09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

染付 柳翡翠青海波梅文 蓋付角瓶 (肥蝶山・深川製) 

早いもので、もう8月も中旬ですね。

日本は、例年並みの酷暑に加え、台風まで猛威をふるうという
なんかもう、ありえないお天気のようです・・・
この夏、帰国できなくてガックリしていましたが、
日本のニュースを見ると、う~む、帰らなくてもよかったかな?

いやいや、なんだかんだいっても、やっぱり日本が恋しいことに
変わりはありません・・・

さて、今日は深川栄左衛門時代の深川窯による幕末輸出用の角瓶を紹介します。
こちらでは割とよく見かける代物ですが、日本のネットオークションでも
たまに出品されることがあるようですね。


tea caddy 1

柴田コレクションIVの図録500に非常に良く似たものが載っていますし、
かの蔵春亭三保製のもので、南京赤絵風のもので全く同じ型のものが
あります。

以前書きましたが、幕末の有田・波佐見・志田・三川内周辺は
もうなにがなんだかわからないハイブリッドな世界だったので
推測するに、有田のどこかの窯が生産を一手に引き受け
染付にしたり、名前をいれたり、色絵にしたり、と輸出業者兼窯元
(かんぱにぃ、ですな)に卸していたのでしょう。

tea caddy 2

幕末・明治初期の肥前系に良く見られる呉須の発色です。
あんまり良いとは思えませんが・・・

この角瓶、一体用途はなんなのでしょうか?
欧米では、一応これはTea Caddy (お茶入れ)と呼ばれますが
Tea Caddy にしては小さめなので、おそらくインク瓶だったのではないでしょうか。

tea caddy 3

余談ですが、この幕末・明治初期という時期には
欧米の生活に合わせたいろんなものが輸出されました。

以前このブログでも紹介しましたが
有田焼や平戸焼などは、燭台、インク瓶、ペーパーウェイト卵殻手のコーヒーカップ
などなど、欧米の家の書斎やダイニングを彩るものが随分つくられ
松浦藩や鍋島藩などはかなり外貨を稼いだそうです。

これもそんな外貨を稼ぐために発注されて造られたものなのでしょうね。

tea caddy 5

輸出用のものだと、質が劣っているものが多いのですが
こちらはなかなか丁寧に作られていると思います。

ちなみに、角瓶のみならず姉妹品(笑)として
丸瓶もありますので、そのうちゲットしたいと思います。ふふふ。

tea caddy 6

端正な造りです。
ディスプレイとしても良い感じです。

tea caddy 7

鳥は、かわせみのようですね。

かわせみは別名翡翠(ヒスイ)と呼ばれるそうです。
体毛の発色加減で青みがかった翠色にみえるからなのだとか。

渓流や川辺に生息し、日本画や南画などでは、柳に翡翠という図で
描かれることが多いそうです。

翡翠はいうまでもなく、中華皇帝の印でありますので、
この構図は中国からの影響がないともいえないでしょう。

tea caddy 8

こういう構図を輸出品に描いた背景としては、当然
当時欧米で人気だったチャイナを強く意識したからだと思われます。

Tea Caddy Blue White (←染付のこと)でググると清時代の欧米への輸出品である
染付の茶入れがたくさん出てきます。
その絵付けの素晴らしいこと!

1860年代というと、世界の中心を自負していた中華皇帝おさめる
清王朝という名のライオンは、欧米というハイエナに食い散らかされつつ
ありました。
皮肉なことですが、このような事態に陥った原因の元をたどると
中国があまりに豊かだったからでした。当時、中国の冨の象徴であった
絹と茶は欧米を大変魅了しました。
輸出された茶が、中国の青花の茶入れに入って欧米で売られたとき
欧米人はどれほど喜んだことでしょうね。

teac caddy 4

深川栄左衛門は、当時欧米で人気のあったチャイナの絵付けを
多少ならずとも意識したのだと思います。



さて、骨董を集めていると、だんだん趣味の対象が変わってきます。

最近になってようやく欲しいものを絞るようになったのですが
(古平戸と元禄期の輸出伊万里←でもなかなかないですね)
深川・香蘭社系は今でもこつこつ集めています。

骨董屋などで見ると、どうしても買わずにはいられません。
値段がそんなに高くない、っていうのもあるんでしょうけどね。

深川・香蘭社は時間がたち、それなりに眼が肥えても、
やっぱり魅力的に映ります。

次回は、古平戸の超珍品(!)を紹介します。
いつアップするかって?すぐですよ(笑)


ブログ村に参加しています。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

Category: 深川栄左衛門

tb 0 : cm 6   

Tea with Fukagawa family  (お茶を濁して・・・・) 

前回の一富士二鷹三茄子の記事がブログ村の人気記事にしばらくランクインしていました。

新年早々嬉しいなぁ・・・
今年は何か良いことがあるような気がします。

後編を書かないと、と思っているんですが、どうもカメラの調子が悪く
修理に出すことにしました。
今週中にはアップできると思うのですが、あまりブログ更新が滞るのも良くないので
とりあえずパソコンにある写真でその場をしのぐ事に・・・・
後編をお待ちの方は、すみませんが今暫くお待ちください(汗)。

その間、深川一家と一緒にお茶でもどうですか?

Fukagawa family 1

香蘭社を設立した深川栄左衛門とその息子達の造った器で、勝手に深川ティーパーティ(笑)
を催すことにしました。

向かって左下のデミタスは香蘭社を創設した8代目深川栄左衛門、
向かって中央の桃形は初期香蘭社(栄左衛門の長男)、
右の小皿は深川製磁を設立した次男の深川忠次作です。

ちなみに後ろのステンドグラスは、長崎のステンドグラス作家のKen's Internationalのものです。
長崎空港に作品を置いています。(私は湯布院の骨董屋さんで買いましたけど)

Fukagawa family 2

まずは中央の初期香蘭社(明治)による色絵扇鳥文桃形鉢です。
ティータイムのお供は、長崎カステラの老舗、松翁軒のチョコラーテです。
なんといいますか、チョコレート味のカステラですね。

全国区では文明堂、地元長崎及びグルメの方は福砂屋(黄色地に蝙蝠マーク)が
なじみがあることでしょう。
余談ですが、長崎では通常お使い物は福砂屋のカステラです。これ以外が贈られると
むっとされることもあるかも・・・福砂屋以外でお使い物でOKなのは
松翁軒くらいだと思います。
カステラのランクは地元でははっきりと分かれています。

福砂屋が食べたかったのですが、日持ちがしないので松翁軒を買ってアメリカに帰ることに・・・
これはこれで十分おいしいです。

Fukagawa family 4

この桃形鉢ですが、まずは色絵をご覧ください。
以前アップした香蘭社のノワールのデミタスカップと同じシリーズと思われます。

チャイナを意識したものですが、おもしろいのはこの桃の形。
中国では桃は長寿のシンボルです。
日本一古い中華街がある長崎では桃と聞くと、めでたい!というイメージがあるんですよ。
ちなみに長崎では、女の子の初節句には桃の形のアイシングがかかった桃カステラを贈るのが
定番です。

余談ですが、亀山焼の名品にも同じ形の鉢(こちらは染付ですが)があります。

Fukagawa family 5

裏の銘は香蘭社、初期のものですので時代は明治中期くらいだと思います。

Fukagawa family 18

さて、お次は深川製磁会社による大正時代の皿です。

このお皿、深川系のものでは珍しいものだと思います。
骨董屋のおばさんの話では、美術館にあるような鍋島系のお皿(献上手)
を模倣したしたものだとか・・・
大正時代に造られたので、もちろん手描きです。
手描きの美しさもさることながら、造形も素晴らしいと思います。
シャープなラインは、優秀な職人さんでなくてはこうは造れません。
深川製磁はやっぱりすごい物づくりをする会社なのです・・・

Fukagawa family 7

近影。

Fukagawa family 9

なんだかルイ・ヴィトンのモノグラムを思わせますね。
モダンです。

こんなお皿が大正時代に造られていたとは・・・・

Fukagawa family 8

Fukagawa family 17
Fukagawa family 16

裏は深川製。
忠次時代の最初に使われていた銘とは違います。
このあたりも大正ならでは。


最後は忠次のお父さんの深川栄左衛門時代の香蘭社以前に造られた輸出用デミタスカップです。
時代は幕末から明治初期。
イギリスへの輸出品です。

Fukagawa family 10

幕末らしいデザインですね。

デミタスなので薄手で軽いものを目指したようですが、
泉山陶石ではうまくいかなかったようです。
香蘭社を創設後は、輸出デミタスカップ用には三川内(平戸)の
卵殻手を使用したようです。

でも苦心のあとが見えますね。

Fukagawa family 11

デミタスなので、エスプレッソ用が良いでしょう。
小さくて可愛いです。

Fukagawa family 12

全て手描きです。
良い時代でしたね~。

Fukagawa family 15

裏は、肥蝶山深川製。

Fukagawa family 13

深川栄左衛門の息子達は、父親の類まれなる才能と優秀な遺伝子を
間違いなく引き継いでいるようです。

Fukagawa family 14

みなさんは、香蘭社と深川製磁どちらがお好みでしょうか?

Fukagawa family 3

こんな企画、また暇ができたらやってみようかな。

では、次回は必ずや一富士二鷹三茄子の後編です~。
もう暫くお待ちください。


カステラが好きな方もポチっとお願いします~

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 深川栄左衛門

tb 0 : cm 0   

染付牡丹梅花蝶文皿 ~幕末・明治初期、深川栄左衛門の皿~ 

今回もまたまた深川栄左衛門ネタです。

1868年以降、藩の輸出貿易鑑札を得てあっという間に出島に出店した
深川栄左衛門でしたが、その後の肥前輸出貿易で見せた手腕は周知の通りです。

それまでのイギリス輸出を独占した田代家に取って代わり、欧米へ有田陶磁器を輸出
しながら、あちこちの万博に出展し最高賞を獲得したわけです。

前回燭台をお見せしましたが、以上のような理由から深川栄左衛門時代の輸出ものを
入手するのは昨今そう困難なことではありません。

EUやアメリカ経済が不況になってからは
みんな家のダイニングルームの飾り棚にある骨董らしきお宝から
おばあちゃんの家の屋根裏にあるわけのわからない古いものまで
次々と骨董屋やネットオークションに持ち出して売りさばく始末です。
喜ぶべきか、悲しむべきか・・・

さて輸出深川栄左衛門は手に入りますが、国内で販売されたものは
果たしてどんなものだったのか・・・というのが本日のテーマ(?)です。

3年ほど前長崎の骨董屋を訪れた時、件の花瓶染付牡丹花花瓶 を買ったところで
ある皿を見つけました。

遠くから一目見て、あっ!と声を上げたのはやっぱりなんか惹かれるものが
あったのでしょうか・・・

Fukagawa blue plate 1

牡丹と梅の花に、肥前蝶山所以の蝶を描き込んでいます。

白磁に映える、これぞ元祖・フカガワ・ブルー!

Fukagawa blue plate 7

近影です。
フラッシュ無しで撮ったので、部屋の照明のせいで黄色っぽくなっていますが
本物は白磁・呉須ともに一枚目の写真のような発色です。

Fukagawa blue plate 8

梅の香に誘われる蝶、なんとも詩的です。

Fukagawa blue plate 4

特筆すべきはやはりこの皿の形と用途です。
買った当初は全く違和感なく、皿・・・と思っていたのですが、
これはまさに現代の私達の食卓にある皿の形です。
いわゆる大き目のケーキ皿とでも言いましょうか。
洋風のメニュー、パスタやハンバーグなどをのせるときに出てくるあの手の皿ですね。

Fukagawa blue plate 3

あまりにも当たり前の皿の形だったので疑問すらわかなかったのですが、
よく考えるとこれって変です。

柴田コレクションの本を見ても一目瞭然、肥前陶磁器がこの手の皿を造ったのは
せいぜい元禄期の輸出伊万里芙蓉手の類です。

これは横から見るとさらに顕著です。

Fukagawa blue plate 6

このお皿、骨董屋の主人の話ではなんでも長崎の旧家、
曰く、”歴史の本に載るような名家”の蔵から出てきたそうです。

そうなると小曾根乾堂とかあの辺りの長崎の豪商でしょうか・・・

ちなみに小曾根氏は出島の南蛮貿易に係わっただけでなく
幕末期には佐賀藩の御用商人としても活躍したそうです。
(坂本龍馬をサポートしただけではありませんよ)
サガ・コネクションを匂わせますな。

このお皿、当初はセットで10枚そろっていたそうですが、
何しろ値段がそれなりなので、仕方なく一枚ずつ売ったら
あっという間に8枚売れたそうです。

私が最後の二枚を買いました。

問題はこの皿が西洋食器の形をしているということです。
西洋料理が日本のあちこちに普及したのは明治中期のことですが
もちろん一般家庭などに簡単に普及したわけではありません。

人々は文明開化、などと外では言いながらも家の中ではご飯や味噌汁、
煮物や魚の干物を食べていたわけです。
当然、明治時代以降の有田では相変わらず大型の鉢やなます椀を
沢山生産していました。

長崎は西洋料理が早くから食された土地柄です。
しかし長崎の場合、基本はちゃんぽん文化なので、
西洋料理といっても和華蘭などといった西洋・中華・和食の
ハイブリッドなものを食べていたようです。

すると、長崎で本当の西洋料理を食していたのはおそらく東・南山手に住む外国人貿易商
(グラバーやオルトなどですね)、そして彼らと商談を含む付き合いを重ねた長崎の豪商
ということになるのかもしれません。
このような西洋料理用の皿を10枚そろえていた、というのも
いかにもあちらの付き合いがあった人たちのように思えます。

それにしても、出島に出店するや否やこのような皿を受注し造るとは
深川栄左衛門、どんだけ商才があるのでしょう・・・

恐るべし。

Fukagawa blue plate 5

裏には深川製と銘が入っています。
最初これは深川製磁のものという触れ込みで購入しましたが、
その後深川製磁初期のものを集めるにしたがい、
これはさらに古いものであることを確信しました。

深川忠次時代の西洋食器と比べると、皿の薄さや陶土の違いによる白磁の質感などに
違いがあるように思います。
この皿はまだ時代も古いせいか、外見は西洋食器の形ですが全体は厚くて重たいです。
ちょうど幕末・明治初期の有田のなます椀などの器を西洋食器にしたような感じです。

西洋食器の製造は思ったより簡単なものではありませんでした。
香蘭社や深川製磁がその後、泉山陶石を使い西洋食器製造に力を注ぎますが
やがて薄手食器の開発に成功した瀬戸物(ノリタケなど)に遅れをとり始めることになります。


Fukagawa blue plate 2

このブログを始めた時にも書きましたが
私の骨董収集の元々の動機は
長崎で購入した染付牡丹花瓶の出所を知るためでした。

この旅はまだまだ続いています。

それにしても、この花瓶もまた幕末期のものにしては西洋仕様のモダンな形ですね。
日本の花瓶にはなかったタイプです。
この時代、この手の形の花瓶を造ったのは平戸焼しか知りません。


この花瓶、深川栄左衛門のものだと思うんですけどねぇ・・・・


ブログ村に参加しています。
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 深川栄左衛門

tb 0 : cm 6   

色絵窓絵牡丹花鳥文燭台 (深川栄左衛門と明治輸出陶磁器) 

今年のNHKドラマ、八重の桜もいよいよ明治時代へと話が移りそうですね。
この大河、まぁまぁ健闘していると思いますが、みなさんの感想はいかに??

これまでドラマの中で、主に長州・薩摩・土佐の維新の怪物たちが出てきましたね。

あれれ?佐賀・鍋島藩はあれだけ維新に貢献したのに
出てきたのはアームストロング砲だけでした・・・
このイマイチ影の薄いところが佐賀の悲しいところです。

さて維新の十傑には及びませんが、佐賀藩は幕末・明治にかけて
政治や経済の世界で多くの優れた人材を輩出しました。

有田が生んだ天才貿易商・深川栄左衛門ももちろんその一人です。
深川栄左衛門といえば、長崎出島で田代家(肥蝶山信甫)が英国への
輸出貿易権を独占していた頃、他の同業者とともに藩に直談判した人物です(1868年)。
当時一枚しか許されていなかった鍋島藩の輸出貿易の鑑札を10枚にまで増やさせ
明治時代以降の肥前陶磁器輸出貿易に大きく貢献しました。

今日紹介するのは深川栄左衛門時代の輸出ものである燭台です。
製造は大体1950~1970年頃だと思われます。

Candlestick 1

ペアで購入しました。

Candlestick 3

幕末肥前磁器によく見られるシダの絵付けですね。
ですが江戸時代後期に良く見られる赤地に金のシダではありません。

Candlestick 4

花の絵と・・・

Candlestick 5

鳥の絵が・・・(もうちょっとましな表現をしたいところですが・・・)

Candlestick 6

江戸後期に見られる窓絵です。
良い意匠だと思います。

Candlestick 7

まわりを朱で塗りこんでシダの模様を浮き上がらせています。
(カプチーノの模様でもありませんよ)

手練の技ですね。
今日ではお眼にかかれないと思います。

Candlestick 8

裏には、肥蝶山・深川造と書かれています。
香蘭社以前の深川栄左衛門のものです。
深川系では古いほうですが、以前アップした皿のほうが古いと思います。
http://micnoski.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

同じ輸出ものですが、あちらはイギリスから出てきた初期のものです。
比べて、こちらはアメリカから出てきたので時代がちょっとだけ上がるようです。

二つを比べると完成度に差があります。

Candlestick 9

Candlestick 11

過去に一体どんな家庭のダイニングテーブルを飾ってきたのでしょうか?
ちゃんとロウの痕がついています。

Candlestick 12

今年は我が家も記念日には蝋燭を買って燭台に火を灯すことにしようかな。
でもこの燭台に長い蝋燭を立てたら怖いかも・・・


ブログ村に参加しています。
よろしければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 深川栄左衛門

tb 0 : cm 2   

海を渡った深川栄左衛門の輸出皿 

深川栄左衛門が香蘭社を設立したのは1879年のことだったそうです。

幕末の有田焼の流通は、鍋島藩が主導した佐賀商会が取り仕切っていました。
藩から一枚鑑札を得ていた久富氏は、やがてこれを田代紋左衛門へ譲渡し、
その後有田焼の輸出は田代家に独占されてしまいます。
海外で、肥蝶山信甫の輸出伊万里をあちこちで目にするのはこのためです。

ちなみに海外では、肥蝶山信甫銘のものは一般的に質が良いわりに値段はそう高くはありません。
数が多いからでしょうか?
私は集めていませんが、コレクターにとっては嬉しいことだと思います。


肥蝶山信甫は全体的に西洋人向けの大き目の皿や花瓶など大作が目立ちます。
オリエンタリズムを助長するような、侍や元禄の衣装を纏った女性などがよく描かれています。
好みが分かれると思いますが、外国人を魅了したのは間違いないでしょう。

話がそれましたが、その後、田代氏のモノポリは同業者の非難されるところとなったようで、
1868年に鍋島藩の陶磁器輸出を認可する貿易鑑札は10校に増やされ、
その新たな輸出業者の中に深川栄左衛門が入っていた、というわけです。

その彼は、貿易商として初期の時代にどのような商品を海外に輸出していたのでしょうか。
一月ほど前、こんなものが手に入りました。

Fukagawa yellow plate smaller 1

裏を見ると・・・

Fukagawa smaller 5

日肥山とは、日本国肥前皿山の陶磁器という意味です。深川が造った、と記されています。

近現代肥前陶磁銘款集によると、この銘はどうやら深川栄左衛門が香蘭社を起業する以前の
1860年から1870年代にかけて使われていたもののようです。
肥蝶山と日肥山は同じ意味ですが、後者の銘は前者ほどは多く使われていない
とのこと。蘭マークは入っていないので、香蘭社設立前、と考えていいようです。

Fukagawa smaller 3

それにしても、写真ではわかりにくいかもしれませんが、このお皿はきちんと手描きしてあります。

Fukagawa smaller 4

この写真のほうがわかりやすいかもしれませんが、なんというかゴッホの絵のように、
”絵の具(??)を使った!!!”感があります。気合が入りすぎて、
色が浮いているのがお分かりいただけると思います。

図柄はおそらく、この時代西洋を魅了していたチャイナを模したものだと思われます。
西洋の市場に入っていくのに、まずは売れ筋のチャイナを造ったのは、
商才のある深川栄左衛門ならではの戦略かも・・・

それにしても、このお皿チャイナを模したとしても雑に造られた感は否めません。
初めて見たときは贋物かと疑ってしまいました・・・

皿の底は二重高台になっています。当時の有田の陶石は天草陶石などに比べると柔らかく、
小さく薄い皿をつくると真ん中が中央にせりあがったり、このお皿のように中央がへこんだりしたそうです。
このお皿も横からみると・・・

Fukagawa smaller 2

さらに真ん中は二重高台にしてあるため、ちょっとへこんでいます。

美術的な価値はない皿ですが、明治の初め、海外の資本市場の世界に飛び込んだ日本人貿易商の
意気込みがなんとなく伝わるような気がします。

イギリスからの掘り出し物でした。

Category: 深川栄左衛門

Thread: いいもの見つけた!

Janre: Diary

tb 0 : cm 0