が!

本当に素敵です。
この宿にしてよかったー!

CH18.jpg

パノラマです。

サービスも、田舎の(失礼!)宿とは思えぬほど社員教育が行き届いています。

CH19.jpg

ディナーも良かったんですが、なんといっても家族みんなが喜んだのは
朝のバイキング。
天草松島を目の前に、おいしいタイ茶漬けを朝っぱらから二杯もかっ食らっていたのは
うちの相方です。ハイ。(。-_-。) そんなにうまかった?

CH20.jpg

なんだかんだ言って、天草が本当に気に入りました。
また是非行ってみたいです。
いや、絶対行きます!
朝の天草、素晴らしい~!

_DSC1483.jpg

この後は熊本城へ。

熊本城は残念ながら地震の被害のため堀の外から眺めるのみ。
私は熊本城は日本一美しい城だと思っていたので、この姿は
本当に残念です。

CH22.jpg

一日も早い復興を祈ります。

CH21.jpg

熊本城が見れないので、せめてお土産屋さんにて熊本観光業をサポート。

これは天草のウニコロッケ。
結構いけます。

CH23.jpg

この後、南阿蘇の高森に宿泊。
ここも地震の爪痕が痛々しいです。
移動に苦労しました。

宿では、阿蘇の特産赤牛や地鶏のBBQ.
ビールが合います。

CH24.jpg

大観峰。
この後、阿蘇高森から大変な目に合いながら、なんと九重・湯布院に向かいました。

やめときゃよかった・・・
ここ2-3年ほど、湯布院は中国人・韓国人観光客でいっぱいでして
以前のようなハイエンド・リゾートの雰囲気はもうありません。
こっとう「和」もご主人が亡くなり、キャラバンのマスターは
観光客の接待で忙しく・・・・

湯布院も変わってしまいました。(つД`)ノ

daikanbo.jpg

尻すぼみの旅行になってしまいましたが、
収穫も一応ありましたので、そう文句も言えませんね。

それにしても、天草また是非行きたいなぁ。

CH25.jpg

最後は・・・・もちろん山田SAの鶏天ランチです。
山田も、集中豪雨の被害から立ち直りつつあるのでしょうか。
ここも復興頑張ってほしいです。

次回は、最近やっと手に入った長崎螺鈿+有田・蔵春亭を紹介します。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 旅行記

tb 0 : cm 2   

The Getty Center/Museum へ行く! 

夏休み直前なので、突然ですが先日訪問したLAにあるGetty Center の紹介を
したいと思います。

以前訪問したLACMAでもそれとなく触れましたが、この世の楽園、西海岸にはただ一つ欠けているものがあります。

それは文化!
SFに居た頃も同級生にボヤいたものですが、西海岸の美術館、レベル低すぎですっ!
東海岸にいた頃は、ボストン美術館をはじめ、イェール大の美術館、NYのメトロポリタン、
そしてフィラデルフィア美術館など、ほぼ月一から毎週通っていた者としては、
西海岸の美術館のレベルは「?」でした。アートスクール出身の友達が、それでもSFのめぼしい
美術館やバークレー、スタンフォードなどの美術館など連れまわしてくれましたが、
いや~、さすがの北カリフォルニアでも全然ダメですね・・・
東海岸には全然勝てません、

予想した通り、LAも例外ではなくハリウッドの近くにあるLACMAに行ってみましたが
あまりのしょぼさに呆然としてしまいました。それにしても、このしょぼいコレクションは
どうよ?デトロイト美術館のほうが規模は小さいけど、いいもの置いてるよ?

そんなわけであきらめた感がありましたが、相方の希望で先日The Getty へ
飲茶のついでに行くことに。

「見るもん、あんの?」と感じの悪い私に、
「なんか景色がいいらしいよ。まぁ、そんなに期待せずに行こうよ!」という相方。
LAのダウンタウンを抜けて、サンタモニカを北上すると、西海岸の動脈である
高速の右手にはマルホランド・ドライブが。
デヴィッド・リンチの話に華を咲かせていると、間もなく
左手の山の上に、The Getty が見えてきました。
山の上にそびえる美術館です。
気分が上がってきました(笑)。

山の上なので、モノレール(?)に乗って行きます。
稲佐山っぽい、と思う私(。-_-。)

そして、ついに着きましたよ!
建物全般、素晴らしいですね!高台の美術館からLAそして太平洋が
望めます。景色、良すぎます!

IMG_1532.jpg

Getty Museum はアメリカの石油王、Jean Paul Getty の資産で創設された私美術館ですが、
そのコレクションたるや、印象派を中心になかなか良いものを集めています。

IMG_1533.jpg

私の世代だと、ゲティと聞けば、映画「蠅の王」のバルサーザル・ゲティを思い浮かべます。
可愛かったなぁ。バルサーザル・ゲティ。(ノ´▽`*)b☆

ジャン・ポール・ゲティはバルサーザルの曾祖父。JPゲティの長男は経営のストレスで自殺、
その孫であるJPゲティ三世(バルサーザルの父)は少年の頃誘拐され、
祖父(ゲティ)が身代金の支払いを拒否したため、
片耳を切り落とされ、その後ドラッグ中毒になった、という、アメリカのいわゆる
トンデモダイナスティを地で行きました。そのコレクションたるや、
メトやボストン、フィラデルフィアとまではいきませんが、質的には
デトロイト美術館くらいのレベルではないでしょうか。
デトロイトのコレクションの多くがフォード・ファミリーからの寄贈であるのに対し、
ゲティは寄贈ではなく、LAの一等地に自分の美術館と財団を築きました。

IMG_1537.jpg

太平洋を一望。
絶景です。

IMG_1538.jpg

カフェなどもあり、一日楽しめます。

IMG_1540.jpg

セザンヌ。

IMG_1542.jpg

有名どころでは、ゴッホのアイリス。
これは、以前フィラデルフィア美術館でヨーロッパにおける「ジャポニズム」についての展覧会で見ました。
ゴッホのトンデモ浮世絵とか、置いてたっけ。
アイリスはゲティが所蔵してたんですね~。

IMG_1545.jpg

印象派も結構ですが、私としてはやはり東洋磁器が気になります。

すると相方、すかさず「ここにはいろいろと古伊万里やら景徳鎮があるんだよ」と言います。
Mounted Oriental Porcelain in JP Getty Museum という本を、相方はすでに
熟読していました。

本棚にあった本を思い出しつつ、「あれ?ゲティのコレクションだったの?」と
間の抜けた質問をする私。( ノД`)
すんません。ちゃんと表紙見てなかったぜ。

さて、東洋磁器コレクションは、美術館の中のいわゆるヨーロッパの広間を再現した空間を中心に
装飾品として置いてあります。

ホラ、ありましたよ。
1680年頃から1700年くらいに作られた有名な染付の大蓋物です。

IMG_1549.jpg

同じものは、メトロポリタン美術館及び、イギリスの有名美術館にも所蔵してあります。

IMG_1552.jpg

以前紹介した染付楼閣山水文ケンディとおそらく同じ窯で作られたものではないかと思われます。
この時代の輸出染付でも高級磁器にあたるものです。

さすが、ゲティ!

IMG_1554.jpg

IMG_1555.jpg

こちらは典型的な輸出伊万里。
装飾の感じからいって、ヨーロッパの王侯貴族所蔵のものだったようです。

IMG_1556.jpg

こちらは、対面で二つのショーケースが並んでいます。
一つは東洋磁器、と言っても、中国と日本の磁器のコレクション。
向かいは、ヨーロッパの磁器のコレクションです。

メインは景徳鎮。そして、両脇の白磁は徳化窯。一般にBlanc De Chine と呼ばれます。
和訳が「高麗白磁」となっていますが、徳化は中国福建省の窯であり、朝鮮とは
まったく関係ありません。なんで、こんな和訳なのかな?
ご存知の方、教えてください。

手前の青磁の栄螺(法螺貝か?)は元禄の頃の有田製。
素晴らしいですね。

東洋磁器の東の雄は景徳鎮、西の雄は有田、といったところでしょうか。
余談ながら、日本で磁器の祖とされる朝鮮の磁器は欧米の美術館では
ほとんど見かけません。
ご存じの方も多いでしょうが、李氏朝鮮の頃の磁器は実は19世紀に作られたものですら
初期伊万里に毛の生えたレベルなんです。
昨今、米国の有名な美術館に韓国企業がお金をばら撒き、
あちこちで韓国文化の展覧会をしていますが、このような場所でみかける
王族の特別イベントの時の使われたという龍の染付の磁器(大型の花瓶)などを見ると
正直、「・・・・」といった感じです。
当然、これらが景徳鎮と並ぶことはありません。

IMG_1561.jpg

さて、向かいのショーケースは、ヨーロッパの名窯のものが並びます。
マイセン、セーブルなどなど。
美の競演ですね。

IMG_1562.jpg

ここにも古伊万里。

IMG_1566.jpg

こちらの青磁は中国の景徳鎮。
景徳鎮は誰が何と言おうと磁器の皇帝です。
景徳鎮以上の窯は世界中探してもありません。
有田の美を理解すればこそ、景徳鎮のすごさを認めざるを得ません。

悔しいけど、しょうがありませんね。

IMG_1568.jpg

360度展望室です。

古伊万里、もういっちょう。

IMG_1571.jpg

ギリシャ、大理石の彫刻。
ゲティの財力、あっぱれです。

IMG_1572.jpg

IMG_1574.jpg

18世紀以降のヨーロッパ王侯貴族の部屋を再現した部屋。
中国と日本の磁器は、ヨーロッパの貴族にとっては
抜きんでた経済力と社会地位の証でもありました。

IMG_1575.jpg

強王アウグストゥスは、景徳鎮や古伊万里を自分の所有する
戦士や奴隷などと交換したそうですよ。
こんな話聞いたら、ポーランド人の友達嫌がるだろうなぁ(笑)

IMG_1576.jpg

IMG_1578.jpg

鏡の前に象の置物がありますね。

日本だと柿右衛門の象が有名ですね。
BBCの記事によると、徳川吉宗の頃に日本に持ち込まれた象は
長崎の出島からシュガーロードを通り、江戸まで東海道を上ったそうです。
京都では、天皇に象を見せるためにわざわざ象に官位まで与えたという話もあります。

当時めずらしかった象の置物は、もちろん景徳鎮でも作られました。

IMG_1580.jpg

今回訪れたゲティ、なかなか見ごたえがありました。
この美術館、この内容でなんと入場料は無料なんです。

JPゲティは忌まわしい話も多い人ですが、この美術館は私立としては
圧巻です。

名画を買い求め、美術館まで開いたゲティでしたが、本人が存命中は一度も
美術館には足をはこばなかったそうです。
ま、典型的な成金趣味といってしまえばそれまでですが、誰も信じきれなかった孤独な
大富豪が自身の名を残すために財産の使い道を選んだのがこの美術館設立だったのかも
しれませんね。

でも、私的には同じ成金趣味なら、唐津の高取家のほうがよっぽど好感が持てます。
財を成した後、文化的素養を得る努力をしたことはやっぱり立派だと思うからです。

IMG_1581.jpg

それはともかく、もしLAに行かれる方、時間があればLACMAではなく
ぜひゲティに行ってほしいと思います。
こちらのほうが断然おすすめです。
一日じっくり遊びましょう!o(^▽^)o

ブログ村に参加しています。


にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 旅行記

tb 0 : cm 0   

Papenberg Island へ行く! (長崎市高鉾島) 

先日、戦国時代のキリシタン大名である高山右近の
列福式が大阪でとり行われたそうです。

2017年は、なんだかキリシタンづいていますね(笑)
マーティン・スコセッシの「サイレンス」もやっと上映されましたし、
高山右近は福者になるし、この勢いで長崎・天草の教会群も
今年は世界遺産に登録してほしいものです。
近隣アジア諸国よ、水を差すんじゃねーぞ!

さて、日本での短い滞在中は毎度のことながらどこへ行くか
取捨選択を迫られますが、今回は相方念願(?)のPapenberg Islandへ
行ってきました。

p1.jpg

Papenberg Island というのは江戸時代のオランダ人などに呼ばれていた通称で、
正式には高鉾島と言います。

東シナ海から鶴の港と呼ばれる長崎港に入港するとき、左手にみえる島は、
17世紀にこの島で隠れキリシタンが殺害されたという逸話から、
伴天連(バテレン)の島(山)と呼ばれたわけです。

p2.jpg


東インド会社が出入りしていた頃の長崎の歴史を紐解くと
西洋の文献に必ず出てくる島、Papenberg Islandにぜひ貴重な一日を
費やしたいという相方。

平戸や生月と違って近いので、車で20分くらいで着くらしい。
なんでも神の島方面とか。
三菱重工の長崎本社があるところですな。
行ってやろうじゃないですか。

・・・というわけで、ドライブしてきました。

旭大橋を抜けて、三菱重工の香焼ドックをぬけ10分弱も走ると、
鄙びた漁村につきます。

ここがいわゆる神の島です。

そして有名な神の島の目の前にみえるのが
Papenberg Island!

なんとも美しい島です。

papen 1

江戸時代、長崎警護を任されていたのは平戸藩と鍋島藩でした。

フェートン号事件の後、長崎の脆弱な警備体制に危機感を募らせた
鍋島直正は、この神の島や高鉾島にいくつもの砲台を建設します。

つまり、高鉾島は長崎警護においては最前線だったわけですね。

高鉾島の近影。
papen 2

長崎港をはさんだ対岸(香焼・女神地区と長崎市内側の戸町)を結ぶ
女神大橋が見えます。

素晴らしい、冬の長崎。

papen 3

神の島と高鉾島の間には防波堤があり、
その右側に小さな断崖がありますが、なんと長崎らしくも
その頂上には大きなマリア像が東シナ海に向かって
立っています。

船出する人たちを見守ったり、長崎港へ帰る船を迎えているようです。

このような景色、カトリックのキリスト教的なのでしょうか?
私には、どうも中国の媽祖とマリア像が長崎の地で溶け合った
和華蘭文化の象徴のように思えます。

papen 4

迫力あるマリア像。
大きめサイズの写真を載せてみました。
この迫力、伝わるでしょうか??

IMG_1253.jpg

長崎のカトリックは、いわゆる大航海時代のイエズス会系キリスト教の特徴を
色濃く残していますので、聖母信仰が強いです。
このせいか、長崎市内で見かけるマリア像というのは、
いかにもやさしげな顔をしているのが多いので、このマリア像は
ちょっと違和感があります。

is 4

マリア像のすぐ近くには、日本の港らしく恵比寿様の祠もあります。
和華蘭文化が、街のあちこちにある長崎ならではの景色です。

is 3

マリア像のふもとから東シナ海を眺めます。

さて、せっかくここまで来たので、ついでというわけではありませんが
世界遺産登録予定である有名な神の島教会に行ってみました、

is 2

この美しい白亜の教会は、なんとあの日本映画史上屈指の美貌を誇る(!)
上原謙が結婚式を挙げた場所でもあります。

ふ~む。

ま、個人的には池部良のほうが断然好みですが・・・
関係ないか・・・(´∀`*;)ゞ ハハハ

クリスマスのミサも終わり、年末を迎えていたためか
残念ながら教会の中に入ることはできませんでした。

papen 6

相方曰く、「イタリアみたいな風景だなぁ。地中海ってかんじ!」

そうか~?(°_°)

長崎のじげもんには見慣れた風景なんだけどね・・・

papen 7

ここにも殉教の歴史が・・

is 5
is 6

神の島教会にもルルドのマリアがありました。
長崎の古い教会には、たいていルルドがあります。
やさしげなお顔です。

IMG_1267.jpg

階段のそばには、猫が何匹もウロウロして、遊んでほしそうにしてました。

papen 9


papen 10

さて、高鉾島を見たので、女神大橋を渡って
長崎の南山手方面へ。

papen 11

女神大橋。
天気も良くて、この日は本当にドライブ日和。

papen 12

女神大橋。近影。
いつもは出島ワーフのあたりから見るので、
橋を渡るのは初めてです。

papen 13

女神大橋を渡ると、あっという間に戸町に着きました。
戸町というと、ここは長崎の隠れキリシタンに夜布教して回った
金鍔次兵衛が隠れていたという洞窟があるそうです。
彼もまた、2008年に列福しました。

この後はお約束のグラバー園、ブラブラ。

今回は、普段めったに行かない大浦天主堂へ。
国宝だからか、入場料がグラバー園と一緒なんですよねぇ。

oura 1

途中、信徒発見のレリーフが。

oura 2

大浦天主堂へ行ったら、必見なのはこのマリア像。
入場料を払わなくても遠目に見れますが、
ぜひここは入場料を払ってでも、このお顔を近くで見てほしいですね。

IMG_1279.jpg

遠藤周作の「女の一生」(第一部)での主人公キクと対話するマリア様は
この大浦天主堂のものです。

ご覧あれ!
聖母と呼ばれるにふさわしいと思います。
なんとも言えない表情です。

IMG_1280.jpg

癒されますなぁ~。

oura 3

この日は年末ということもあり、観光客はほとんどが
日本人でした。
のんびりとよい雰囲気で観光ができましたよ。

oura 4

この後、グラバー園内の自由亭でコーヒーとカステラをいただきました。
躊躇なくカステラを注文する相方、長崎人になりつつある・・??

よく晴れた冬の長崎観光、楽しかったです。

oura 5

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




Category: 旅行記

tb 0 : cm 3   

LA 旅行記 (2) ~LACMAへゆく!~ 

さて、お目当ての平戸焼コレクションを発見しました。

じゃーん!

IMG_0860.jpg

え?これだけ?

そう、これだけなのです!

Σ(´Д`lll)エエ!!

IMG_0861.jpg

雪だるまをつくる唐子チャン。
水滴かな? 

色つきですよ。
カワイイなぁ・・・・

IMG_0862.jpg

お約束の子犬を抱く唐子水注。

うちにもあるぞ・・・?

IMG_0863.jpg

唐子と太鼓。

IMG_0864.jpg

徳利
IMG_0865.jpg

賢人
IMG_0867.jpg

IMG_0868.jpg

七福神
IMG_0871.jpg

北斎。
江戸幕末の平戸です。

IMG_0874.jpg

唐子と扇。
IMG_0876.jpg

福禄寿と町人の置物。
江戸幕末。

平戸焼の町人の置物は
通常は白磁で色はついていません。
元禄時代の輸出古伊万里っぽいものを
江戸幕末から明治にかけて輸出していたようです。
(古伊万里の贋作ではありませんよ)

IMG_0877.jpg

おお!
蝦蟇仙人! 亀に乗ってどこにいくの?
IMG_0879.jpg

こちらも蝦蟇仙人。

平戸焼、蝦蟇仙人が好きですねぇ・・・
かなり良い細工物です。
有名な竹林の賢人の筆立てを作った職人によるものでしょう。

IMG_0880.jpg

水注。

IMG_0882.jpg

おなじみ竹林の七賢人。
IMG_0882.jpg

以上。

Σ(´Д`lll)エエ!!

これだけかよぅ!!!

いやぁ、リポートしがいのないコレクションでした!

っていうか、、もしこのコレクションを観に
日本からわざわざ来る人がいたら、その人たちは
ガッカリすることでしょうねぇ?

まぁ、コレクションの全てを見せているわけではないのですが、
見せたところで、正直たいしたことはなさそうです。

平戸ファンの皆様は、まちがっても平戸コレクションを観るためだけに
LAに来ないよーに!

良い平戸コレクションを見たければ、これよりも平戸の個人美術館
井〇資料館のほうがよっぽどすごいコレクションを揃えております。

また、三川内にある伝統産業会館のコレクションは
入館費無料な上に、かなり良いコレクションを揃えていますし、
長崎歴史文化博物館の平戸・亀山コレクションもなかなか見ごたえがありますよ。

ま、所詮(?)LAの美術館なんてこんなもんさ・・・・

一応、日本の美術品は、本館とは別の独立した日本館という
建物に所蔵しておりまして、LACMAでも目玉の一つなのだそうですが・・・・

平戸以外には、江戸中期の古伊万里を展示していました。
けっこう古いですよ。
IMG_0894.jpg

古九谷(古九谷は古伊万里)。

IMG_0897.jpg

1720年ー1760年頃と思われます。これ(*゚Q゚*)と同時期か?

IMG_0899.jpg

かなり古い輸出古伊万里です。

IMG_0901.jpg

素晴らしい絵付け!

IMG_0903.jpg

平戸焼、となっておりますが、あまり良い出来とは言えません。
顔のつくりが雑。

IMG_0904.jpg

輸出古伊万里 (1680頃)
IMG_0906.jpg

平戸お得意の唐獅子牡丹~!
(高倉健よりは風間重吉が良い!・・・って関係ない?)

IMG_0910.jpg

日本地図皿(天保)。

IMG_0912.jpg

色絵古伊万里狛犬の置物。

IMG_0914.jpg

日本館の別館に新しく根付コレクションが展示してありました。
こちらは根付ファンには必見(?)

IMG_0929.jpg

IMG_0932.jpg

IMG_0952.jpg

相方はかなりムッとしていて、「なんだ、これ?ぜんぜん大したことないコレクションだったな。
メト(メトロポリタン)やボストンのほうがよっぽどましじゃないか」などと言っておりました。

まぁなぁ~、メトやらボストンやらボルティモアやらフィラデルフィアやらイェールやらの美術館に
毎週のように足を運んでいた人からすると、「ナンダコレ?」って感じではありますなぁ。

ちなみに、西洋美術のほうも大したことありませんでした。
ドイツ美術のコレクションがすごいそうですが、そもそもドイツ美術って・・?(´∀`σ)σ

ドイツ美術コレクション(笑)に加え、ピカソを数点所蔵しておりますが、
こちらもそのほとんどはピカソ晩年のもので、お金を工面するために売りさばいていたころのものが
多かったですね。

まぁ、メトとは比べるべきものではありませんが、もうちょっとコレクションの質が
なんとかならなかったの?というのが、正直な感想です。

最後に、余談ですが、ここにはなんと!マグリットの有名なあの絵がありました!

IMG_0956.jpg

これはパイプではない。
「これはパイプの表象である」という、というあのフーコーによる
哲学論のもとである絵ですね。

鑑賞しながら、ふとあの難解なOrder of Things を泣く泣く読んでいた
博士課程時代のことを思い出して、イヤ~な気持ちに・・・

教授に、「これ難しいんですけど!」と文句を言うと、妙にナットクした顔で
「そうだわねぇ?もとはフランス語で書かれたものを日本人のあなたが英語で
読むわけだから、そりゃぁ難解なものがさらに難解になるわねぇ・・」と言われました。

そうか?そうなのか??
言語の問題だったのか??

でも、相方も、「いや~、俺も大学時代に専門外の
人文の授業とったらフーコー読まされてさぁ、難解すぎていやんなったよ。
セメスター終わったら、あの本すぐに捨てたなぁ」と言っていたので、
どうやら私の言語の問題というわけでもなさそうです。
みんな最初はフーコー、嫌いなんだよ!
でも後で好きになるんだよねぇ。

まぁ、そんなこんなで2泊3日のLA小旅行はおしまい。

IMG_0958.jpg

素晴らしい平戸焼をもとめて旅したのですが、
良いものはやっぱり日本にあるようですね。

青い鳥は本当は自分の家にいた(?)わけでした・・・・

おそまつ~!

ブログ村に参加しています。
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




Category: 旅行記

tb 0 : cm 5   

LA旅行記 (1)~LACMAへゆく!~ 

クーラーが必要じゃないまま夏が終わりつつある今日この頃。
矛盾するようですが、ここでは気持ちの良い夏は終わりません。
一応、常夏の国なのです・・・

でもね、贅沢と言われようとも、日本育ちの私には
正直、四季が恋しいところです。(´・_・`)

秋風や~藪も畠も不破の関~    (^∇^)バショー!


さて、あっという間に9月ですね。
アメリカでは新学期が始まりましたが、8月中旬頃、夏休みの終わりに
家族サービスでLAに小旅行しました。

本当はSFまで行こうと思っていたのですが、やめといてよかった!
なにしろ、LAの交通渋滞のひどさと言ったら・・・
40分で行けるところを、ラッシュアワーだと2時間、下手すると4時間。
アナハイムからハリウッドに行くだけで2時間以上・・・・って・・・・?
アナハイムからサン〇〇〇〇の家に帰ったほうがましじゃん!

いや~、エライ目に遭いました・・・・

まぁ、そういうわけで、今回はお約束のハイアットプレースに泊まり、
まずはチビッ子のリクエストに応えて、ディズニーランド!

TDLに負けず劣らず観光客でごった返しておりました・・・

SWのショーを見たり・・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。

IMG_0666.jpg

っていうか、これって戦隊物のショーと同じレベルか?
うう~む (ノ_<)

カイロレンとも記念撮影したんですが、チビは恐怖で
震えておりました・・・・いや、本物じゃないのよ・・?

パレードを見たり・・・
IMG_0754.jpg

花火をみたり・・・
IMG_0773.jpg

いや、家族サービス大変ですね~!
子供のいる親御さん、国籍を問わず、みんな花火を見る目が疲れきっております。

翌日は、DLからユニバーサルステューディオへ。
アナハイムからハリウッドまで2時間!(←しつこい)

近いのに遠い・・・・ってどこの国だっけ?

さすがにUSはそこまで混雑しておりません。

レストラン街。あやしげなスシやがあります。
IMG_0818.jpg

DLに比べると、こんな人混み、楽勝!
IMG_0821.jpg

ジュラシックワールドのショーがあったり・・・・

IMG_0830.jpg

この日のUSのハリウッドツアーはFast & Furious の撮影現場の見学だったのですが、
なにしろLAは熱いし、ポールウォーカー死んじゃったし、ツアーに一時間も
つぶしてらんねぇ!

・・・・というわけで、ハリーポッターのライドの後は
さっさとUSを後にしました。

もうこの時点で、「やっぱ、LAなんて来る価値なかったかも・・?」と
思い始め、翌日の予定を繰り上げて、
急遽Los Angels County Museum of Art (LACMA) に行くことに・・・・

IMG_0843.jpg

アメリカ・西海岸の文化レベルは東海岸とは比較にならないくらい低いのですが
LAには唯一マトモな美術館があるそうです。

そういやSFの美術館も大したことなかったなぁ・・・
ウチの大学の美術館なんて村上隆とか飾ってたしなぁ・・・・?
まともなのは、スタンフォード大のロダン庭園くらいか・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

IMG_0844.jpg

まぁ、LACMAがすごいと言ったって、所詮南カリフォルニア人が言っているので
全くアテにはなりませんけどね・・・・

とはいえ、一応私とダンナにはお目当てがあるわけです。 

LACMAのお目当てはなんといっても、北米最大の平戸焼コレクションである
Kurtzman Collectionです。

どんなすごいものが置いてあるのか楽しみです。

さぁ、行ってみよ~!

IMG_0853.jpg

お?いきなり色鍋島です。

めずらしくもなんともありませんが、
まぁ美術館ですので、一応色鍋島と17世紀の輸出古伊万里くらいは
置いておくのがお約束でしょう。

鍋島青磁。

IMG_0855.jpg

IMG_0856.jpg

やっぱり鍋島は素晴らしいですねぇ。
ため息がでます。

2へ続く・・・・

ブログ村に参加しています。
ポチっとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



Category: 旅行記

tb 0 : cm 0