05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

鹿児島フェア ~深川製磁・錦渕地文碗皿(明治時代)~ 

先日カリフォルニアの日系スーパーで「鹿児島フェア」なるものをやっていました。

鹿児島には過去一度だけ行った事がありますが、
南国らしいスケールの大きな文化が魅力です。

早速知覧茶などを購入し、帰宅。
鹿児島名物(?)のげたんはを買ってきたので
お茶でも入れようと思いましたが、せっかくなので
ずっと以前に購入した深川製磁のデミタスを使うことに。

深川製磁・錦渕地文碗皿(明治時代)

cup 1

おそらく明治後期なのでしょうけど、ご覧ください。
この凛とした佇まい。

cup 2

洗練されていますね。
気品にあふれています。

cup 3

皿・カップ全て手描きです。
技術の高さがうかがい知れます。

cup 4

裏。
富士流水。

cup 5

cup 6

cup 7

実はこれとほぼ同じデミタスが、深川製磁から出版されている明治陶磁意匠に
掲載されています。

明治の御用食器のひとつに数えられています。

cup 9

カップはほぼ同じものですが、ソーサーの柄が若干異なります。

cup 10

こちらがその本。チャイナオンザパークで入手可能です。
明治深川の商品は見ているだけで気分が上がります。

cup 11

このカップには、以前紹介した深川製磁の皿を合わせたかったのですが、未だダンボールに入ったままですので
しかたなく最近のものを合わせました。

このお皿は、6年ほど前有田の秋の陶器市にいって深川製磁本店に寄った時
福引(?)であてたもの。残念賞だったかな。
でも、ぜんぜん残念ではありませんけど・・・

cup 13

ちなみにこのお菓子、げたんは、ですが
要はよくできた黒棒のようなものです。

実は、私は基本的に黒砂糖が嫌いで、と〇やの羊羹おもひでなどは
もらった日には、「どうしよう・・?」と思ってしまいます。

さて、2年ほど前里帰りの折に、母親が「これおいしいよ」と
お土産バッグに入れてくれたのが、これによくにたお菓子でした。

母曰く、「島原にいったらマスト・バイ!」(笑)の商品だそうで、
南島原の「ポエムタケモト」というお店の人気商品なのだとか。

半信半疑で持って帰って食べてみたら、あらビックリ。
黒棒の嫌いな私でも食べられました。こんなおいしい黒棒があるんだなと妙に関心。
ネットでググルと島原では結構有名なお店のようでした。
あれから里帰りすると、島原に行かねばなぁ、と思ったりしたものですが
ついつい行きそびれていました。

ところが先日、まさか南カリフォルニアのスーパーで会えるとは!
島原の黒棒と鹿児島のげたんは、味もみかけも非常によく似ています。
島原のものは実は明治創業以来の手法でつくっているということなので
げたんはを真似しているとは言いがたいですね。
でもまぁ、どちらもおいしいので、どっちがオリジナルとかはどうでもいいこと。
(私的には、島原のほうが黒砂糖がシャリシャリしていておいしかったように思いますけど)

明治時代、洗練のきわみである洋食器をつくっていた日本人がいたその一方で
こんな素朴でおいしいお菓子を地方で作っていた職人さんがいたんですね。

洗練でも素朴でも、造った職人さんの情熱は一級品だったのです。ヾ(・∀・)ノ

cup 12

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 0   

日本の夏はあつうござんした・・・  (明治・深川製磁 染付透彫菖蒲文香炉) 

今年の夏は暑かったですね~。
7月の中旬から8月上旬にかけて日本へ里帰りをしていましたが
日本の夏の暑かったこと!

着いた当初は、まだ梅雨明けもしていなかったので
そうでもなかったんですが、梅雨明けしてからの暑さといったら・・・
伊万里の大川内山に行ったときは、さすがにめまいがして
ろくに窯元めぐりもできませんでした・・・

さて、里帰りではいろんな方に肥前磁器についてのお話を伺う事ができました。

こちらの宿題はさておき(←夏休みの宿題を8月30日にやるタイプ)、今日は深川忠次時代の
明治後期の透かし彫り菖蒲図香炉を紹介したいと思います。

Fukagawa koro 1

カリフォルニアの骨董商から、セットで買いました。
完品です。

fukagawa koro 2

特筆すべきは、菖蒲の透かし彫りです。
香炉の外側は、菖蒲の花と葉の部分が透かし彫りしてあり、
内部は二重構造となっています。

fukagawa koro 3

細部にわたるまで彫りこんであり、岩の部分の凹凸まで細工しています。

fukagawa koro 4

内部はこのようになっています。

ちなみに、この二重構造(外側透かし彫り)は染付龍透彫龍文酒注と基本的に同じです。

外側に透かし彫りをした容器の中に筒を入れたもので、
平戸焼の透かし彫りをした高級磁器に見られるものです。

fukagawa koro 6

さて、先に紹介したLouis Lawrence の著書Prince of Porcelainによると、
廃藩置県以後、松浦藩の後ろ盾を失った平戸焼の職人は
各自窯を開いたりしたようですが、その中には有田の香蘭社や
深川製磁などと協力して作品を世に出した職人もいたそうです。
これらの会社が発表した明治の名品には明らかに有田・平戸の合作のものも多かったようで、
ローレンス氏のこの記述が正しければ、平戸焼の高い技術と伝統を引き継いだのは
皮肉なことに過去平戸の競争相手であった有田の名門窯だったわけです。

fukagawa koro 7

このような歴史の中で起こった有田・三川内のハイブリッドな性質の好みはともかく、
私のような平戸・深川ファンにとっては、このような合作は、平戸の高い技術と深川忠次の
デザインのセンスがひとつになって生まれた結晶でありまして、早い話、おいしいわけです。

fukagawa koro 8

一粒で二度おいしい。(?)

fukagawa koro 9

蓋を取ってみました。
Double Barrel.

fukagawa koro 10

細部まで凝りに凝っています。

fukagawa koro 11

鼎。

fukagawa koro 12

蓋の裏に、富士流水。
深川と書いておりませんが、この銘は明治後期のもののようです。

余談ですが、この明治後期に作られたものの中には秀作が結構あります。
香蘭社も同様です。明治後期には、クオリティの高いものが多く作られました。

fukagawa koro 13

香をいれてみようかなぁ。

fukagawa koro 14

さて、この夏、有田のチャイナオンザパークに遊びに行きました。

chuji kan

ここでアウトレットをぶらっとして、忠次館で深川忠次の名品や復刻版などを見て
その値段にビックリしつつ、二階のティールームでお茶を飲むのが定番です。

今回、忠次館内にこの香炉の復刻版が置いてありました。
復刻版は、菖蒲の花に薄紫の色がついていて非常に美しいです。

店員さんとの会話の中で、「実はこの香炉を対で持っていますが、染付ですよ」というと
店員さん曰く、「あ、デザインでは花に色がついていますので、色がついていないのなら傷物かなにかでしょうか?」と
言われ

「・・・・・・・」
(ちがう~!!!)

と固まってしまいましたが・・・・・

まぁねぇ・・・ 

なんだかなぁ・・・・

ま、いいんですけどね。

その後、忠次館の二階のティールームでお茶しました。

ここで使用される器はすべて深川製磁のものです。
こんな風に出てくると、ついつい買いたくなってしまいます。

モダンなカップ。
横には干支の羊。

この日は暑かったので、アイスコーヒー。

chuji kan 3

チョコレートケーキ。

chuji kan 2

ここ数年、深川製磁はイタリアなどのデザイナーを組んだりして、
モダンなものを作ったりしています。

なかなかセンスがよいと思いますが、やっぱり深川の基本である忠次の図案帳のようなものを
もっとたくさん出してほしいですね~。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


Category: 深川忠次

tb 0 : cm 4   

明治深川製磁 梅舟文赤地皿 

アメリカ人をして、世界で一番素晴らしい場所!と言わしめる南カリフォルニアの街に、
先日ようやくたどり着きました。

地球の危機を救うのもアメリカ人なら、世界で一番素晴らしい場所があるのもアメリカ・・?

などというつっこみはご尤もですが、まぁ後者に関しては許しましょう。

なにせ、この街は、一年を通じて最高気温が25度を上回ることは殆どありません。
湿度も低く、日本でいう五月初旬と10月下旬の気候が一年中続くような感じです。
北カリフォルニアやニューイングランドなどにも住んだ私ですが、
「世界一」は言い過ぎかもしれませんが、ここがアメリカ一なのはまちがいなさそう・・・?

さて、忙しさにかまけて一ヶ月もアップしていませんでした。
引越しが決まってからは、忙しいのと嬉しいのとで
荷造りしては遊びほうけていました。

もうなにがあっても、あの州には戻らないぜ!!

さて、定期的にここに来てくださる方には、大変申し訳ありませんでした。
数日後に夏の日本に里帰りする前に、なんとか一つでも更新するべく
ただ今パソコンを開けたところです。

前回の深川忠次の皿の姉妹品です。

fukagawa boat 1

アメリカへの輸出品でしょう。
例の屋形船で碁をする僧という有田のクラッシックな図柄に
中国風の赤絵地に梅文を合わせたものです。

有田 X チャイナという、先の皿と同じようなパターンです。

fukagawa boat 2

近影。
縁も有田の伝統的な図柄ですね。
深川は皇室御用達窯ですが、もとは有田系列ですので(小城)、
このあたりの伝統を踏襲した図柄の採用は当然でしょう。

fukagawa boat 3

手できちんと描かれています。
途方もない手間がかけられています。

今日深川製磁でも、明治時代の復刻版が出ていますが
残念ながら質に関しては、オリジナルのほうが上でしょう。

fukagawa boat 4

裏。
忠次時代の銘です。
こちらは普通の銘ですが、前回紹介した皿の銘は
若干字体が異なります。

これから推察しても、龍鳳凰文の皿は
他の輸出ものとは一線を画したようです。

fukagawa boat 5

fukagawa boat 6

ケーキをのせてもよし。
ステーキをのせてもよし。

でも、ここならフィッシュ・タコかなぁ・・・・

fukagawa boat 7

fukagawa boat 8

この図柄、もちろん深川忠次の図案帳にのっています。
輸出用ですが、あまり見かけない柄です。

fukagawa boat 9

fukagawa boat 10

さて、今回里帰りでは、九陶や三川内のギャラリー「さるのあしあと」さんにも寄りたいと思っています。
最近ものすごい珍品を手に入れたので、いろんな人に見せて意見を聞いてきたいと思います。
この珍品も、帰国したらアップしますので、お楽しみに。

あ~、日本への里帰り楽しみだ~。
唐津で泳ぐぞ~!!!

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


Category: 深川忠次

tb 0 : cm 2   

さらば、中西部!(明治深川製磁 龍鳳凰舟文黄地皿) 

ミシ〇ンでの暗く長い一年がようやく終わりつつあります。
来月、やっと、中西部を去ることになりそうです。
ヤッターッ!

去年、泣く泣く東海岸を後にした時、相方もさすがに
可哀相と思ったのか、

「来年の今頃は、きっと東海岸か西海岸に帰れるようにするから」と
言ってくれましたが・・・・

ヤツめ、ちゃんと約束を守ってくれました。
アリガ㌧。

そんなわけであと3週間したら、10年ぶりにカリフォルニアに帰ります。

あー、メデタイ。

言っちゃなんだけど、ここはちょっと日本人には住みにくい州でしたなぁ。。
田舎っぷりがいやなんじゃないけど、ここの人たちの
村人メンタリティがなぁ・・・・・
マイ・プリウスは、駐車場に停めるたびに
あちこち引っ掻かれるし・・・まぁ、トヨタ憎しなんでしょうけどね・・・

まぁ、そうはいっても、良い人ともたくさん会えたし、
なかなかおもしろい一年でした。

でも、ここに住めと言われたら・・・・


さて、締め切り迫る論文も書き終わっていないというのに
毎日イソイソと荷造りに励む私。

骨董コレクションを箱に積めますが、
プチプチで包装するだけで、あとはプロに任せることに・・・
包装する前に、ブログ用にチャッチャと写真に収めます。

家を購入するまではしばらくは箱から開けない予定なので
しばしのお別れ。

皆の衆、くれぐれも引っ越し屋さんたちに壊されないようにね~。
達者でなぁ~。

今日紹介するのは、明治深川製磁・忠次時代の名品です。
この竜鳳凰黄地は、忠次時代のものでも結構力作が多いのですが
これもなかなか凝ってます。

急いで写真を撮ったので、イマイチぼけていますが・・・

yellow dragon 9

この皿も、例の深川忠次のデザイン帳に載っています。
古伊万里でよく見かける、屋形船で碁を打つ僧と、空にかかるカシオペアの星座。
有名なこの図柄に、大胆にも中国の皇帝の印である玉竜と鳳凰を合わせています。

それにしても、古伊万里とチャイナとは!
この発想!!!斬新ですね。

やっぱり深川忠次は天才です。
古伊万里のいいとこ取りをしたと陰口を叩かれそうですが、
有田の古いデザインを取り入れて、まったく新しいものに変えてしまう
センスの良さは、深川忠次ならではです。

香蘭社のデザインでも、忠次の全盛期には及ばない、と言ったら
香蘭社に怒られるかな・・・?

yelllow dragon 1

ピンボケしていて、申し訳ないですね~。
(レンズが見つからなかった・・・)

yellow dragon 3

ピンボケで近影はイマイチですが、皿の表面に模様が彫り込んであるのが見えますか?

残念ながら、使用すると表面がはがれてしまうようで、あまり実用的ではありませんが
飾るには十分芸術的な皿だと思います。

yellow dragon 4

白い龍。
爪は3本なので、皇帝の龍ではありませんが・・・

yellow dragon 5

鳳凰。

yellow dragon 6

屋形船で碁をするなんて・・・風流ですなぁ。

ちなみに、表の凝りようとは対照的に、裏はザッとしています。

yellow dragon 7

おなじみ、深川忠次時代の銘。

yellow dragon 8

明治のお皿というのは、骨董屋にすると新しすぎて価値があまり
ないのかもしれませんが、この時代特有の美しさや
完成度の高さがあり、なかなか魅力的だと思います。

yellow dragon 2

さて、荷造りをもうちょっとやりましょうかね・・・・


ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 8   

何をのせよう・・・・(深川忠次・竜鳳錦手黄地皿) 

昨年と違い、特に華やいだこともなく、あっというまに3月が終わりつつあります。
遊びに行くところもあまりないミ〇ガン・ライフ。
う~む。
しかも、今日は雪が降っています。
これってどうよ?

おかげで、暇ができたらブログをアップしています。
3月はなんと、(こんなワタシも)かなりマメに更新できました。
月に4回もアップできるなんて、すごいぞ!ワタシ!

ふぅ~。
田舎暮らしはやっぱり合わないなぁ。
日本の田舎は、どんなところでもそれなりに歴史とか見るべきものがあるんでしょうけど
アメリカの歴史なんて、ボストンがどんなに頑張っても
所詮元禄伊万里の歴史には勝てんのですよ・・・・

まぁ、そんなため息ばかりの生活も、あと数ヶ月の辛抱!

今日は、久しぶりに深川製磁(初期)のチョコレートトレイなど紹介したいと思います。

fukagawa dragon 1

この龍と鳳凰シリーズ(黄色基調の)は、深川忠次時代のものでも
お気に入りの物で、実は結構コレクションしています。

以前紹介した竜鳳凰錦手黄地手付水差卵殻手デミタスカップ大正時代のティーカップなどなど。

これ以外にも、水差しとそろいのミルクピッチャーやお皿なども持っていて
骨董屋で見つけると、買わずにはいられません。

以前にも書きましたが、深川忠次は香蘭社から独立したあと
精力的に欧米、特に当時の新興国で羽振りの良かった米国に輸出していましたので
深川忠次時代の良きものは、アメリカからザクザク出てきます。
コレクターにとっては嬉しいことですね。

fukagawa dragon 2

一応私も深川のコレクターなのですが、この龍と鳳凰シリーズは
どうやら、深川製磁会社にとって特別なものではなかったのかな、と思えます。

というのも、龍と鳳凰の黄色基調のものは、裏銘がほとんど(古いもの・忠次時代に限りますが)
手描きなんです。

fukagawa dragon 3

どの作品も、手描きなのは当然ですが、この龍と鳳凰シリーズは
全体的に、ものすごく手が込んでいて
他の印判と手描きを合わせたデザインのものとは、
その手間にかなりの差がついているように思います。

ご覧ください、この龍。
素晴らしい絵付けです。

fukagawa dragon 4

鳳凰もいいですね。よく描けています。

fukagawa dragon 5

裏です。
お馴染みの富士流水ですが、手描きの銘になっています。
ちなみに、この忠次時代の銘は富士流水ではなく、縦長で深川製、と書いています。
みな判を押したようにおなじ書体なのに、この龍と鳳凰シリーズは例外的に
手描きの銘なんです。

fukagawa dragon 6


fukagawa dragon 7

さて、深皿なのでなにを入れようかな。
これってやっぱり、チョコレートトレーですよね。

fukagawa dragon 8

というわけで、大好きなギラデリ(英語の発音はジラデリ)チョコレートをのせて見ました。

懐かしいサンフランシスコの味!
でも全米どこででも買えますけどね(テヘ)

fukagawa dragon 10

余談ですが、先日友人からゴディヴァのチョコレートをもらったので
食べ比べてみました。

はっきりいって、味はあんまり変わりませんね。
ゴディヴァは箱代にお金でもかけているのでしょうか・・・・
どちらもおいしいチョコレートですが、コスパの面から言うと
アメリカ製に軍配が上がると思います。

一概にアメリカのお菓子はまずいと言われがちですが
そんなことはないと思います。先入観の問題もあるのかもしれません。

fukagawa dragon 11

そして・・・・

チョコレートだけでは飽き足らず、ディアボーンにいって
中東スイーツを買って、並べてみました。

fukagawa dragon 12

一つ一つ説明したいところですが、名前がわからない・・・・

向かって左のものは、英語でBird nestといいます。
ナッツとはちみつかふんだんに入っておいしい~!

fukagawa dragon 13

他の二つも、味は似たりよったりです。
でも、食感とか微妙に変わっていたりして、とてもおいしいですよ。
さすが世界三大美食の一つですね。

最近は中東情勢も混乱しているため、中東に対するイメージの悪化は避けられません。
でも、それはそれ。
中東には、メソポタミア時代から続く素晴らしい文化がある、ということを
忘れて欲しくありません。

あれ?
歴史のない北米の街で中東4000年の歴史に思いを馳せたりして・・・

fukagawa dragon 9

中西部の生活も、悪いことばかりじゃないってことかな。


にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 深川忠次

tb 0 : cm 0