10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

肥前陶磁器あれこれ~

オールド香蘭社、オールド深川、古伊万里、平戸焼などを集めています。

 

平戸焼細工物の傑作~瑠璃鉄青磁釉竹林七賢人筆筒~ 

平戸焼ファンの皆様、長らくお待たせしました!(笑)

今日は、スターバックス三川内焼製珈琲碗の発売を祝して、
コレクションの中からとっておきの平戸焼を紹介しましょう\(^o^)/

ついに、ついに手に入れました!!!
瑠璃鉄青磁釉竹林七賢人筆筒です。

7sages.jpg

タネもしかけもありません。
平戸焼としては超有名な七賢人の細工物です。
ほとんどの図録にお約束のように載っているので、ご存知の方も多いでしょう。

7sages 4

私がこの細工物を初めて見たのはもう5年も前のことです。
平戸の井元平戸焼資料館で初めてこの七賢人の筆筒を
見て、「これは絶対に手に入らないよね」と相方と話したものでした。
その時井元さん曰く、「平戸焼は細工物を集めないとおもしろくない」。

私もこれには全く同感で、平戸焼の魅力は細工物だと思うのですが、
この作品はその粋とも呼べる作品だと思います。

あれから五年。ついにこれを手に入れることができました。

7sages 3

七賢人については、以前香蘭社の記事ですでに紹介しているので省略しますが、
やっぱり七賢人は良いですね。
あくまで個人的な意見ですが、磁器の器に関しては七賢人のモチーフにハズレなし!
幕末の有田焼、明治の香蘭社、そして平戸焼、どの窯でも
この七賢人をモチーフにした作品は質の高いものが圧倒的に多いです。

賢者を7人も描くのはかなりスキルの高い職人を必要としますので、
結果良い作品になったということでしょうか。
それとも松浦藩と鍋島藩はどちらも教養の高い藩として知られていたので、
七賢人というモチーフそのものに教養的な意味合いを見出して
これらの作品が作られたのでしょうか?

興味深いところです。

7sages 5

ミュージアムピース、と威張ってよいこちらの細工物は、
実は日本の某有名骨董屋さんで購入可能のようです。
でも値段がねぇ・・・目玉が飛び出るほど高いんですよね。(;゜0゜)
まぁ、ミュージアムピースだからしかたないか。

7sages 6

私はこれは骨董屋さんで購入したのではなく、オークションハウスで落札しました。
最近はいろんなものがネットオークションに出品されますが、
残念ながら本当に有名なミュージアムピース級のものは
ネットにはほとんど出てきません。

今回のこのオークションでは、いくつか思い切って落札したのですが、
かなり良いものを手に入れることができました。オークションハウスだと
手数料とかいろいろ取られるのですが、それも今回はしょうがない・・と思うくらい
まぁ、珍しいお宝が手に入りました。

それにしても、まだまだあるところにはあるもんですね・・・(;゜0゜) 

7sages 7

さて、この作品の見どころは何といってもその繊細な細工です。
平戸焼の細工物はスゴイ!といつもくどいくらいに言ってますが、
実は職人さんによってかなり差があります。

この作品を作った職人さんは、瑠璃釉・錆釉・鉄釉・青磁釉などをかけて
根付や熨斗押さえなど、平戸細工物の中でも最高級の作品を手掛けたようです。

7sages 8

ご覧ください、この表情の豊かさ。

7sages 9

じいちゃんたちの顔、それぞれ異なります。
髭アリ、歯アリ、髪の毛も一本一本あってなかなかリアルです。
見ていて飽きません。

7sages 10

書を読むじいちゃんたち。命がけの議論しているようです。

7sages 11

こちらのじいちゃんはなにしているんでしょう?
呆けていますが、酒の飲みすぎでしょうか?

7sages 12

この竹林七賢人の筆筒はいろんな図録に載っていまして、
平戸焼としてはかなり有名ですが
実はそれぞれ作品によって微妙に異なります。

大きく分けると、染付中心のものと錆釉・瑠璃釉などのかかったものに分かれます。
詳しくは、野田敏雄氏の「平戸焼細工物」を見ていただければわかると思いますが、
質的に高いのは後者の鉄・瑠璃・青磁釉のかかったものです。
野田氏の本に、私のものとほぼ同じものが載っていますが、子供と話している
人の衣装にかかっている釉薬の種類が異なります。
野田氏のは鉄釉、私のは青磁釉です。

この七賢人の筆筒については、もう一つ自慢できることがあります。
それは、七賢人なのに8人いる!ということ!!!(萩尾望都か・・?)

竹林の七賢人と一般的に言いますが、美術品の多くは
この七人に加え、稚児が描かれています。
平戸焼の筆筒には、この稚児があるものとないものがあります。
筒は型をとって造られたので同じものですが、それぞれの人物の細工は
個々に作られたもので、このお稚児さんがついているもので本来
完成されたものだったようです。

野田氏の本に掲載されているものにもお稚児さんがついていますが
隣のじいちゃんとかなり接近しています。思うに、細工物を作っても
土台に収まったり、収まり切れなかったりして、
結果細工物の最終人数がまちまちになったのかもしれません。

いずれにせよ、稚児があるのはアタリ!です。ヽ(´∀`)ノ
ラッキー!

7sages 13

竹林の瑠璃釉。
平戸焼の色物は良くない、などといった馬鹿者は誰だ??

7sages 14

側面。
平戸焼の文房具があると、勉強も楽しくなる・・?

7sages 15

余談ですが、このように文房具に凝るのはもちろん中国の
習慣で、西洋ではChinese Scholar's desk などと呼ばれます。
景徳鎮や徳化窯などで筆筒、水滴などが多く作られました。

東シナ海で中国南部とつながっていた松浦藩が、このような
中国の文化に大きく影響を受けたのは当然のことでしょう。
唐人屋敷があり、多くの中国人を抱えた長崎の亀山焼も
平戸同様、硯屏風や熨斗押さえ、筆箱などを作りました。

今日平戸焼の里というと、佐賀県境に近い三川内を思い浮かべますが、
江戸時代までの平戸焼の作品は、平戸松浦藩の教養的な意向が
大いに反映していたようです。

そう考えると、平戸焼の本当の魅力というのは
作品の背後にある松浦藩の教養そのものであったという気がします。
美術工芸品というものは、技術の高さだけが
その価値のすべてではないうことです。

7sages 16

野田敏雄氏の平戸焼細工物。
細工物ファンにとって必読の書です。(笑)

7sages 17

7sages 2

最後になりましたが、先に述べたように、佐世保スタバ限定で
三川内焼の佐世保をモチーフにしたカップが販売されています。

珈琲碗を日本で最初に作ったのは平戸焼です。
以前卵殻手の記事
紹介しましたが、平戸藩は19世紀初頭ヨーロッパに向けて卵殻手のカップを
多く輸出しました。
中でも有名なものは、兜型と言われる碗です。
スタバのカップもこの兜型を現代風に取り入れた作りとなっています。

10月上旬発売のこのカップ、どうしてもほしかったので
実家の両親が電話をかけてくれた折に、「佐世保にいったら
スタバで三川内焼のカップを買ってきて~!」と頼みました。
それから数週間後、母から電話が。
「佐世保五番街で買ってきたよ!なんか変わった形やったけど??」。
ハハハ・・・(*´_ゝ`)

カップの中には、海軍さんの街らしく錨が描かれています。
モダンでとっても素敵です。これでコーヒーを飲むのが楽しみ!

来年は「坂道のアポロン」の映画も公開されるし(というか、あのキャスト
どーにかならんかったのかい??)、黒島教会も世界遺産に登録される予定だし、
ついに佐世保ブームくるか??
楽しみです。

佐世保を応援しましょう!!!

スタバカップのリンクはこちら

みんな、佐世保へ急げ!!!(^∇^)ノ

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 平戸焼

tb 0 : cm 8   

嬉しいサプライズ! ~色絵雲竜文珈琲碗(年木庵喜三製・香蘭社)~ 

祝!カズオ・イシグロ、ノーベル文学賞受賞!

朝、ベッドの中で 携帯のBBCのサイトを見たら、
なんと!カズオ・イシグロがノーベル文学賞を
受賞したというニュースが!

「え?えええええええ!!!」

なんという嬉しいサプライズ。

村上春樹がノーベル賞を取るよりも、なぜか納得。
アメリカでは村上春樹は人気あるけど、私の場合は
「ノルウェイの森」を大学で読んだ時のトラウマが大きすぎますなぁ(笑)
一体なんなの?あの話は??  (*`皿´*)ノ

ハルキストの兄に言わせると、「ノルウェイの森」から始めるのは
良くないらしい・・・ドストエフスキーの「罪と罰」のようなものか・・?
「カラマーゾフの兄弟」とか「虐げられたもの」とかから入ると面白いのにね・・・

さて、カズオ・イシグロといえば、A pale view of hills,
An artist of the floating world, The remains of the day, Never Let me goなどなどが
有名どころでしょうか。
うちの相方もカズオ・イシグロは好きらしく、特に初期の長崎ものが気に入っているようです。
あまり文学青年(もう中年か・・)っぽくない相方ですが、遠く離れた故郷の、薄れていく思い出の
輪郭をなぞるような感じに共感するのではないかと思います。
小さいころにイギリスに移住して、自分は日本人だと思っていたのに気づいてみると
日本人でもなく、イギリス人でもない何者かになっていた、というThird Place に置かれた
アイデンティティに共感するのではないかと、勝手に推測しています。

まぁ、とにかくめでたい。カズオ・イシグロだけでなく、吉田修一など
長崎出身の作家が欧米受けするのは嬉しい限りです。
遠藤周作も長崎を故郷だと思っていたそうですが、戦後の長崎は
いろんな意味で文学性の高いコンテクストだったと言えるのではないかと思います。


閑話休題。
今日は軽いものを紹介します。
明治・香蘭社のデミタスカップですが、絢爛豪華な明治時代の
食器の中でも、群を抜く秀逸さです。

demi dragon 1

これは香蘭社初期のもので、香蘭社の深川栄左衛門が深海墨之助や辻勝蔵と
共同で起業し、磁器を製造していた頃のものです。
有田でも有数のハイエンドの
磁器を造る窯元が三つも集まった、ということで、香蘭社の成功は
予想通りのことだったと思いますが、初期の香蘭社は、この三つの優秀な窯元が
造った作品にまだそれぞれのカラーをはっきり残していて、興味深いです。

demi dragon 2

これは深海墨之助の窯で作られたもので、年木庵喜三の銘と香蘭社の銘が
二つ入っています。

demi dragon 3

皿。
ご覧ください、この雲竜文。
色絵のエナメルが皿の表面に凹凸をつけて、なんともいえず躍動感があります。

demi dragon 4

輸出用に作られてものでしょう。
手抜きは一切なし。
これを今日香蘭社で買うとなると、いったい何万くらいするでしょうか。
10万くらいするのではないかな?

demi dragon 5

高台にもちゃんと細工、模様がはいります。
明治の輸出デミタスには素晴らしい出来のものがいくつもありますが、
さすがにこのデミタスを超えるものはなかなか見つかりません。

demi dragon 6

やっぱり、明治の有田はすごい!

demi dragon 10

さて、明治ものの収集はやめようかと思っていたのですが、この夏たまたま紀伊国屋で
「明治有田・超絶の美」を見つけてしまいました。
九陶ではすでに売り切れていたのですが、灯台下暗し。
紀伊国屋にあったとは!

早速、イソイソとめくってみると、おおっ~!これはスゴイ!
幕末(田代・信甫)から始まって、香蘭社の設立、各国の万博への出品作品など
明治・有田の魅力を余すところなく伝えています。
しかも、香蘭社の作品だけでなく、図案帳まで載っています。
おいしすぎます。

demi dragon 7

中には、このカップとモチーフなど非常によく似た
花瓶が載っていました。フィラデルフィア万博出品の一部でしょうか。

demi dragon 8

花瓶は無理ですが、デミタスはなんとか手に入りました。
o(^▽^)o 素敵だ!

余談ですが、この中に掲載されているもの、家にも
結構ありました。

明治・有田の魅力は、時代が新しいので手に入りやすいことです。
骨董的な価値は(まだ)それほど高くありませんが、その質の高さを
考えると、やはり収集するのは賢い選択のように思えます。

demi dragon 9

せっかくなので、コーヒーを淹れてみました。

demi dragon 11

おともには、小浜名物・クルス。
皿は、深川製磁のチョコレート・トレイ。
長男が生まれた年のお正月に、
記念に本店で購入。

正直、クルスはあまり好きではないのですが、今回は
お土産用の缶についつい魅力を感じて、購入しました。

demi dragon 12

これが缶。
長崎名物、チンチン電車の形です。
長崎は地形のせいか路地が多く、野良猫があちこちにいます。
蓋には、長崎の観光名所がのっていて、キュートでありまする。

demi dragon 13

カズオ・イシグロのいうところの、A Pale View of Hills は、思い出の中でも
実際に訪れても美しいのです。

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: オールド香蘭社

tb 0 : cm 8   

唐子人形のオリジナル ~柿右衛門・色絵唐子人形笛~ 

今年は柿右衛門の当たり年です。o(^▽^)o

所謂濁手のものから人形まで、広義において柿右衛門と呼ばれるものは
海外の骨董ファンには垂涎の的ですが、今日はその柿右衛門の中でも
珍品中の珍品と言われるものを紹介しましょう。

それがこちら。
kaki boy 1

これが柿右衛門?血迷ったか?などと思わないでくださいね。
その反応こそ、これが珍品中の珍品と言われる所以です。(^∇^)

ヨーロッパではよく知られた柿右衛門の唐子形笛、実はなんと
あのロンドンのVictoria and Albert Museum も所蔵しているんですよ。
「そんなの、うそだっ!」と思った方、
こちらのリンクでどうぞ。

嘘じゃないよヾ(・∀・)ノ

kaki boy 2

ヨーロッパの文献によると、この柿右衛門の唐子形笛は1700年頃に作られたものですが、
もとは東インド会社が中国の徳化窯に発注したオランダ人形の笛をまねて
作られたものなのだそうです。

柴田コレクションにも、これと似た唐子形笛がありますが、
柴コレのほうはオリジナルの柿右衛門とは微妙に形が異なります。

オリジナルの唐子は両手で頬杖をつき、体全体が曲がっていますが、
柴コレの唐子は両手を前に出していて、体はまっすぐです。
実は、柴コレの唐子形笛はここで紹介している柿右衛門の唐子形笛の
江戸時代の復刻版で、制作時期は柿右衛門より100年ほど遅れます。

日本で見かける唐子形笛のほとんどは、この復刻版ではないでしょうか。
柿右衛門のものはもとは東インド会社からの発注によって
ヨーロッパ輸出向けに作られたもので、文献によると数もそう多くないそうですので、
日本で見かけないのは当然です。

kaki boy 3

さて、唐子の人形というと、平戸焼を思い出す人も多いことでしょう。
以前三川内のとある有名窯元さんにお話を伺った折、
話のタネにこの柿右衛門の唐子形笛をお見せしました。
すると興味深いことに、窯元さんご夫妻はこれは平戸焼だと思われたようで、
お手持ちの平戸焼の唐子をこの柿右衛門の隣に並べました。

平戸焼と柿右衛門というと、前者は上品な染付で、後者は
言わずと知れた色絵の元祖で知られていますが、両者とも肥前においては
唯一人形などの細工物を作っていた窯でもあります。

唐子の人形は、実は柿右衛門がオリジナルですが
それをさらに美しく成形したひねりものに発展させたのは平戸焼です。

kaki boy 4

唐子の足に口をつけて吹いてみると、ピロピロと可愛い音がします。
キュート!

kaki boy 5

細工物としては、 後年造られた平戸焼の足元にも及びませんが・・・

kaki boy 6

笛としてちゃんと機能する細工物を1700年に作った、というところに
意義がある!?(・Д・)ノ

いや、それ以前に柿右衛門はやっぱり柿右衛門。
小さくても、「ん???」と思わせるものがあります。
この存在感、やっぱりスゴイ。

kaki boy 7

平戸の細工物の唐子人形は、土の配合のせいでしょうが、これとは
比較にならないくらい精密に作られています。
細工物、というとマイセンなどが頭に浮かぶ人もいるかもしれませんが、実際精巧さという面で
平戸との比較に耐えうるのは中国の景徳鎮と徳化窯しかないと思います。

kaki boy 8

さて、精巧さという面ではイマイチの柿右衛門ですが、
こうした作品を作っていたことを鑑みると、
「柿右衛門」というブランドのつくった製品の、なんとバラエティに富んでいることか!
肥前磁器の源は、有田の陶山神社ではなく南川原ではなかったのか、とさえ思えます。

kaki boy 9

柿右衛門、知れば知るほど奥が深い!
やっぱり柿右衛門は凄いです。


ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 古伊万里

tb 0 : cm 4   

古伊万里の名品 ~色絵貼付牡丹菊梅鶏文瓢形瓶~ 

NYのマンハッタン、52番街あたりはロックフェラーセンターやらMOMAなど
NYの中でも文化的な見どころの多いストリートです。
当然、この一等地には昔からある骨董屋なども軒を連ねています。

骨董屋といっても、ここで言う骨董屋というのは並みの骨董屋ではありません。
なにしろ20世紀には世界の富が集まる中心地であったNYの真ん中に軒を構える店達ですので
そのコレクションたるや、〇〇世紀の食器セット200点で4000万円等、
家を買うか、骨董を買うか、というレベルのものばかりを扱う店ばかりです。

さて、そんな足を踏み入れるのも躊躇われる名店で、最近素晴らしいお宝を
手に入れました。
し・か・も・・・・
「エエッツ!」と驚くような値段で\(^o^)/

今年上半期に購入したお宝の一つです。
それがこちら。
色絵貼付牡丹菊梅鶏文瓢形瓶です。

flower 1

古伊万里に詳しい方なら、この花瓶がただ物ではないと
一目でお分かりいただけると思います。

古伊万里、と一口にいっても17世紀後半から18世紀前半までヨーロッパへ
輸出されたものを指しますが、そのクオリティは実のところバラバラです。
高品質のものというのは、やはり元禄の頃の1700年あたりの黄金時代に
造られたものです。この時代の絵付けの繊細さは、古伊万里を下品だと思う人でも
認めざるを得ない出来ではないかと思います。

flower 2

この手の古伊万里で繊細な絵付けというのも貴重ですが、
この花瓶の特徴はなんといっても、この時代だけ造られた細工です。

花瓶の胴の窓絵の部分に牡丹の細工がしてありますね。
ヨーロッパに輸出された古伊万里は、18世紀前半の頃までに限り
細工をあしらった装飾品が作られました。「この時代に限り造られた」というのには
おおよそ理由があるのですが、それはさて置き、
このように窓絵に小さい花の細工がしてあるものは極めてレアです。

Christiaan Jorg(Oはウムラート)氏の Fine & Curious によると、このような窓絵の部分を
立体的にして細工を施したものが作られた期間は非常に短かったそうです。
それは手間暇がかかりすぎた為であり、このためこの手の商品は非常に高価であった、とも
説明されています。
中国製の輸出ものにはこのような細工物は全くみられない、と補足されています。

flower 3

絵付けがとても繊細ですね。

flower 4

flower 5

側面。
牡丹
flower 6

輸出古伊万里は下品だと言っている方、
全然下品じゃありませんよ!

flower 7

むしろ・・・イイッ!(^ω^ ≡ ^ω^)

flower 8

さて、この花瓶のもう一つの見どころは、裏面の窓絵細工。
こちらはなんと雄鶏と雌鶏二羽。

flower 9

このレリーフ、いわゆる置上技法で造られたと思いますが、平戸が得意とするこの技法は
この時代有田の輸出品用にもつかわれていました。

flower 10

側面。
牡丹。

flower 11

牡丹の細工、アップ。

flower 12

立体感が良いですね。

flower 13

高台。

flower 15

Fine & Curious より。
数ある図柄から探しても、小さい細工物をほどこしたものは
かなりレアだということがわかります。

flower 14

窓絵にある細工はこの二つの例のみです。

flower17.jpg

さて、気になるお値段ですが、はっきり言うのも下品ですので
まぁ、ルイヴィトンの一番安いハンドバッグも買えない金額だったとだけ
言っておきましょう。

安かった理由はズバリ、ディーラーがこれが18世紀の古伊万里だと知らなかったことです。
ディーラーは、実際これは19世紀、つまり明治の古伊万里復刻版だと思っていました。

そのように勘違いした理由はいくつかありますが、一番の大きな理由は
「古伊万里は高品質でない」という妙な先入観だったと思います。
たしかに美術館で見かけるものでも、古伊万里の品質は柿右衛門や鍋島などと比べると
比較にならないものが多いですし、ドレスデンコレクションでも、
その質はピンキリで例外とは言えません。
しかしいろんな輸出古伊万里を鑑賞して思うのは、
一部の古伊万里にはかなり高品質のものがあるということでした。

この花瓶も、海外の美術館にある古伊万里についての本を見ていなければ
ディーラーの言う通り、「明治の錦手・古伊万里風」だと思ったかもしれません。

もう一つは、NYマディソン街のディーラーなので、古伊万里ひとつにそうそう時間をかけて
調べる暇もなく、安易に「奇麗だから19世紀でいいよね?」という値付けをしたのではないかと
思います。
昨今のチャイナマネーを考えると、古伊万里はもはやNYの骨董商にとっては
ビッグゲームとは言い難いようです。

それにしても、骨董収集は日々戦いですね。
骨董商なんか、なーんも知らんやろ?くらい横着に構えていないと
こういうお宝発掘は無理ですね。
ハハハ・・・

flower 16

(おまけ)
な、な、なんと!モンタヌスの日本史に掲載されたかの有名な
「雲仙地獄殉教の図」。
1669年のものが手に入りました!

shimabaara 1

なつかしー!小学生の頃日本史の教科書で見て、トラウマになりませんでしたか?
子供の時分、ショックで、でも怖いもの見たさで何度もこのページをみた思い出があります。。

穴吊り、とかね・・・

shimabara 2

昨年の映画、マーティン・スコセッシの沈黙、イマイチでしたねぇ~。
やっぱり、アンドリュー・ガーフィールドが合ってないような・・・・
ロドリゴだけど、なんか未成年っぽい。

良かったのは、穴吊りされたリーアム・ニーソン。こういう役、ピッタリですね~!
ダニエル・ディ・リュイスだともっとよかったんだろうけど、まぁ、しょーがねーな。
あと意外と良かったのが、アダム・ドライバー!
初めて見たときは、「こんなブサ〇クがなぜショービズに?」っておもったけど
なんか味があって非常に良かったですなぁ。ガルぺだったけど、主役でもよかったような気が・・・
アダム・ドライバー、( ・∀・)イイ!!

shimabara 3

最近、家の壁に飾る古版画も充実してきたので、こちらもそのうち時間があれば
おいおい紹介していきましょう。

ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



Category: 古伊万里

tb 0 : cm 0   

The Getty Center/Museum へ行く! 

夏休み直前なので、突然ですが先日訪問したLAにあるGetty Center の紹介を
したいと思います。

以前訪問したLACMAでもそれとなく触れましたが、この世の楽園、西海岸にはただ一つ欠けているものがあります。

それは文化!
SFに居た頃も同級生にボヤいたものですが、西海岸の美術館、レベル低すぎですっ!
東海岸にいた頃は、ボストン美術館をはじめ、イェール大の美術館、NYのメトロポリタン、
そしてフィラデルフィア美術館など、ほぼ月一から毎週通っていた者としては、
西海岸の美術館のレベルは「?」でした。アートスクール出身の友達が、それでもSFのめぼしい
美術館やバークレー、スタンフォードなどの美術館など連れまわしてくれましたが、
いや~、さすがの北カリフォルニアでも全然ダメですね・・・
東海岸には全然勝てません、

予想した通り、LAも例外ではなくハリウッドの近くにあるLACMAに行ってみましたが
あまりのしょぼさに呆然としてしまいました。それにしても、このしょぼいコレクションは
どうよ?デトロイト美術館のほうが規模は小さいけど、いいもの置いてるよ?

そんなわけであきらめた感がありましたが、相方の希望で先日The Getty へ
飲茶のついでに行くことに。

「見るもん、あんの?」と感じの悪い私に、
「なんか景色がいいらしいよ。まぁ、そんなに期待せずに行こうよ!」という相方。
LAのダウンタウンを抜けて、サンタモニカを北上すると、西海岸の動脈である
高速の右手にはマルホランド・ドライブが。
デヴィッド・リンチの話に華を咲かせていると、間もなく
左手の山の上に、The Getty が見えてきました。
山の上にそびえる美術館です。
気分が上がってきました(笑)。

山の上なので、モノレール(?)に乗って行きます。
稲佐山っぽい、と思う私(。-_-。)

そして、ついに着きましたよ!
建物全般、素晴らしいですね!高台の美術館からLAそして太平洋が
望めます。景色、良すぎます!

IMG_1532.jpg

Getty Museum はアメリカの石油王、Jean Paul Getty の資産で創設された私美術館ですが、
そのコレクションたるや、印象派を中心になかなか良いものを集めています。

IMG_1533.jpg

私の世代だと、ゲティと聞けば、映画「蠅の王」のバルサーザル・ゲティを思い浮かべます。
可愛かったなぁ。バルサーザル・ゲティ。(ノ´▽`*)b☆

ジャン・ポール・ゲティはバルサーザルの曾祖父。JPゲティの長男は経営のストレスで自殺、
その孫であるJPゲティ三世(バルサーザルの父)は少年の頃誘拐され、
祖父(ゲティ)が身代金の支払いを拒否したため、
片耳を切り落とされ、その後ドラッグ中毒になった、という、アメリカのいわゆる
トンデモダイナスティを地で行きました。そのコレクションたるや、
メトやボストン、フィラデルフィアとまではいきませんが、質的には
デトロイト美術館くらいのレベルではないでしょうか。
デトロイトのコレクションの多くがフォード・ファミリーからの寄贈であるのに対し、
ゲティは寄贈ではなく、LAの一等地に自分の美術館と財団を築きました。

IMG_1537.jpg

太平洋を一望。
絶景です。

IMG_1538.jpg

カフェなどもあり、一日楽しめます。

IMG_1540.jpg

セザンヌ。

IMG_1542.jpg

有名どころでは、ゴッホのアイリス。
これは、以前フィラデルフィア美術館でヨーロッパにおける「ジャポニズム」についての展覧会で見ました。
ゴッホのトンデモ浮世絵とか、置いてたっけ。
アイリスはゲティが所蔵してたんですね~。

IMG_1545.jpg

印象派も結構ですが、私としてはやはり東洋磁器が気になります。

すると相方、すかさず「ここにはいろいろと古伊万里やら景徳鎮があるんだよ」と言います。
Mounted Oriental Porcelain in JP Getty Museum という本を、相方はすでに
熟読していました。

本棚にあった本を思い出しつつ、「あれ?ゲティのコレクションだったの?」と
間の抜けた質問をする私。( ノД`)
すんません。ちゃんと表紙見てなかったぜ。

さて、東洋磁器コレクションは、美術館の中のいわゆるヨーロッパの広間を再現した空間を中心に
装飾品として置いてあります。

ホラ、ありましたよ。
1680年頃から1700年くらいに作られた有名な染付の大蓋物です。

IMG_1549.jpg

同じものは、メトロポリタン美術館及び、イギリスの有名美術館にも所蔵してあります。

IMG_1552.jpg

以前紹介した染付楼閣山水文ケンディとおそらく同じ窯で作られたものではないかと思われます。
この時代の輸出染付でも高級磁器にあたるものです。

さすが、ゲティ!

IMG_1554.jpg

IMG_1555.jpg

こちらは典型的な輸出伊万里。
装飾の感じからいって、ヨーロッパの王侯貴族所蔵のものだったようです。

IMG_1556.jpg

こちらは、対面で二つのショーケースが並んでいます。
一つは東洋磁器、と言っても、中国と日本の磁器のコレクション。
向かいは、ヨーロッパの磁器のコレクションです。

メインは景徳鎮。そして、両脇の白磁は徳化窯。一般にBlanc De Chine と呼ばれます。
和訳が「高麗白磁」となっていますが、徳化は中国福建省の窯であり、朝鮮とは
まったく関係ありません。なんで、こんな和訳なのかな?
ご存知の方、教えてください。

手前の青磁の栄螺(法螺貝か?)は元禄の頃の有田製。
素晴らしいですね。

東洋磁器の東の雄は景徳鎮、西の雄は有田、といったところでしょうか。
余談ながら、日本で磁器の祖とされる朝鮮の磁器は欧米の美術館では
ほとんど見かけません。
ご存じの方も多いでしょうが、李氏朝鮮の頃の磁器は実は19世紀に作られたものですら
初期伊万里に毛の生えたレベルなんです。
昨今、米国の有名な美術館に韓国企業がお金をばら撒き、
あちこちで韓国文化の展覧会をしていますが、このような場所でみかける
王族の特別イベントの時の使われたという龍の染付の磁器(大型の花瓶)などを見ると
正直、「・・・・」といった感じです。
当然、これらが景徳鎮と並ぶことはありません。

IMG_1561.jpg

さて、向かいのショーケースは、ヨーロッパの名窯のものが並びます。
マイセン、セーブルなどなど。
美の競演ですね。

IMG_1562.jpg

ここにも古伊万里。

IMG_1566.jpg

こちらの青磁は中国の景徳鎮。
景徳鎮は誰が何と言おうと磁器の皇帝です。
景徳鎮以上の窯は世界中探してもありません。
有田の美を理解すればこそ、景徳鎮のすごさを認めざるを得ません。

悔しいけど、しょうがありませんね。

IMG_1568.jpg

360度展望室です。

古伊万里、もういっちょう。

IMG_1571.jpg

ギリシャ、大理石の彫刻。
ゲティの財力、あっぱれです。

IMG_1572.jpg

IMG_1574.jpg

18世紀以降のヨーロッパ王侯貴族の部屋を再現した部屋。
中国と日本の磁器は、ヨーロッパの貴族にとっては
抜きんでた経済力と社会地位の証でもありました。

IMG_1575.jpg

強王アウグストゥスは、景徳鎮や古伊万里を自分の所有する
戦士や奴隷などと交換したそうですよ。
こんな話聞いたら、ポーランド人の友達嫌がるだろうなぁ(笑)

IMG_1576.jpg

IMG_1578.jpg

鏡の前に象の置物がありますね。

日本だと柿右衛門の象が有名ですね。
BBCの記事によると、徳川吉宗の頃に日本に持ち込まれた象は
長崎の出島からシュガーロードを通り、江戸まで東海道を上ったそうです。
京都では、天皇に象を見せるためにわざわざ象に官位まで与えたという話もあります。

当時めずらしかった象の置物は、もちろん景徳鎮でも作られました。

IMG_1580.jpg

今回訪れたゲティ、なかなか見ごたえがありました。
この美術館、この内容でなんと入場料は無料なんです。

JPゲティは忌まわしい話も多い人ですが、この美術館は私立としては
圧巻です。

名画を買い求め、美術館まで開いたゲティでしたが、本人が存命中は一度も
美術館には足をはこばなかったそうです。
ま、典型的な成金趣味といってしまえばそれまでですが、誰も信じきれなかった孤独な
大富豪が自身の名を残すために財産の使い道を選んだのがこの美術館設立だったのかも
しれませんね。

でも、私的には同じ成金趣味なら、唐津の高取家のほうがよっぽど好感が持てます。
財を成した後、文化的素養を得る努力をしたことはやっぱり立派だと思うからです。

IMG_1581.jpg

それはともかく、もしLAに行かれる方、時間があればLACMAではなく
ぜひゲティに行ってほしいと思います。
こちらのほうが断然おすすめです。
一日じっくり遊びましょう!o(^▽^)o

ブログ村に参加しています。


にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Category: 旅行記

tb 0 : cm 0